雑貨デザイナーの仕事の年収は300万円。流行を追いかける好奇心が必須

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>雑貨デザイナーの仕事の年収は300万円。流行を追いかける好奇心が必須

雑貨デザイナーの仕事の年収は300万円。流行を追いかける好奇心が必須

雑貨デザイナーの仕事の年収・月収

雑貨デザイナーの年収は所属している会社に働き方によって変わってきますが、平均して年収300万円前後と言われています。初任給で月収15万円から20万円と言われ、一年目では年収200万円という場合がほとんどです。
経験を積めば、10年目で平均年収450万円。実績があって独立を果たせばそれ以上の収入も夢ではありません。

スポンサードリンク

雑貨デザイナーの仕事は、消える職業?消えない職業?

ここ数年、雑貨の商品のニーズの高まりとともに、企業では雑貨専門のデザイナーを求めるようになってきています。そしてこの傾向は今後も続くと予想されています。
そのため、雑貨デザイナーは今後も消えない職業ということが出来ます。
今後生活雑貨の人気が衰え無い限り、雑貨デザイナーという職業が消えることはないと思われます。

雑貨デザイナーの仕事の将来性・安定性

先程も申し上げましたが、雑貨デザイナーは現在ニーズが高まっている職業です。そのため、雑貨デザイナーとしての門戸が広がっていくだけでなく、現在活躍している雑貨デザイナーの収入が上がっていくことも予想されています。そのため、雑貨デザイナーの将来は明るいといえます。
安定性に関しても同様です。独立した雑貨デザイナーの場合はまた別ですが、基本的には社員として会社に勤める方が多いため、安定性も抜群です。

雑貨デザイナーの仕事のやりがい・本音

やはり多くの雑貨デザイナーが、自分がデザインした雑貨が店先に並んだ時に、喜び、やりがいを感じているようです。売れるとなお嬉しさが倍増します。特に、自分が作りたいものと、自分が所属している会社の商品の方向性が同じ場合、自分の先なデザインをし、その結果それが商品となる…という好循環に入ることで、大きなやりがいを得ることが出来ます。
また、本音では『世に出回ってない新商品を誰よりも早く見ることが出来る』というところにやりがいを感じる方もいらっしゃるようです。商品として世に送り出す前に試作品をいくつか作成するのですが、それは世界に数点しかない希少なものです。そんなアイテムに触れることが出来るのも、雑貨デザイナーの仕事の特権であり、仕事に打ち込む本音ともいえます。

雑貨デザイナーの仕事の良い点

所属する企業が得意とする分野や、目指しているデザインの方向性と、自身の得意分野が合致すれば、これほど楽しい職業はないと思います。好きな雑貨をデザインして作り上げ、それが売れることでお金になる……そしてそれが実績となり、さらなる大きな仕事が出来る……というすばらしい好循環を生み出せることが、雑貨デザイナーという仕事の良い点であるといえます。
また、雑貨好きな方への小さな特典として、『気に入った雑貨を社割で購入出来る』という点も見逃せません。

雑貨デザイナーの仕事の悪い点

就職先にもよるが、給料が本当に安く、昇格しても、あまり入社当初と変わらない。デザイン作成、出稿時期、展示会前などは忙しく深夜残業も多い。終電に乗り損ねた場合のタクシー代は自腹で、この出費は痛い。力仕事も結構あり、仕事に対する興味と、精神力、体力の強さが必要。雑貨デザインするのが好きなだけではなく、プレゼン能力やコミュニケーション能力が問われる。
また、自分が所属する会社が、自分の好みに合わないテイストの商品を売りにしている場合、デザイナーはかなり苦しい思いをするようです。雑貨デザイナーになるために就職する際は、その会社が得意とするテイストを事前によく吟味しておく必要があることを、大半の雑貨デザイナーは力説しています。

雑貨デザイナーの仕事の内容

基本的には、雑貨のデザインをするのが仕事ですが、ただデザインをしていれば良いというわけではありません。商品企画や提案をし、サンプルを作成するのも大切な仕事です。コスト計算をしてそれを元に工場への指示、修正を行います。
出来上がった試作品の管理や、新商品の展示会においてのサンプル品のディスプレイ等も、雑貨デザイナーの仕事の内容の一つとなっています。

具体的な仕事内容としては、市場リサーチ、商品企画、提案、コスト計算、商品やパッケージのデザイン、指示書作成、サンプル作成、修正、展示会の準備、ディスプレイ、検品(世界各地の工場へ出張もあり)、販促物の作成、カタログ作成、社内や客先へのプレゼンなど。

スポンサードリンク

雑貨デザイナーの仕事に必要な資格

雑貨デザイナーになるために必要な職業は特にありません。
なり方ですが、基本的には大学や専門学校でデザインを学んだ後、雑貨メーカーの企業に就職するというのが一般的です。
また雑貨というのは、その製品が多岐にわたっています。布でできているものや、金属でできているもの……様々です。そして、それらは必要な知識がまったく変わってきます。
そのため、最初はあえて分野を限定せず、あらゆる商品のデザインを学んでいったほうが後々潰しが効くという話です。現に、日本画を専攻して勉強していながら、雑貨デザイナーとなった人もいらっしゃいます。

雑貨デザイナーの仕事に必要なスキル

まず必要と言われているのが、『流行を追いかける好奇心』です。雑貨にも流行があり、素材や使い方といったことは、流行によって変化します。
そのため、流行を常に追いかけ、それを自身のデザインに取り入れる敏感さは必要なスキルといえます。
また、意外と折衝を行う場面が多いことから、交渉事をスムーズに行えるスキルも必要と言われています。実績を積めば、場合によっては国外の人と折衝を行う可能性も出てくることから、交渉に関するスキルもまた必要であるといえます。

雑貨デザイナーの仕事のまとめ

昨今の雑貨商品の人気の高まりとともに、それを生み出す雑貨デザイナーのニーズも高まっています。門戸も広がり、収入アップも見込める職業ですから、将来性は抜群です。
一方ではクリエイターの範疇に入る職業ですから、実績のないうちは収入も安く、残業も多い大変な職業です。ですが実績を積めば、収入もアップし、独立して自分のブランドを立ち上げるといったことも夢ではありません。
『将来性もあり、独立もしやすいクリエイター』という言葉が、雑貨デザイナーという職業のまとめといえます。

スポンサードリンク

雑貨デザイナーの仕事の年収は300万円。流行を追いかける好奇心が必須に関連する記事

人気記事ランキング

おすすめ記事