幼稚園教諭の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>幼稚園教諭の仕事の年収・やりがい・本音

幼稚園教諭の仕事の年収・やりがい・本音

youtien

幼稚園教諭 仕事の年収・月収

幼稚園教諭の年収や月収は地域や私立か公立かによって大きく異なってきます。
同じ県内であっても過疎地域と都会とで月収は違います。知人が私立幼稚園で働いていますが、月収19万位です。

それに加えて夏と冬の年に2回ボーナスがあります。年に2回のボーナスは80万ほどです。
合計すると年収としては300万ほどになります。同じ私立幼稚園でも地域によって月収・年収の面で差が出てきます。
例えば、「ボーナスはない」と言う幼稚園も少なくありません。

スポンサードリンク

幼稚園教諭 消える職業?消えない職業?

幼稚園教諭の仕事は、消えない職業です。
女性が外に出て働くことの多くなってきた現代の社会において保育所や託児所、認定子ども園などの長時間預かりの需要が高まってきていることを考えると
幼稚園という場は将来的に厳しいもの、消える職業なのかもかもしれません。

しかし保育所や託児所、認定子ども園は預かることがメインの保育の場です。
それに比べて幼稚園は教育の場です。早期教育への期待も大きい今の現代なので幼稚園という場が選ばれる時代だと思います。
なので幼稚園教諭という仕事は消えない職業です。

幼稚園教諭 将来性・安定性

将来性・安定性と聞いて考えると、幼稚園教諭の仕事をしていて思うのは、結婚したり子どもが生まれてやめていく人が多いということです。
幼稚園教諭の仕事は体力勝負です。子どもたちと一緒になって走り回ったり、子どもがぶつかってくることも日常茶飯事。
大きなお腹で、しかも大事にしなければいけない時期なら尚更、とても危険な場ということになります。

また。就労時間も長いので家庭との両立が難しいです。さらに行事などはどの幼稚園でも重なることが多いのでわが子の行事に参加できないという事態も想定されます。
そういったことから、一生続けられる安定した職業かといわれると難しいところがあります。なので将来性・安定性は低いです。

幼稚園教諭 仕事のやりがい・本音

大変なことも多いこの幼稚園教諭という仕事ですが、仕事のやりがいはすごく大きいです。
最初は「お母さんが良い~」と泣きわめいた子が「先生だいすき!!」と言ってくれるようになったり、
子どもたちの成長を間近で見られたりと本当にやりがいのある仕事です。

本音を言えば、最近はモンスターと言われるような保護者も増えてきているので、保護者対応など大変な面もたくさんあります。
しかしそんな保護者さんから「ありがとう。」と言われるた時には仕事のやりがいを感じます。

幼稚園教諭 仕事の良い点

幼稚園教諭の仕事の良い点としては毎日だいすきな子どもたちと過ごせることです。
今まで担任して関わってきた子どもたち一人ひとりとの思い出はすごく貴重なものです。

たくさんの子どもたちと出会えて素敵な思いでがたくさん出来る、毎日笑顔でいられるなどが仕事の良い点です。
子どもたちと一緒になって遊ぶ時間は本当に楽しく夢中になれる時間です。
幼稚園教諭の仕事には良い点がたくさんあります。選んでよかったな、と心から思えます。

スポンサードリンク

幼稚園教諭 仕事の悪い点

幼稚園教諭の仕事、すごくいい仕事で大好きですが、仕事の悪い点もない訳ではありません。
1つあげるとするとずっと現場で働きつづけようと思うと結婚・出産が難しい。

結婚・出産を機に一度仕事を離れなければならないというのが、この仕事の悪い点です。
結婚や出産を機に一度、仕事を離れて子育てが落ち着いてからパートなどの形で戻るということは可能ですが、ずっと働き続けるというのが難しいのが現状です。
良い点が多く一生の仕事にしたいからこそそういった面は悪い点かもしれません。

幼稚園教諭 仕事の内容

幼稚園教諭の仕事の内容としては、子どもと関わるのはもちろんです。
しかしそれだけでなく保護者との関わりも大切な仕事の1つです。

子どもを中心として保護者と協力しながら、子どもの成長のお手伝いをするというのが仕事の内容です。
子どもが幼稚園から帰っていった後も保育室の掃除をしたり明日以降の準備をしたり、その日の保育を記録したり、保護者との連絡帳を書いたり、
必要があれば保護者に電話をしたり、クラス便りを作ったり、バスの添乗当番があったりとあっという間に一日が終わっていきます。

幼稚園教諭 仕事に必要な資格

幼稚園教諭の仕事に必要な資格は、幼稚園教諭の資格です。
大学で幼児教育の勉強をして実習を受けると卒業と同時に取得できます。

最近では幼保一体化の話が出てきているので幼稚園教諭の資格だけでなく、保育士の資格もあった方が就職には強みになります。
保育士の資格は4年生大学じゃなくて短大でもとることができます。また、年に1回夏に国家試験がありそこで筆記試験を受けて、2次試験で実技試験もあります。
仕事の必要な資格としては幼稚園教諭免許状と保育士資格です。

幼稚園教諭 仕事に必要なスキル

幼稚園教諭の仕事に必要なスキルとしては「笑顔でいること」「元気なこと」「小さな変化に気づけること」「小さな発見を喜べること」「相手を思いやる気持ちをもつこと」だと思います。
これらのスキルを駆使して毎日子どもたちや保護者と接していきます。怖い顔で元気のない先生は嫌ですよね。

「あれ?なんだか元気ない?」「そこの傷、朝はなかったよね?」など小さな変化に気づけないとあとで大変なことになる可能性があります。
子どもの目線にたって小さな発見を一緒にみつけて喜べる、そんな先生って素敵です。子どもたちと過ごしていると自分の思った通りにはいきません。
相手のペースに合わせること思いやる気持ちが大切です。

幼稚園教諭の仕事まとめ 

幼稚園教諭という仕事。夏には日焼けもするし爪も伸ばすことなんてできません。
仕事着はTシャツにジャージやジーパン。化粧をしても汗ですぐ落ちる。などなど…お洒落をして仕事にいくなんてほど遠いお仕事です。

綺麗に着飾って可愛いネイルをしてお洒落してお仕事にいくOLとは違います。しかしそれに負けないくらいこの幼稚園教諭という仕事には魅力があります。
子どもたちやその家族の思い出の1つを一緒に経験できるのです。本当に素敵なお仕事です。

スポンサードリンク

幼稚園教諭の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング