イスラム国傭兵の仕事の年収・やりがい・本音はコレ

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>イスラム国傭兵の仕事の年収・やりがい・本音はコレ

イスラム国傭兵の仕事の年収・やりがい・本音はコレ

傭兵の仕事の年収・月収

フランスなどの正規軍の外国人部隊に所属する傭兵であれば、
年収500万~1000万円、月収は30万~40万円程度です。

イスラム国傭兵の場合は、
給料は一日42000円から63000円です。
月収にすると、100万円~150万円にもなります。

税金は取られませんから、まるまる手取りです。
年収1200万円~1800万円にもなるんですね。

しかもイスラム国は、結婚相談所を作りました。
傭兵たちの花嫁募集まで始めたんです。

イスラム国の傭兵との結婚を望む「独身女性と夫を亡くした女性」を募集しているんです。
興味を持った女性が氏名と住所を知らせれば、イスラム国の傭兵が女性宅のドアをノックし、正式に結婚を申し込むそうです・・・。

イスラム国ではない普通の民間軍事会社に所属する傭兵は「PMSC隊員」といい、
年収1800万~3600万円程度。

やはり技能や経歴、勤務地の危険度などで報酬は大きく変動しますが、
実際は余程の肩書が無ければ日本の一般企業の月収・年収とほぼ同じか、
それ以下であるといわれています。

イスラム国の待遇は破格ですね。

スポンサードリンク

傭兵は消える職業?消えない職業?

先進国の軍縮の一環として外国人部隊の傭兵の採用枠は減少しています。
しかし傭兵がいずれ消える職業であるという訳ではありません。

戦争は依然無くなっていませんし、
正規軍にはできないダーティな任務の請負先も必要なので、
傭兵の需要はこの先も消えないといえます。

また各国の正規軍は縮小した分、
民間軍事会社に業務をアウトソーシングしており、
新たにPMSC隊員の成り手が望まれています。

契約で戦地に赴き任務を遂行する点は共通しており、
傭兵は消えるのではなく、
こちらの形態に変わって消えない職業としてあり続けるでしょう。

傭兵の将来性・安定性

紛争中の地域で勤務することになるので、
負傷すること、最悪の場合死亡することは予め想定していなければならず、
傭兵は将来性や安定性という言葉とは最も遠い職業です。

また高齢になるまで続けられる仕事でもありません。

しかし傭兵としての将来性を求めるのであれば、
戦術・訓練のアドバイザーやビジネスサポートに回る手段もあります。
傭兵を辞した後も語学を活かした職業に就くことで安定性を得られる可能性もあります。

傭兵の仕事のやりがい・本音

傭兵は外国の軍や民間会社に所属し、
更に別の国の紛争地域を点々とすることが多く、
国家の利益や平和の維持を本音からやりがいに掲げる方は殆どいないでしょう。

自国の軍ではなく傭兵という道を選ぶ本音は二つ考えられます。
まずは正規軍や一般の職業に就けない理由がある場合。

そして傭兵としての給与が自国の水準より高い場合です。
一部の日本人の方は自衛隊ではできない実戦ができるという理由で傭兵になっているようです。

スポンサードリンク

傭兵の仕事の良い点

正規軍と契約する傭兵は、
公的な福利厚生が期待できるところが良い点です。

フランス軍の外国人部隊であれば国籍や軍人年金を付与される可能性があります。

また入隊テストに合格できれば採用されるので、
一般企業の面接のように職歴の空白期間や資格の有無をとやかく尋ねられることもありせん(健康や体力に自信がある方に限られますが)。

途上国の方が一攫千金のチャンスを掴みたい場合や
「人生をリセットしたい」方にとって傭兵の良い点となります。

傭兵の仕事の悪い点

上記の通り将来性や安定性に欠けるところが
傭兵という仕事の最大の悪い点です。

いざという時には自分の手で人を攻撃し、
死に至らしめる必要もあります。

もうひとつ仕事として悪い点は、
正規軍でも年金の対象年齢が引き上げられており、
そもそも民間のPMSC隊員には十分な福利厚生が与えられないケースが多いこと。

死亡しても「戦死者」として扱われず、
数にも入れられないという名誉の問題もあります。

傭兵の仕事の内容

傭兵の仕事内容は戦地での要人警護(攻撃を受ければ直接戦闘をする)であるといわれていますが、
近年のPMSC隊員は直接戦闘に加えて、機器の整備や兵站の管理、輸送業務、宿営の設営など、
多岐に渡る後方支援を担っています。

また正規軍で肩書や経歴を得ている場合は傭兵という立場でも
戦術や戦略のアドバイザーをしたり、
現地の兵士への訓練に携わることもあります。

最近では民間企業が戦地に参入する時の手配なども仕事内容の一つになっています。

傭兵の仕事に必要な資格

「傭兵の仕事に就く時職歴や資格はとやかく言われない」と先述しましたが、
やはり入隊テストをクリアできるのは基本的に軍隊経験者です。

軍での経験は条件ではありませんが、
もし経歴無く傭兵の仕事を志望するのであれば
軍人同様の身体能力を自力で身につける必要があります。

また日本語だけでやっていける傭兵は存在しないので、
資格という形ではなくても、英語や仏語でコミュニケーションがとれる状態が必要です。

傭兵の仕事に必要なスキル

まず基本として傭兵の仕事には軍人並の身体能力と、
英仏など外国語でのコミュニケーションスキルが必要です。

日常会話レベルでも良いですが、より条件の良い契約先(外国籍)と交渉するには語彙力が要ります。

そしてスキルとは呼べないかもしれませんが、
何より傭兵の仕事には精神力が必要です。

慣れない外国、しかも銃弾が飛び交う戦地で何ヶ月も過ごし、
命の危機に晒されたり逆に晒したりする仕事で正気を保つのは、並大抵の精神力では務まりません。

スポンサードリンク

イスラム国傭兵の仕事の年収・やりがい・本音はコレに関連する記事

人気記事ランキング