薬剤師の仕事の年収・やりがい・本音はコレ

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>薬剤師の仕事の年収・やりがい・本音はコレ

薬剤師の仕事の年収・やりがい・本音はコレ

yakuzaisi

薬剤師 仕事の年収・月収

薬剤師の年収・月収は病院や薬局で働くのか、
それとも製薬会社で働くのかによっても異なりますが、
平均的な月収は40万円程度と高めです。

年収では薬剤師になりたてでも400万円ほど、
全体的な平均では500万円から600万円となっています。
安定して高めの収入が得られるところが薬剤師の魅力です。

スポンサードリンク

薬剤師 消える職業?消えない職業?

薬剤師が消える職業か消えない職業かという点については、
消える職業になるかも知れません。

なぜなら薬の現場においても電子化が加速しておりネットの波が広がりつつあるため、
対面販売の需要が減少しているからです。

さらに登録販売者制度により、
薬剤師でなくても販売できる薬が多くなったことも需要の減少につながっています。

薬剤師 将来性・安定性

薬剤師の将来性は必ずしも広がっているとは言えないのが現状です。
薬剤師の需要が減少気味であるにもかかわらず、
薬剤師になりたいという人は増えているからです。

しかし薬剤師でなければできないことはまだまだある上に、
活躍できる分野が多岐にわたっているため

業界の動きに注目していけば幅広く仕事をしていくことができます。
そういった点では将来性があるでしょう。

安定性は収入においても福利厚生の充実度においても、
申し分ありません。

薬剤師 仕事のやりがい・本音

薬剤師の仕事のやりがい・本音は、
多くの人々の健康のサポートをしている実感が持てることです。

ドラッグストアや病院に併設する調剤薬局などで仕事をしていると、
定期的に同じ患者さんが顔を見せます。

病院での治療に加えて、自分が説明をして手渡した薬の服用によって元気になっていく姿を目の当たりにすると、
そのたびに大きなやりがいを感じることでしょう。

薬剤師 仕事の良い点

薬剤師の仕事の良い点は、
高めの収入と充実した福利厚生で安定した生活が望めるところです。

さらに女性の割合が多いことも女性にとっては良い点でしょう。
まだまだ多くの職業が男性の割合の方が多い中、女性が全体の7割を占めています。

男女変わらぬ待遇で残業も少ないので、
そういった面でも薬剤師は女性が働きやすい仕事です。

スポンサードリンク

薬剤師 仕事の悪い点

薬剤師の仕事の悪い点は、絶対にミスがあってはいけないということです。
調剤現場においては、薬の量がほんの少しでもずれて間違っていれば患者さんの命に関わります。

処方する薬の量が間違っていなくても、患者さんが間違った方法で服用してしまえば同じ事です。
そうした事態にならないために、常に緊張感を持っていなければならない点が悪い点と言えそうです。

薬剤師 仕事の内容

薬剤師の仕事内容は薬を厳重に管理して処方箋をもとに薬を調剤することです。
数ミリグラムの間違いも許されません。

また、ただ単に処方箋に記載があるとおりに調剤して処方すれば良いのではなくて、
処方箋に本当に間違いはないかという確認作業も薬剤師の仕事です。
そして間違いなく調剤したものを患者さんに抜け漏れなく説明をして処方します。

薬剤師 仕事に必要な資格

薬剤師の仕事に必要な資格は薬剤師の国家資格です。
国家試験に合格しなければ、薬剤師になることはできません。

薬学科のある大学に行き、6年間で薬学の知識を固めます。
その後、年に1度の国家試験を受験するという流れになります。
合格率は70%から90%程度のようですが、大学によって合格率に差があるので大学選びから大切です。

薬剤師 仕事に必要なスキル

薬剤師の仕事に必要なスキルは几帳面さや常に冷静さを忘れないこと、
そして判断力です。

薬剤師の主な仕事である調剤は誤差すらも許されないので、
細かな仕事に根気よく取り組める几帳面な性質が必要不可欠になってきます。

処方する薬に間違いがないかどうかの判断も常に求められるので、
冷静さも重要です。

スポンサードリンク

薬剤師の仕事の年収・やりがい・本音はコレに関連する記事

人気記事ランキング