薬種商の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>所詮この世は金と愛>>薬種商の仕事の年収・やりがい・本音

薬種商の仕事の年収・やりがい・本音

Yakushu quotient

薬種商 仕事の年収・月収

薬種商の収入は売上や企業システムにより異なりますが、平均で年収が約350万円前後、月収で約25万円前後と言われています。薬局やドラッグストアなどでは、アルバイトなどの非正規な立場であっても、やや時給が高い傾向があります。
比較的高い収入である反面、年齢や勤続年数による所得の増額もあまりなく、安定して一定水準の収入を維持している傾向があるようです。

スポンサードリンク

薬種商の仕事は、消える職業?消えない職業?

薬種商は、薬剤師でなくとも販売することが出来る第2類医薬品や第3類医薬品を販売する仕事です。この第2類医薬品や第3類医薬品だけで、世の中に流通する薬品の90%以上を占めています。
仕事内容で見た場合、薬剤師に比べると比較的資格の取得が簡単な点や、薬局でなくとも薬の販売が出来る店舗の重要性が高い点から考えると、消えない職業と言う方が現実的だと思います。
ただ現在、薬事法の改正に伴い、『薬種商』という呼び方はせず『登録販売者』という呼び名に変更となっています。その意味では、薬種商という職業は消える職業、あるいはすでに消えた職業といえます。

薬種商 仕事の将来性・安定性

安定性に関しては働き方にもよるとは思いますが、比較的安定しているといえます。薬というものはどんな時でも安定した需要のあるものですので、それを販売する薬種商が職にあぶれるということはなさそうです。
将来性に関してはまだ分からないといったところです。確かに安定した需要はありますが、勤続年数を重ねても収入がアップしない傾向があるため、初任給から中々収入が上がらないという事態が発生することは充分考えられます。そう考えると、『無い』とはいえないまでも、安定した立場の代わりに収入の上昇は期待しないほうがいいのかもしれません。

薬種商 仕事のやりがい・本音

薬種商の仕事は、人の健康に携わる仕事です。医師や薬剤師ほどとは行かないまでも、来店したお客さんから体調に関する相談を受け、それに対して適切な医薬品を紹介するという立場です。
そのため、お客さんから『ありがとう』と言われる機会も非常に多く、そのことにやりがいを感じる薬種商の方が多いようです。
また、他の小売業に比べて、会話をして接客をする機会が多く、その事自体が楽しい……という本音を持つ薬種商の方もいらっしゃいます。

薬種商 仕事の良い点

薬種商はたくさんの薬を取り扱に、一つ一つの市販薬がどのような症状に効くのかを把握している必要があります。そのため、お客さんの健康に関するアドバイザーとして高い信頼を得ることが出来ます。人の役に立ちたい人にとって、これは大きなメリットといえます。
また、現在市販されている薬の大半は、薬剤師でなく薬種商でも販売が出来る薬です。薬剤師に比べて資格取得のハードルも低く、独立開業もしやすいという点も、良い点といえるでしょう。

薬種商 仕事の悪い点

やはり薬剤師とくらべて、取り扱う薬の種類がどうしても一歩劣るという点は悪い点といえます。ただし、極限られた数の薬が該当するので、あまり気にしなくともよいかもしれません。
また、市販薬といえども薬品です。薬種商が販売した薬をお客さんが服用し、その結果健康が損なわれた場合、最悪訴訟を起こされるケースもあります。命にかかわるものを販売しているため、その危険性は把握しておかなければなりません。それもまた悪い点といえます。

スポンサードリンク

薬種商 仕事の内容

薬種商の仕事は、市販薬を販売することです。世の中に流通している薬は大きく第一類、第二類、第三類の3つに分かれています。そのうち、薬剤師でなければ販売出来ない第一類を除く第二類、第三類のふたつを販売することが出来るのが、薬種商です。
昨今では薬局やドラッグストアだけでなく、コンビニやエステなどでも薬が販売されるケースが増えており、空前の薬剤師不足もあって、この薬種商へのニーズが高まっています。

薬種商 仕事に必要な資格

薬種商に相当する『登録販売者』になるためには、各都道府県が実施する試験に合格して、『販売従事登録証』が交付されなければいけません。
試験を受けるには『薬科大学を卒業している』もしくは『高校を卒業した後、1年以上の実務経験がある』あるいは『4年以上の実務経験がある』のうち、いずれかの条件をクリアしている必要があります。薬剤師に比べてハードルが低く、現在注目されている試験です。

薬種商 仕事に必要なスキル

まずは薬に関する知識です。お客さんの症状を聞き、その症状にあった薬をすぐに準備出来るだけの薬に関する知識は、薬種商として絶対に必要なスキルといえます。
また、お客さんと会話する機会が多いので、コミュニケーション能力も必要になってくるでしょう。お客さんの主張を適切に受け取り、それに対して適切なレスポンスを返すことが重要です。
併せて、心構えとして『薬品を扱っているという自覚』が大切だと答える方がいます。薬種商が扱う商品は、命に関わるものです。そのため、高い倫理観を持って仕事に望むことが重要というわけです。

薬種商の仕事のまとめ

今、非常に注目されているのが薬種商という仕事です。
薬剤師よりも扱える薬品が少ないながらも、現在流通している薬の90%以上を扱える仕事ながら、薬剤師に比べて資格取得のハードルが非常に低く、かつ現在は薬剤師が不足している状況という点が追い風になっています。
人の健康をサポートする仕事なので、お客さんからの感謝の言葉も聞けますし、なにより安定した需要があるのも魅力的です。現在注目を集めているのも頷けます。
需要も人気も非常に高い、魅力的な職業……というのが、薬種商という仕事のまとめといえそうです。

スポンサードリンク

薬種商の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング