製材工の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>所詮この世は金と愛>>製材工の仕事の年収・やりがい・本音

製材工の仕事の年収・やりがい・本音

work-of-lumber-engineering

製材工 仕事の年収・月収

製材工の仕事は丸太から機械を使って板や角材などに加工する仕事です。製材工の仕事は年収はおよそ300万円からと言われています。月収は所属する組織の規模に左右され、経験豊富な製材工であれば高収入もありえるかもしれません。しかし、他業種と比べてそれほど高給取りの職種とは言えないようです。実力とそのときの需要に応じた収入であるため、経験・スキル、人脈に応じて年収が上がる可能性があります。

スポンサードリンク

製材工の仕事は、消える職業?消えない職業?

製材工とひとことで言っても、その範囲は幅広く飲食業界の仕事です。製材工は木材を扱う仕事ですので、土木建築業がある限り消える職業ではないですが、安定して仕事をするには体力と適性が必要です。機械化が進んでいるので、以前ほど肉体作業ではありませんが、体力勝負ですから健康かつ強靭な肉体は資本です。機械を使ってひとりでいくつかの工程を担当することもありますので、新しい機械を使うために学ぶ努力もある程度必要になります。

製材工 仕事の将来性・安定性

組織に所属するか、独立開業して仕事をするかは本人次第ですが、製材工として培ったスキルは広い分野で役に立つでしょう。製材工としての実績があれば、仕事は途切れることなく、将来性・安定性は高いです。ただし、一人前になるまでにある程度の下積み期間が必要と言われています。常に実力を磨き、どこでも通用するようなスキルを身につけることができれば、経験に応じてステップアップすることができます。大手企業に勤めた経験があればアピールでき、次の職場を見つけるにも有利に働くでしょう。

製材工 仕事のやりがい・本音

製材工の仕事のやりがい・本音は、腕次第でどこでも仕事ができるところにあります。建材業はどの地域にでもあるので、住む場所は選びません。もの作りに情熱を傾けられる人、大工作業が好きな人には向いていると言えます。製材工の最大の仕事のやりがいは、素材の創意工夫、品物になっていく過程と言えるでしょう。きっちりとした寸法で求められている品物を提供し、自分が提供するサービスで世の中に直接貢献できることは製材工のやりがいといえるでしょう。

製材工 仕事の良い点

製材工の仕事の良い点としては、実力さえあれば世界がどんどん広がる点です。様々な建材に携わることができます。多くの人々の生活の基礎となる住宅に使われるとすると、やりがいある仕事です。仕事の一環として例えば新商品の試作などができるのも、製材工の仕事の良い点と言えるでしょう。

製材工 仕事の悪い点

製材工の仕事の悪い点は、下積み時代が長く、一人前になるまではどうしても低収入であるという点です。肉体作業が中心となる仕事ですので、やはり慣れるまでは大変です。重い木材を一日中運んだり、夏場にも外で作業したりなど、肉体的な負担に耐えられずに転職する人は多いです。一人前の製材工になるまでは収入が安定しないこともあるでしょうし、肉体的につらいわりには低収入というケースもあります。

スポンサードリンク

製材工 仕事の内容

製材工の仕事の内容は、奥が深く、幅広いスキルが必要になってきます。例えば製材工の仕事にも、ジャンルや対象となる素材によって細分化され、それぞれに異なる専門性が必要です。製材工でも、対象とするのが家具なのか、建材なのか、どの程度の加工が必要かによって異なるスキルが求められます。責任感がしっかりある人物か、向上心を持って能力を磨けるかどうか、は製材工の仕事をするにあたって重要です。

製材工 仕事に必要な資格

製材工の仕事に絶対必要な資格というものはありませんが、多くの製材工は実地で学びながら複数の業者で下積みをします。過去に製材工として勤務した経験があれば、経験者として優先的に採用される可能性は高まります。製材工として最初の仕事を得るには、どこか規模の小さい会社でいろんな仕事を経験させてもらうなど、まず下積みをさせてもらうのがきっかけとしてはおすすめです。はじめは収入が低くても、実力がつけば実績になるので、まずは経験を積ませてもらうのが一人前の製材工になる近道と言えるでしょう。

製材工 仕事に必要なスキル

製材工の仕事に必要なスキルは、求められる板材を作る技術と探求心です。会社によって加工技術のレベルは異なり、スピードをもってさまざまな製品を作らなくてはなりません。求められる品質の品物を提供するというサービス精神と、期待値を常に少し上回る努力は必須でしょう。いずれにせよ、顧客の求める質と価格に合わせ、製材して完璧な品物をコンスタントに提供する、周囲とコミュニケーションがとりやすい、なども必須です。常に新しいスキルを身につけることと、向上心を保つことは製材工の仕事に必要なスキルです。

製材工 仕事のまとめ

製材工の仕事は、お客様の要望に添って丸太を加工し提供することです。組織に属する、独立する、形はさまざまながらも製材工という職種は専門性・実力を磨けば安定性が高く将来的に消えない職業と言えるでしょう。目指すところは家具なのか、建材なのか、やりたい仕事をするためにはまずは下積み時代を乗り越えて、収入を安定させ、固定客の信頼を得て製材工として多くの人から認められることが重要です。志を捨てずにがんばりましょう。

スポンサードリンク

製材工の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング