木工工芸家の年収は腕が良くて独立すれば1000万円!将来性も安定性も高い

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>木工工芸家の年収は腕が良くて独立すれば1000万円!将来性も安定性も高い

木工工芸家の年収は腕が良くて独立すれば1000万円!将来性も安定性も高い

木工工芸家の仕事の年収・月収

木工工芸家の仕事の年収や月収は、その木工工芸家の腕によってだいぶ変わってきます。事業所に所属する木工工芸家の年収は、50代になっても、平均で400万円から500万円とあまり高くはありませんが、独立して自分の店を持ち、固定客が付いた木工工芸家の月収は50万円を超える事もあり、年収も800万円から1000万円近くになる人もいます。

スポンサードリンク

木工工芸家の仕事は、消える職業?消えない職業?

木工工芸家の仕事は、以前は大量生産され大量消費されるプラスチック製品などの出現のため、
その立場が危うくなった時期もありましたが、日本の伝統文化の見直しにより、最近では木工工芸品を含む日本の伝統工芸品に対する評価が高まってきています。そのため、木工工芸家の仕事は、今後も必要とされる消えない職業となるでしょう。

木工工芸家の仕事の将来性・安定性

日本の伝統工芸品への見直しがなされている現在、伝統工芸家の一角をなす木工工芸家に対する評価も非常に高まってきていると言えます。そのため、木工工芸家の仕事の将来性は、ますまる高まっていくと思えるでしょう。さらに、木工工芸家の仕事の将来性が高まっていくと、固定客も増えていくので、その安定性も増していくことでしょう。

木工工芸家の仕事のやりがい・本音

木工工芸家の仕事のやりがいは、自分の作った木工工芸品が世間の人たちに評価されることです。自分の技術力が上がるにつれて、今まで手掛けたことが無いような分野の木工工芸品を作られるようになってきて、それに伴い評価が上がっていくことはやりがいにつながるでしょう。ただし、いつでも自分の作品に良い評価が与えられるものでもない、という本音も聞かれます。

木工工芸家の仕事の良い点

木工工芸家の仕事の良い点は、自分が大好きな木工の仕事をすることで生活が出来るという点です。作成に夢中になって、時間を忘れて仕事に没頭しても誰からも文句を言われる事のない、独立した仕事場を持つことが出来た時には、もっと充実感を感じる事ができるでしょう。健康に留意すれば、いつまでも続けられる仕事であるという点も良い点に上げられるでしょう。

木工工芸家の仕事の悪い点

木工工芸家の仕事の悪い点は、木工工芸品を作成する作業場は、材料の木材を置く場所など、意外と大きな敷地を必要とするので、独立して起業する際には、多少の資金が必要となる点かもしれません。あとは、木材を加工する際に発生する木くずなどの粉じんを処理するための設備や、騒音を防止するための施設が必要となる点も、悪い点としてあげられるでしょう。色々な機械や刃物を使用するため、気を抜くと怪我をする確率も高いです。

スポンサードリンク

木工工芸家の仕事の内容

木工工芸家の仕事の内容は、木材を使って伝統工芸品を作る仕事です。樹種を使用して箸置きや小さな置物、寄木、象嵌、無垢などのペンダント、ブローチ、髪飾り、帯どめ、キーホルダー、ストラップなどのアクセサリー類を作ります。原色積み木、パズル他干支などの玩具やオーナメント類。箸、スプーン、フォーク、バターナイフなどのカトラリー類。他に花台や小物家具など、作れる製品の種類は多岐に渡ります。同じ作品でも違う木材を使って作ると、風合いや感触が違ってきますので、自分のセンスによってバラエティに富んだ作品を生み出すことができます。

木工工芸家の仕事に必要な資格

木工工芸家の仕事に必要な公的な資格はありません。ただ、住んでいる地域によっては、「伝統工芸士」の資格試験を受ける必要が出てくる事もあります。これは、木工工芸家として働き出してもすぐに受験できるものでは無く、12年以上の実務経験を経ていなければなりませんので、その期間の実績を積んでおく必要があります。伝統法に基づく国家資格となります。

木工工芸家の仕事に必要なスキル

木工工芸家の仕事に必要なスキルは、まず手先の器用さでしょう。細かい作業をする際の刃物だけでなく、電動のこぎりなどを使う事もあるので、機械や刃物の扱いが不器用だと作成は難しいと思われます。さらには、ひとつの作品を作り上げるには、だいぶ時間がかかるので、ひとつの仕事に対する集中力と、作品をきちんと仕上げる根気も必要なスキルでしょう。

木工工芸家の仕事のまとめ

木材資源が豊富な日本には、日本人特有の手先の器用さを駆使して、どのようにしたらこのような作品が出来上がるのか想像もつかないような、技術力の高い木工工芸品が存在します。このような素晴らしい日本の伝統文化をこれからも継承していくためにも、木工工芸家の存在は、将来にわたって欠かすことの出来ない存在となっていくことでしょう。

スポンサードリンク

木工工芸家の年収は腕が良くて独立すれば1000万円!将来性も安定性も高いに関連する記事

人気記事ランキング