溶接工の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>仕事・資格の年収>>溶接工の仕事の年収・やりがい・本音

溶接工の仕事の年収・やりがい・本音

welder

溶接工の仕事の年収・月収

溶接工の仕事の月収や年収は、勤めている工場の規模によって違いが出てきますが、業界全体として給与は上昇傾向にあります。一般的に見てみると、採用された当初は月収25万円前後、年収350万円前後ですが、30代になると月収35万円前後、年収500万円前後になり、50代になると月収40万円前後、年収550万円前後になります。

スポンサードリンク

溶接工の仕事は、消える職業?消えない職業?

溶接工は、自動車部品、建設、工業製品と多くの分野で活躍しています。大規模工場では溶接ロボットなどが導入されているところもありますが、それはほんの一部に過ぎず、やはり溶接工自身の手による仕事の需要は高いものがあります。このような点からも、溶接工の仕事は消えない職業として、これからも存在していくことでしょう。

溶接工の仕事の将来性・安定性

現在、工場などで溶接工として働いている方の多くは、団塊の世代と言われる人たちが多く、今後これらの人たちが60代半ばに達し溶接工の仕事から離れていくと、多くの人材が不足する事態に陥ります。業界としての需要はコンスタントにあるので、この業界を目指す若者にとっては、溶接工の仕事の将来性や安定性はしっかりとしたものでしょう。

溶接工の仕事のやりがい・本音

溶接工の仕事のやりがいは、他のメンバーとも協力して、ひとつの物を作り出せることに感じることができるでしょう。例えば、大きなビルや建造物の建設に溶接工としてかかわることができれば、「これがお父さんも作ったビルだよ」と家族に自慢することもできる仕事です。ただ、暑い時にも寒い時にも外で働かなくてはならなく、それが大変だという本音も聞かれます。

溶接工の仕事の良い点

溶接工の仕事の良い点は、自分自身の手で物作りに携わっているという実感を、いつも味わえるという点にあります。また、多くの業界で必要とされる職業なので、確かな腕を持っていればフリーであっても、引っ切り無しに仕事を請け負えるという点も良い点です。その際には、日当が2万円を超えることがある点も良い点としてあげられます。

溶接工の仕事の悪い点

溶接工の仕事の悪い点は、基本的にバーナーを使って金属を溶かしながら組み合わせていく仕事なので、どうしてもバーナーによる日焼けをしてしまうことでしょう。また、鉄の塊など重量の大きな物を扱うので、危険性が高い点もあげられます。さらには、同じ姿勢を続けることで腰を痛めたり、バーナーによる火傷などを負うこともある点もあげられます。

スポンサードリンク

溶接工の仕事の内容

溶接工の仕事の内容は、金属をバーナーで溶かしてながら、金属同士をつなぎ合わせていく仕事です。造船業、自動車産業、機械類工作産業、建築業など、さまざまな分野の活動場所があります。金属と金属のいわば、ジョイントの部分を接合していく作業ですので、技術力の高さも求められますし、危険に対する対応力も求められます。

溶接工の仕事に必要な資格

溶接工の仕事に必要な公的な資格はありません。しかし、高温のバーナーを摂り扱う仕事なので、公共職業訓練校などに入学して技術を体得する必要が出てきます。また、ガス溶接を行うためにはガス溶接技能講習を受けておくことは必須です。「溶接管理技術者」や「溶接技能者」などの資格試験を受験して合格しておくと、採用に有利になるでしょう。

溶接工の仕事に必要なスキル

溶接工の仕事に必要なスキルは、建設現場などのように、外で作業をしなければならないことが多いので、体力的に健康で丈夫であることが必要でしょう。また、腰をかがめた姿勢が続く作業なども多いので、キツイことに耐えることができる忍耐力も必要になります。さらには、手を抜かない丁寧な仕事ができる細心さも必要となるでしょう。

溶接工の仕事のまとめ

建設中のビルやマンションなどの横を通った時に、たくさんの火花が飛んでいることがありますが、それはすべて溶接工さん達が懸命に仕事をしてくれているという証しになるでしょう。危険性は高いですが、「物つくりの一端を担っている」という責任感あふれる仕事ぶりを目の当たりにすると、ただただ感謝に頭の下がる思いがします。

スポンサードリンク

溶接工の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング