webプログラマーの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>webプログラマーの仕事の年収・やりがい・本音

webプログラマーの仕事の年収・やりがい・本音

webprogrammer

webプログラマー 仕事の年収・月収

webプログラマーの仕事の収入は所属する会社の規模や働き方、持っているスキルによってかなりの開きがあるようです。平均を見ると、年収では300~500万円、月収では20万円前後がもっとも多いようです。ただし幅が大きく、中には年収1000万円という方もいらっしゃいます。
また、やはり大企業の方が収入が多い傾向があり、他のITの業種のプログラマーの仕事に比べて実力主義な傾向があるようです。

スポンサードリンク

webプログラマーの仕事は、消える職業?消えない職業?

昨今ではインターネットが必須インフラと言っても過言ではないほど生活に密着しており、そのネットの中核を成しているのが、SNSやwebサービス、ネットショップに代表されるwebサイトです。そしてプログラマーの仕事は、それらwebサイトを作ることです。
今後インターネットが衰退していく事は考えにくく、必然的にwebサイトの制作をするwebプログラマーという仕事は消えない職業といえます。まず、消える職業とはならないでしょう。

webプログラマー 仕事の将来性・安定性

まず仕事の安定性に関してですが、現在webプログラマーへの需要は安定しているどころか、右肩上がりで増え続けています。そのため、確かな技術を持っていれば、たとえ独立しても仕事に困ることはないでしょう。ただし日進月歩のIT技術を常に追い続ける覚悟が必要になります。
Webプログラマーの仕事の将来性に関しては人によって意見が別れます。今後もwebサービスが益々重要な位置づけとなり、将来性も高いという人もいれば、年齢を重ねることによる体力の低下と新しい技術を吸収するスキルの衰え等から、将来性はないと考える人、様々です。
どちらにせよ、いかにして技術発展のスピードに追いついていくかがカギとなるようです。

webプログラマー 仕事のやりがい・本音

多くのwebプログラマーが、『プログラムが正常に動作した瞬間』、非常に大きなやりがいを感じるといいます。長い時間数えきれないエラーを繰り返して、やっとプログラムが完成したときの達成感は、プログラマーとして何物にも代え難い仕事のやりがいとなるようです。
また、他のプログラマーと違い、webプログラマーはwebデザイナーやwebディレクターとチームを組んで仕事をする場合がほとんどです。そのため、色々な職種の人たちと協力しあい、一つのwebサイトを立ち上げた時、チーム全員で喜びを分かち合えます。それもまた、webプログラマーのやりがいといえます。
加えて、webプログラマーといえば時代の最先端技術の一つです。そのことに関われていることがカッコイイ、うれしいと仕事の本音を答える方もいらっしゃいます。

webプログラマー 仕事の良い点

まず多くの方が、『ユーザーの反応が聞けてうれしい』と答えます。他のプログラマーと異なり、webプログラマーが携わるものは基本的に一般ユーザーが触れるものが多く、自身が手がけたものをたくさんの人が触れ、感想を聞くことが出来ます。この点はwebプログラマーの仕事の良い点といえます。
また、webサイトやwebサービスの制作というのは、言ってみればものづくりです。みんなで苦労しながら一つの物を作り上げる喜びはとても大きく、その点を良い点として挙げる方が多いのも特徴です。

webプログラマー 仕事の悪い点

現在、webプログラマーは人材不足な上、案件が山のように存在すると言われており、必然的に長時間労働を強いられるケースが多いです。その点をwebプログラマーの仕事の悪い点として不満に感じている方は多くいらっしゃいます。
またそれに関連して、現在は中国やインドのような人件費の安い国に案件を依頼するケースが増えており、案件一つあたりの単価が安いイコール収入が増えない……というケースも見受けられます。過酷な労働環境の上に収入が上がらないという点は、webプログラマーという仕事のかなり悪い点といえるでしょう。

webプログラマー 仕事の内容

システムエンジニアが作成した仕様書にもとづき、webシステムを開発するのがwebプログラマーの仕事内容です。特に近年では、webサイトに何かしらのシステムが不可欠となっており、それを開発出来るwebプログラマーの需要は高まっています。
似たような仕事でwebデザイナーがありますが、あちらはwebサイトの外見を作り上げるのに対し、webプログラマーはwebサイトの中味を作る……という違いがあるといえます。

スポンサードリンク

webプログラマー 仕事に必要な資格

webプログラマーの仕事に必要な資格は特にありません。実力主義の傾向が強いのがwebプログラマーの特徴です。
なり方ですが、基本的には大学や専門学校でプログラミングや情報技術に関する知識を得た後にweb制作会社に入社するのが一般的です。
また実力主義な傾向が強い業界なので、学校で専門的な勉強をせずとも、独学でプログラミングを学んだ後に制作会社に入社する……もしくはそのまま個人で仕事を受ける……という強者もいますが、基本的には学校や企業で人から教わったほうが、比較的簡単に、かつ確実に仕事の技術が習得できるでしょう。

webプログラマー 仕事に必要なスキル

まず何よりも、webサイトの構築に必要なスキルは必須です。特に『LAMP』と呼ばれる4つの技術『Linux』『Apache』『MySQL』『PHP』は必須とも言われています。これ以外にもJavascriptやHTML等、数多くの技術スキルが必須になります。
また、必須ではなくとも持っていた方が良い仕事のスキルに、英語があります。基本的にITの新技術はアメリカなどの海外で生まれるケースが多く、その場合は日本語の説明がない場合がほとんどです。そのため、英語を読めるスキルがあると、比較的新技術の吸収がスムーズに行えます。
そしてなにより、プログラミング自体を楽しいと思えるスキルです。webプログラマーの仕事は長時間労働が多く、肘用に過酷な現場です。そのため、プログラミングそのものを楽しめないと、体力面だけでなく精神面でも多大な負担がかかります。

webプログラマーの仕事のまとめ

現在、将来性に関して意見が真っ二つに割れているのがこのwebプログラマーという職業です。案件そのものの数や、絶対的に人手が不足している点を見れば『将来性は高い』といえますが、逆に人手不足と案件増加から来る長時間労働、中国人やインド人などによる人件費の低下からくる価格競争の激化から考えると、将来性は低いといえます。
ただし、今日あらゆるIT業界の中でも、一番元気がある業界がweb業界です。実力主義の傾向が強いこともあり、他のIT業界での経験を活かしてweb業界へと転職してくる方も多くいらっしゃいます。
一言では中々言い表せない部分がありますが、『IT業界の中でも、もっとも元気でもっとも最先端の職業』であることは確実です。これが仕事のまとめといえるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

webプログラマーの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング