消える職業?消えない職業?webディレクターの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>仕事・資格の年収>>消える職業?消えない職業?webディレクターの仕事の年収・やりがい・本音

消える職業?消えない職業?webディレクターの仕事の年収・やりがい・本音

webdirector

消える職業?消えない職業?webディレクター 仕事の年収・月収

所属する企業の規模や職務内容により、年収400~1000万円、月収でも25~50万円と振り幅が大きいのが、webディレクターの仕事の特徴です。景気の影響をあまり受けない職業といわれ、IT業界のクリエイター系の職業の中でも、Webディレクターは比較的待遇の高い職種と言われています。
近年では人手不足の状況が続いており、今後も収入面での待遇は高いことが期待出来ます。

スポンサードリンク

webディレクターの仕事は、消える職業?消えない職業?

webディレクターはインターネットの根幹を成すwebサイトを制作することが仕事です。そして現在では、インターネットは日々の生活に無くてはならないものとなっています。
その為、今後webディレクターの仕事が無くなるということはないといえます。ただし、現状ではwebディレクターという職業の定義はかなり曖昧で、『webディレクター』という肩書でありながら、まったく別の仕事をやっている、または全然違う肩書でありながら、仕事内容はwebディレクターのそれであったりといった状況が多々あります。そのため、今後呼び名が変わる、もしくは他の職業に収束する可能性がある…という意味では消える職業となるのかもしれません。
ただ単純に仕事内容で見た場合は、webディレクターは消えない職業と言い切る事ができます。

消える職業?消えない職業?webディレクター 仕事の将来性・安定性

webディレクターは比較的新しい職業です。そのため、まだ充分な数の人材が揃っておらず、人手不足の状況が続いていると言われています。職務内容的に独立もしやすく、その後のキャリアプランも立てやすいことから、将来性は非常に高いといえます。
安定性に関しては、働き方にもよりますが、比較的高いといえます。人手不足が叫ばれて久しい昨今、会社勤めであれば会社が貴重なwebディレクターを
簡単に解雇することは考えにくく、また人手不足であるが故に、キチンとした経験と実績があれば、独立しても仕事がないという状況にはなりにくいといえます。そのため、仕事の安定性に関しても、他の職業に比べて高いといえます。

消える職業?消えない職業?webディレクター 仕事のやりがい・本音

webディレクターはIT業界の数ある職種の中でも、比較的人と接する機会が多い職業です。お客さんと直接的な打ち合わせや交渉を重ね、要望を聞き、最終的な納品までをも担当します。
そのため、お客さんからの直接的な感謝の言葉を聞く機会が多く、それがwebディレクターという仕事のやりがいといえます。サイト完成の時にやりがいを感じることが多いwebデザイナーやプログラマーとの違いはここです。
お客さんから『また次もお願いします』と言われた際の喜びは何よりも大きい…と本音を聞かせてくれるwebディレクターの人は大変多いです。[

消える職業?消えない職業?webディレクター 仕事の良い点

webディレクターに求められる能力として、お客さんの要望を現場に伝えるコミュニケーション能力や工程管理能力、サイトの売上を分析するマーケティング能力等があります。これらの能力は他の職種でも応用が効く、重宝される能力です。
そのため、webディレクターとしての経験は他業種でも通用し、活躍の場を広げやすいというメリットがあります。本末転倒かもしれませんが、これはwebディレクターという仕事の良い点といえます。

消える職業?消えない職業?webディレクター 仕事の悪い点

webディレクターという仕事がお客さんと制作サイドの橋渡し的立場である関係上、お客さんの要望と制作サイドの要望の板挟みになるケースがあります。その点は悪い点といえるかもしれません。
また、ITの世界は日進月歩です。次々と新しい技術が生まれ、webディレクターはそのハイスピードな進歩に追いつくため、常に勉強をしなければなりません。一度ノウハウを覚えれば、あとはその応用でこなしていける仕事ではないのです。その点も、webディレクターという仕事の悪い点といえそうです。

スポンサードリンク

消える職業?消えない職業?webディレクター 仕事の内容

webデザイナーやプログラマーなどの制作サイドを統括し、お客さんの要望通りのwebサイトを制作するのが、webディレクターの主な仕事の内容となります。
お客さんからの要望を聞き、交渉や打ち合わせを繰り返してwebサイトの仕様を決定し、それを制作サイドに伝えます。その後制作サイドのスケジュール管理を行いながらwebサイト制作を監督し、完成したらそれをお客さんに納品します。
現在では、一人のwebディレクターが複数の案件を掛け持ちするのが主流となっています。

消える職業?消えない職業?webディレクター 仕事に必要な資格

webディレクターになるのに必要な資格は特にありません。すべて実績と実力で評価されるのが特徴です。
なり方ですが、普通に大学や専門学校を卒業した後、IT企業にwebディレクターとして就職するのが一般的です。企業によっては、プログラマーやwebデザイナーとしてある程度経験を積んだ後にwebディレクターとしての道を歩ませるケースもあります。

消える職業?消えない職業?webディレクター 仕事に必要なスキル

webディレクターの仕事に必要なのは、主に対人関係のスキルです。お客さんとの交渉や打ち合わせ、制作サイドとのコミュニケーション等、webディレクターの仕事にはコミュニケーションが不可欠です。
また、制作サイドを監督する関係上、工程管理能力も仕事に必要なスキルです。制作の進捗状況から今後のスケジュールの管理、人手不足であれば人員の補充や外部リソースの投入等の決断を速やかに行うことが、webディレクターには求められます。
あとはITに関する深い知識も必要なスキルといえます。プログラマーやwebデザイナーほどではないにせよ、webサイト制作に携わる以上、ある程度以上の知識は必要になります。

消える職業?消えない職業?webディレクターの仕事のまとめ

インターネット全盛の昨今において、webディレクターはまさに華形の職業といえます。日々月々と新しいwebサイトが生まれている今、それを制作するwebディレクターという職業は、これからも重要な位置づけの職業として存在しつづけるといえます。他のIT業界と比べて収入面において好待遇なところが、それを物語っています。
『現代の華形職業』というのが、webディレクターの仕事のまとめといえるでしょう。人手不足も続くwebディレクターの業界、将来性、安定性ともに高い素晴らしい職業といえます。

スポンサードリンク

消える職業?消えない職業?webディレクターの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング