消える職業?消えない職業?webコンテンツプランナーの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>仕事・資格の年収>>消える職業?消えない職業?webコンテンツプランナーの仕事の年収・やりがい・本音

消える職業?消えない職業?webコンテンツプランナーの仕事の年収・やりがい・本音

消える職業?消えない職業?webコンテンツプランナー 仕事の年収・月収

webコンテンツプランナーの仕事の収入は平均で年収550万円、月収で約35万円となっています。他のweb系の職種に比べると比較的最近に成立した職種で、若干平均値が高い傾向があります。
年代別に見た場合、20代前半と20代後半で若干収入の差があり、20代前半の平均収入の方が上です。これは、経験を評価されて仕事についた20代後半に比べ、抜きん出た才能を買われてwebプランナーになった人が多く、優秀な人材は総じて収入が高く、必然的に平均を釣り上げている為と言われています。

スポンサードリンク

webコンテンツプランナーの仕事は、消える職業?消えない職業?

現在インターネットが隆盛を極めている状況、そして今後もインターネットが発展しつづけていくことを考えると、インターネットの根幹を担うwebビジネスの企画を司るwebコンテンツプランナーという職業が消えてしまうということは考えにくく、webコンテンツプランナーの仕事は消えない職業と言い切ることが出来ます。今現在も、主に優秀な人材が就くポジションとなっており、その重要性を物語っています。
これだけネットの根幹を成している職業ゆえ、消える職業となってしまうことはないでしょう。

消える職業?消えない職業?webコンテンツプランナー 仕事の将来性・安定性

働き方によっても変わってきますが、比較的安定はしていると言われています。webコンテンツプランナーは優秀な人材が抜擢される傾向があるため、この職についた場合は比較的収入面において、他の職種よりも高い水準となります。それがこの仕事の安定性が高いと言われる所以です。
将来性に関しても同様で、この先インターネットが衰退することは考えにくいほど一般に浸透しています。今後益々重要な位置づけとなるであろうwebコンテンツプランナーの仕事ですから、その将来性も高いといえます。独立してさらなる収入を得られる可能性が高い点もポイントです。

消える職業?消えない職業?webコンテンツプランナー 仕事のやりがい・本音

webサイトの企画をたてるというのは、現在ではかなり大変な作業となります。そのため、苦労して自身が作り上げたwebサイトのアクセス数が伸び、世間で話題となった時は、非常に大きなやりがいを感じるといいます。
ただし、小さなwebサービスの立ち上げの時などは人員が割けず、webコンテンツプランナーがチームをまとめ上げるwebディレクターの役割を担わなければならない場合もあります。ただでさえ仕事量の多いwebコンテンツプランナーの仕事に加え、webディレクターの仕事も兼任することは身体的な負担が大きいと仕事の本音を漏らす方も中にはいらっしゃいます。

消える職業?消えない職業?webコンテンツプランナー 仕事の良い点

webコンテンツプランナーは外部に出て依頼者と接する機会が多く、依頼者の感謝の言葉を直接聞く機会が多いと言われています。これは現場で働くプログラマーやディレクターが味わえない、コンテンツプランナーの仕事だけの良い点といえます。依頼者からの要望を聞くだけでなく、より良いアイデアを依頼者に提案することもあるのですが、そのおかげで『ありがとう』と言われることは、webコンテンツプランナー冥利につきるでしょう。

消える職業?消えない職業?webコンテンツプランナー 仕事の悪い点

現在、インターネット上でのビジネスに成功はなく、『こうすれば売上が上がる』『こうすればアクセス数が伸びる』という絶対的な手法は確立されていません。そのため、webコンテンツプランナーが自信を持って制作した企画が、まったく結果を残さないという場合もあります。自身の努力に結果がついてこない場合も多く、その点は仕事の悪い点といえるかもしれません。
また、これはwebコンテンツプランナーだけの話ではないのですが、基本的にweb関連業界の仕事は激務です。朝早くから仕事をはじめ、夜遅くにやっと帰宅出来ることなどザラで、ひどい場合には24時間稼働や休日出勤も厭わない覚悟が必要な場合もあります。プライベートの時間をしっかりと確保したい人にとっては、これも仕事の悪い点といえます。

スポンサードリンク

消える職業?消えない職業?webコンテンツプランナー 仕事の内容

新しいwebサイトの仕様やサービスの中身、詳細を考えて依頼者に提案するのがwebコンテンツプランナーの仕事の内容です。
依頼者からの要望を聞き、それを現実的な企画として立案、場合によってはこちらからの提案も行い、依頼者と新しいwebサイトの構想を練ります。構想が出来た段階でその仕様を現場に持ち込んで、webディレクターやプログラマーにwebサイトを制作してもらいます。webデザイナーと若干似通った印象がありますが、webサイトの見た目的な意味でのデザインを担当するwebデザイナーに対し、webサイトの中身と詳細、具体的な仕様を決めるのがwebコンテンツプランナーという違いがあります。

消える職業?消えない職業?webコンテンツプランナー 仕事に必要な資格

webコンテンツプランナーになるために必要な資格はありません。
なり方ですが、大学や専門学校などでITに関する知識を習得した後、web関連の仕事を行う企業に就職し、プログラマーやディレクターとしての経験を積んだ後にプランナーとなるケースがほとんどのようです。大手ではなく中小企業やフリーランスの場合は、webディレクターやwebデザイナーが仕事を兼任する場合もあります。

消える職業?消えない職業?webコンテンツプランナー 仕事に必要なスキル

まず、Webコンテンツプランナーの仕事には、情報収集能力が必要と言われています。栄枯盛衰の激しいweb業界ですから、今流行しているものは何か、今後流行しそうなものは何かというのを把握しておくことが非常に重要なことから、情報報酬収納力は必要なスキルといえます。
また、依頼者に企画の提案を行う、現場に対して企画の説明を行うなど、人と接する機会の多い職種です。そのため、コミュニケーション能力も仕事に必要なスキルであると言われています。
意外なところですと、企画を現場に説明する際、細かい指示が記載された仕様書を作成する必要があるため、親切心や、困っている人を助けるのが好きな気質も必要と言われます。細かい色やフォントの指定、イメージなどの説明など、細かい部分まで記載された親切な仕様書が書けるのは、親切心のなせるわざです。

消える職業?消えない職業?webコンテンツプランナーの仕事のまとめ

数ある職種の中でも、現在華形と言われる職種の一つといえるでしょう。インターネットがこれだけ発達した昨今ですから、そのネット上でのコンテンツを生み出すwebコンテンツプランナーは、現在最も活躍し、また優秀な人材が集まっている職種といえます。
確かにweb業界は非常に過酷な業界であることは有名ですが、その分、現在最先端の現場といっても過言ではありません。そのような場でwebコンテンツプランナーとして働けることは、能力や実績が申し分ないと認められている証でもあり、それは収入となって自身に跳ね返ってきます。
『web業界の花形』が、webコンテンツプランナーという仕事のまとめといえるでしょう。

スポンサードリンク

消える職業?消えない職業?webコンテンツプランナーの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング