Webテクニカルディレクターの年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>Webテクニカルディレクターの年収・やりがい・本音

Webテクニカルディレクターの年収・やりがい・本音

Webテクニカルディレクター 仕事の年収・月収

Webテクニカルディレクターの仕事の月収はおよそ23万円から27万円、年収は350万円から500万円ほどとなります。
仕事をする会社によっても月収は異なりますが、Webテクニカルディレクターは様々な知識とディレクション能力が求められるため、給与は比較的高めの設定になっている場合が多いです。正社員、契約社員ともに高めの年収となっています。

スポンサードリンク

Webテクニカルディレクターは、消える職業?消えない職業?

Webテクニカルディレクターの仕事は、今後も消えない職業です。
様々なWebサービスが制作されており、日々技術的な進歩が行われているので、どんなサービスでどのようなWebサイトを作るのかを決める必要があります。
Webテクニカルディレクターはそうした「できることとできないこと」を的確に判断して指示を行う必要があるため、今後も消えない職業となります。

Webテクニカルディレクター 仕事の将来性・安定性

Webテクニカルディレクターの仕事は将来性も高く、技術や経験によって大きなプロジェクトを任せてもらえるようになります。
サーバーに関する知識やネットワーク要件をエンジニアと相談しながら実際に仕事を行っていきます。
エンジニアからWebテクニカルディレクターへキャリアアップしていくことも可能で、技術と経験があれば安定性のある収入を得ることが可能です。

Webテクニカルディレクター 仕事のやりがい・本音

Webテクニカルディレクターの仕事のやりがいは、自分の技術や経験を生かしてプロジェクトを成功に導き、利用者が満足してくれた時です。
Webサイトやサービスが正常に動作するだけではなく、最新の技術を取り入れて新しい体験を提供することもでき、サービスを使う人が驚くようなコンテンツを作り上げた時にもやりがいを感じます。
しかし、WebテクニカルディレクターはWebに関する様々な知識が必要になるのが本音で、設計をミスしてしまうとサービスの提供が止まってしまう危険性があります。

Webテクニカルディレクター 仕事の良い点

Webテクニカルディレクターの仕事の良い点は、過去の失敗や成功の経験を生かして仕事ができる点です。
Webサービスの開発に重要となるシステム部分を設計し、大量のアクセスがあっても不具合を起こさず正常に動作させる必要があります。Webテクニカルディレクターはこうしたサービスの利用予想を行うために過去の経験が大きく活かせることが良い点です。

Webテクニカルディレクター 仕事の悪い点

Webテクニカルディレクターの仕事の悪い点は、設計ミスや予想を超える利用者があった場合、Webサービスが不具合を起こして利用できなくなる可能性がある点です。大規模なコンテンツや期間限定イベントに合わせたサービスなど、必ず動いていなければならない時に不具合が起こると会社の損害にもつながります。
Webテクニカルディレクターはこうした不具合を起こさないよう的確な設計を行う必要があり、責任も大きくなりやすいのが悪い点です。

スポンサードリンク

Webテクニカルディレクター 仕事の内容

Webテクニカルディレクターの仕事の内容は、制作するWebサービスのシステム要件やサーバーなどのバックグラウンドを設計することです。また、開発可能なこととできないことを的確に判断し、コンテンツの開発を行っていきます。
Webテクニカルディレクターはエンジニアと相談しながら設計・開発を行い、サービス開始後もセキュリティチェックや動作不具合に対応できるような体制を作り上げていく仕事です。

Webテクニカルディレクター 仕事に必要な資格

Webテクニカルディレクターに必要な資格は特にありません。資格よりも多くの知識と経験が求められる仕事となっており、Webに関する最新の技術を日々学習していく必要があります。
WebテクニカルディレクターはSE経験がある技術者が経験を生かして仕事をする場合が多く、プロジェクトに最適な判断をして開発をしていきます。

Webテクニカルディレクター 仕事に必要なスキル

Webテクニカルディレクターの仕事に必要なスキルは、Webに関する技術と、クライアントの要望に答えるために必要な提案をする為のスキルです。
Webコンテンツの開発では、プロジェクトの規模に応じたシステム要件を適切に判断しなければなりません。大規模なプロジェクトになると利用者の数も多くなり、不具合が起きてしまうと大きな損害になります。
Webテクニカルディレクターはクライアントの要望に答えるための提案を的確に行い、具体的な施策を考えるスキルも必要です。

Webテクニカルディレクター 仕事のまとめ

Webテクニカルディレクターの仕事は、プロジェクトのシステム要件を決定し、技術的な判断をすることです。
プロジェクトを成功に導くための重要な役割を持っており、不具合を起こさないための技術的なディレクションを行います。
Webテクニカルディレクターはクライアントの要望に答えるための技術を持っている必要があり、過去の経験を生かして仕事をします。さらに最新の技術を学びながら常に技術的な改善を心がける必要があります。

スポンサードリンク

Webテクニカルディレクターの年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング