WEBデザイナー・クリエイターの収入・年収は300万円から400万円。クライアントの依頼を受けてWEBサイトを制作するのが仕事

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>WEBデザイナー・クリエイターの収入・年収は300万円から400万円。クライアントの依頼を受けてWEBサイトを制作するのが仕事

WEBデザイナー・クリエイターの収入・年収は300万円から400万円。クライアントの依頼を受けてWEBサイトを制作するのが仕事

個人が趣味で公開しているブログと比べると、企業や団体のWEBサイトやECサイトはデザインも美しく完成度の高い例が多いものです。

そうしたWEBサイトを制作する仕事について、収入面も含めて案内していきます。

スポンサードリンク

1.クライアントの依頼を受けてWEBサイトを制作

現在では誰でも手軽にブログを公開できるようになりましたが、そのような個人ブログはレイアウトがごちゃごちゃしていたり広告が多かったりして、デザインが統一されていないと感じる人は少なくないものです。

その点で自治体や団体のホームページや企業のWEBサイトの中には洗練されたデザインの例が多く見られ、サービス申し込みや問い合わせなどもスムーズに進められるよう工夫されています。

一般の個人の力量でこれだけのWEBサイトを作るのは困難なことから、それらのページを手がけているのはほぼ例外なくWEB制作のプロです。

WEB制作会社やデザイン事務所にはWEBページの視覚的要素を担当するWEBデザイナーなどの制作スタッフと、WEBページの制作全体を統括するWEBクリエーターが在籍しています。

企業や団体のクライアントから依頼を受け、WEBサイトの設計からページのデザインといった制作作業を行うのがWEBデザイナーやWEBクリエーターの主な仕事です。

2.WEBデザイナーより平均年収が高いWEBクリエーター

WEB制作に関わる職業の中で最も知名度が高いWEBデザイナーは、その名の通り見栄えの良いWEBページのデザインを考えることが仕事の中心となります。

規模の大きいWEB制作会社は役割分担が徹底されているためWEBデザイナーもデザインの仕事に専念していますが、WEB制作会社やデザイン事務所には中小規模の事業所も少なくありません。

そうした職場で働くWEBデザイナーは、コーディングやプログラミングの仕事を兼務してする例も多いものです。

WEBデザイナーの給与水準は勤務する企業の経営規模によって差が見られますが、平均すれば年収300万円から400万円の人が多いと言われれいます。

WEBディレクターとも呼ばれるWEBクリエーターの場合はWEB制作の現場でも管理職に相当するポジションとなるため、給与水準もWEBデザイナーより全般に高いものです。

WEBクリエーターの平均年収は400万円から500万円と推定されますが、中には1000万円以上の年収を稼ぐ人もいます。

3.納期に追われて残業が続くのは一種の宿命

このように収入面では差が見られるWEBデザイナーとWEBクリエーターですが、納期に追われて残業が多いという共通点も見られます。

そうした労働環境は勤務先の企業によっても異なり、少人数のWEB制作会社やデザイン事務所など人手が不足してる職場ほど残業時間が長くなるのは避けられません。

クライアントの都合が優先される点はWEB制作の現場に限らずどのサービス業にも当てはまるとは言え、WEB制作を依頼する企業の中には知名度の高い大企業も少なくないものです。

対するWEB制作会社やデザイン事務所は中小規模の企業が多いため、力関係から言ってもクライアントに対する立場は圧倒的に弱く、納期の厳しさはもちろん頻繁な修正依頼にもその都度応えていかなくてはなりません。

どうしても制作現場のWEBデザイナーやクリエーターに負担がかかってくることから、何事もクライアントの要望を最優先にしなければならない点がこの仕事の厳しさです。

スポンサードリンク

4.WEBサイト制作というクリエティブな仕事の充実感

以上のような仕事の大変さを抱えながらも、WEBデザイナーやクリエーターは誰もが一種の誇りを持って日々の業務に取り組んでいます。

そうした誇りや職業意識の源泉は、何よりもWEBデザインやWEB制作というクリエイティブな仕事に携わっているという点に由来するものです。

アート関連の業種や映像制作・音楽業界などにも通じるクリエイティブな感性が、WEB制作の現場には求められてきます。

特にWEBサイトのビジュアル面を担当するWEBデザイナーには配色や画像処理まで含めた美術的なセンスも不可欠となってくるため、WEB制作工程の中でも最もクリエイティブな作業を担うポジションです。

WEBサイト全体をプロデュースするWEBクリエーターは、クライアントの要望に基いてインタラクティブな要素も含めた動的なサイト設計にも実力を発揮する余地を持ちます。

完成したWEBサイトはデザイナーやクリエーターにとって作品にも等しい価値を持ち、クライアントに認められば大きな達成感と充実感が得られるのです。

5.即戦力を求める業界に就職する道

時代の最先端を行くクリエイティブな職業として憧れる人も多いWEBデザイナーやWEBクリエーターですが、未経験者が就職できるのは新卒社員研修を行っている大手のWEB制作会社などに限られます。

求人を出している大半のWEB制作現場では即戦力を求めているため、WEBデザインやWEB制作に関する専門知識を持っている人の方が就職にも有利になってくるものです。

WEBデザイナーにはHTMLやCSSに関する基礎知識はもちろん、JavaScriptやPHPといったプログラミングに関する知識やWEBオーサリングソフトの操作、画像編集ソフトとムービー作成に関する知識も問われます。

WEBクリエーターも同様にWEB制作に関わる総合的な専門知識が欠かせないことから、どちらもWEB関係の学科やコースのある大学・専門学校で学ぶことが業界入りへの近道です。

まずWEBデザイナーとしてキャリアをスタートさせ、経験を積んだ後にWEBクリエーターとして昇格する道もあります。

フリーランスとして独立も容易なWEBデザイナー・クリエイター

実務経験を積んだWEBデザイナーの中にはフリーランスとして独立し、WEB制作会社との専属契約やクラウドソーシングを介して自宅で仕事を請け負う新しい働き方を選ぶ人も増えています。

WEBの世界は日々進化を続けているだけに、WEBデザイナーやクリエーターは絶えず最新知識を学びながらクライアントの依頼に応えているのです。

スポンサードリンク

WEBデザイナー・クリエイターの収入・年収は300万円から400万円。クライアントの依頼を受けてWEBサイトを制作するのが仕事に関連する記事

人気記事ランキング

おすすめ記事