気象予報士の年収は勤務する気象会社次第!仕事の良い点は地球規模の観測データを使い研究者並みの仕事が出来る点

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>気象予報士の年収は勤務する気象会社次第!仕事の良い点は地球規模の観測データを使い研究者並みの仕事が出来る点

気象予報士の年収は勤務する気象会社次第!仕事の良い点は地球規模の観測データを使い研究者並みの仕事が出来る点

気象予報士の仕事の年収・月収

気象予報士の仕事の年収は、民間の気象会社や一般企業に所属している場合は、普通のサラリーマンと同様、500万円から600万円の年収となるでしょう。企業によっては、気象予報士としての専門職手当を払ってくれる所もあります。その場合は、月収に数万円プラスされるでしょう。オリコンの「好きなお天気キャスター/天気予報士ランキング」で不動の1位である人気気象予報士の天達武史さんでも、気象予報協会所属なので、平均年収でいけば500~600万円程度と思われます。気象庁職員として働く場合は、国家公務員となりますので、その際の月収は平均35万円前後。年収で計算すると700万円前後となり、安定します。

スポンサードリンク

気象予報士は消える職業?消えない職業?

気象予報士の仕事は、ただ単に天気予報をするだけではありません。たとえばコンビニで、明日は気温が上がりそうなので、アイスコーヒーをたくさん発注した方がよい、などの情報を提供する仕事もあるなど、その気象予報情報の使い方は多岐に渡ってきています。そのため今後も、気象予報士は必要とされますので、消えない職業と言えるでしょう。

気象予報士の将来性・安定性

気象予報士の資格を取ったあと、気象庁職員として採用されると、その将来性も安定性も確固たるものがあります。また、一般企業や民間の気象会社に就職したとしても、仕事内容の重要性から永続的に採用されるでしょうから、その将来性も安定性も、しっかりとしたものがあります。テレビ局などでお天気キャスターとして活躍し、人気が出た後フリーになる道もあるでしょうが、その際には講演会や執筆などを行う事もできるので、こちらも将来性・安定性があると言えるでしょう。

気象予報士の仕事のやりがい・本音

気象予報士の仕事のやりがいは、やはりいろいろなデータを元に、天候を予測するという事でしょう。気象は刻々と変化していくものなので、1時間前に予測したものが30分後のデータで全然違ってきた、ということもあるので、そこをきちんと予測できると、その喜びはひとしおでしょう。ただどうしても、世間の人たちの間では「天気予報は当たって当然」という意識があるので、予報するのにプレッシャーを感じるという本音も聞かれます。

気象予報士の仕事の良い点

気象予報士の仕事の良い点は、大好きな気象の仕事に存分に携わる事が出来るという点でしょう。また、日々の天気の予測だけでなく、週間や季節ごとなどの大きな予測をしたり、逆に過去にさかのぼって、今の気象現象と比較するなど、地球規模の観測データを入手でき、研究者並みの仕事が出来るという点も、気象予報士の仕事の良い点に挙げられるでしょう。

気象予報士の仕事の悪い点

天気は、基本的に24時間観測を続けなければならなく、天気予報もそれによって変わっていくものなので、気象予報士の仕事の悪い点は、働く時間が早朝から深夜までいろいろな時間帯に渡り、不規則だという点でしょう。労働時間の割りに給料が少なく割りに合わない職業だということも言えます。天気予報は自然が相手なので、土日・祝日、盆や正月も無く働く。特に、台風や豪雨など、災害が発生しそうな気象状態の場合は、ずっと詰めていないといけないので、そういう点も気象予報士の仕事の悪い点と言えましょう。

スポンサードリンク

気象予報士の仕事の内容

気象予報士の仕事の内容は、気象庁から提供されるさまざまな数値資料データや、アメダスの観測データなどを元に、毎日の天気や降水確率、週間予報等を予想し、天気予報として提供する事です。一般的にテレビやラジオなどでキャスターとして活躍するのが目立ちますが、商品の売り上げや、観客の動員数などは天候に左右されるものがありますので、そのような企業に所属して仕事をする内容もあります。テレビや新聞の原稿書きや顧客相手にコンサルタントをします。

気象予報士の仕事に必要な資格

気象予報士の仕事に必要な資格は、1994年から毎年1月と8月に実施されている「気象予報士試験」という国家資格です。これは、平均合格率5%という難関の試験で、この試験に合格するための各種セミナーや専門スクールもあるくらいです。ただ、受験のための年齢制限はないので、将来、気象予報士の仕事に就きたいと思っている人は、学生時代から挑戦しても良いでしょう。

気象予報士の仕事に必要なスキル

気象予報士の仕事に必要なスキルは、膨大な量のデータから、天候やいろいろな事を予測しなければならないので、論理的な思考が出来る事でしょう。また、台風や地震などの緊急事態に、刻々と入ってくる情報を分析できる冷静さも必要なスキルと言えるでしょう。さらには、その事をキャスターとして伝える場合に、専門用語をやさしく、わかりやすく伝える事が出来るスキルも必要でしょう。

気象予報士の仕事のまとめ

毎日、テレビの天気予報コーナーで、たくさんの気象予報士の方が天気予報を伝えてくれますが、やはり本職のアナウンサーではないので、分かりやすい人もいれば、なかなか歯切れも悪い人もいます。それでも、気象予報士が単に天気予報を伝えるだけではなく、ほんのちょっとした気象豆知識みたいな事を教えてくれると、天気に対する興味が断然違ってきます。できればそのような天気予報を聞きたいものです。

スポンサードリンク

気象予報士の年収は勤務する気象会社次第!仕事の良い点は地球規模の観測データを使い研究者並みの仕事が出来る点に関連する記事

人気記事ランキング