病棟クラークの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>所詮この世は金と愛>>病棟クラークの仕事の年収・やりがい・本音

病棟クラークの仕事の年収・やりがい・本音

ward-clark

病棟クラーク 仕事の年収・月収

病棟クラークの収入は雇用形態や働く病院によって、大きく変動します。正社員の場合を例に取ると、月収は概ね15~25万円程度が相場で、契約社員や派遣社員の場合は、月収は15万円前後か多いようです。
全体の平均でいえば、概ね150~300万円が年収といえ、一般的な事務職とあまり大差ないようです。
病院に勤める病棟クラークですが、医療行為に携わるわけではないため、専門の免許や資格は必要ありません。そのため、このような待遇となっているようです。

スポンサードリンク

病棟クラークの仕事は、消える職業?消えない職業?

近年では、患者さんに対して病気の治療だけではなく社会的、心理的にも患者を捉えて治療を行っていく医療を提供している病院が多くあります。その中で、病棟クラークは患者さんと医者の橋渡し的な存在となり、医師が本来の医療業務に集中できるよう、サポートを行うのが仕事です。
そのため、病棟クラークという職業は今後の医療において重要な役割を担うことが期待されています。
そういった状況ですが、一方では医療事務と同一視される傾向もあり、今後はトータルで医療事務と呼ばれるようになる可能性もあります。そのため、消える職業とも消えない職業とも言い切れない部分があります。

病棟クラーク 仕事の将来性・安定性

安定性に関しては、その働き方にもよるでしょう。正社員として働いていれば安定した収入が望めますし、非正規雇用の立場であれば、中々安定した収入を得ることは難しいといえます。ただし病棟クラークは近年では正規雇用というのは中々難しい部分があるようです。
つまり病棟クラークという職業は、まだまだ雇用環境において改善の必要がある職業といえます。様々な改革が行われている医療の現場ですから、今後病棟クラークの雇用環境も今後改善されていく可能性はあります。そういう意味では、決して将来性が低いとはいえないようです。

病棟クラーク 仕事のやりがい・本音

病棟クラークの仕事は、医師や看護師と患者さん、双方のサポートを行うのが仕事です。そのため、医師などの医療側と患者さん、双方から感謝の言葉をもらえる機会が多い職業です。患者さんだけでなく医師や看護師の皆から『ありがとう』『サポートしてくれてよかった』という言葉を聞かされた時、病棟クラークとしてこの上ないやりがいを感じるといいます。
ですが、その不安定な雇用状況に不満がある……という本音を抱えている人も少なくないようです。それだけ病棟クラークという職業が、不安定な非正規雇用の多い職業であるということでしょう。

病棟クラーク 仕事の良い点

医療現場の職種でありながら『労働時間がある程度決まっていて、家事・育児と両立しやすい』という点が、良い点といえます。これは女性にとって働きやすい職場といえ、女性の人にとっては良い点といえます。
また、他の職業に比べて専門性が比較的高く、一度職を離れても復帰しやすいという点も、その良い点であるといえます。一度職を離れた後に再就職しやすいというのは、心強いものです。
以上のようなこともあり、病棟クラークという職業には数多くの女性がついています。

病棟クラーク 仕事の悪い点

まず、不安定な立場であるということが悪い点といえます。現在、正社員として働く病棟クラークの人数は少なく、大半の人はパートやアルバイト、契約社員や派遣社員といった非正規雇用の職員が大半です。これは安定した立場で働きたい人にとっては悪い点といえます。
また、それに関連して、鍾乳の水潤が低いという点も悪い点といえます。病棟クラークという職業は女性が働きやすい環境なため女性が多い職業ですが、それは、妻子を養えるほどの収入を得られない故に、男性が就職し辛いという意味でもあります。これもまた、悪い点といえるでしょう。

スポンサードリンク

病棟クラーク 仕事の内容

医師や看護師たちを影からサポートすることが、病棟クラークの仕事内容といえます。具体的には、患者さんが入院する際の書類の受け取りや病室の手配、ベッドにつけるネームプレートの作成などか該当します。また病院によっては診療に使う器具の準備、簡単な問診票の作成といった業務を担当する場合もあります。
病棟クラークがこういった仕事を担当することにより、医師や看護師の人たちが、本来の医療行為に集中することが出来ます。こうやって医師や看護師をサポートし、患者さんの回復に貢献するのが病棟クラークの仕事といえます。

病棟クラーク 仕事に必要な資格

病棟クラークになるのに必要な資格は特にありません。学歴や年齢制限といったこともないため、なろうと思えば誰にでもなれるチャンスがあります。
なり方ですが、民間企業が行っている『医療事務講座』の通学や通信のコースに通い、医療事務の基礎的な知識を身につけた後に就職先を探すのが一般的なようです。
就職先は、入院施設のある大きな病院がメインになります。そのため、病棟クラークになりたい場合は、そのような大手の病院の求人情報を確認するか、派遣会社に登録するのも一つの手といえます。

病棟クラーク 仕事に必要なスキル

必要なスキルの中に、医療の知識が挙げられます。特にレセプトと呼ばれる診療報酬の明細書の作成方法や保険制度に関する知識は、必要なスキルといえるでしょう。
また、それに関連してパソコンのスキルも必要なスキルと言われています。総じて専門性が比較的高い職業なので、医療に関する勉強は必須といえるでしょう。
併せて、病棟クラークは医療関係者や患者さん等、たくさんの人達と接するのが仕事です。そのため、高いコミュニケーション能力が必要といえます。それぞれの立場の人がどのようなことを望んでいるかを素早く的確に察知するスキルは、必要なスキルといえます。

病棟クラークの仕事のまとめ

近年ではその重要性が見直されており、大手の病院には必ず一人から二人は病棟クラークの人がいるケースが増えています。
その反面、雇用状況は決して良いとはいえず、不安定な立場と少ない収入が、現職の病棟クラークの人たちの悩みの種となっているようです。
ですが、今後さらに病棟クラークの重要性が増してきたら、その待遇も改善されてくるでしょう。そういう意味では、今後さらに大きく発展していく可能性のある職業といえます。
現在でも大手の病院には無くてはならない存在となりつつある病棟クラークという仕事は、今後さらに注目をあびることになるとまとめることが出来そうです。

スポンサードリンク

病棟クラークの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング