和菓子職人の仕事の年収・やりがい・本音はコレ

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>和菓子職人の仕事の年収・やりがい・本音はコレ

和菓子職人の仕事の年収・やりがい・本音はコレ

和菓子職人の仕事の年収・月収

和菓子職人の仕事では経歴や環境によって大きく収入が変わります。
見習い期間には当然収入の期待はできませんし、職人として仕事を始めた時の月収は10万円程度。

中堅でようやく年収300万から400万円(月収で25万から33万円)ということです。
しかし和菓子職人のような技術職では独立する方が多く、開業後の手腕によっては年収額も更に上がっていくでしょう。

スポンサードリンク

和菓子職人は消える職業?消えない職業?

和菓子の需要が完全に消えることは考えられません。
高くても品質の良い和菓子を生み出す和菓子職人は消えない職業であるといえます。

しかし今後発展していく職業でもないので、
経歴の浅い方や独立を目指す方にとっては活躍できる場が消える傾向にあります。

また消えない職業とはいえ、
生産が機械化された場面では和菓子職人と軽作業員の垣根が曖昧になりつつあります。

和菓子職人の将来性・安定性

和菓子職人は一人前として認められるまでは長らく不安定な立場に置かれます。
その後老舗の店舗や大手の企業で就業できれば安定性を得られます。

また和菓子職人のような技術職は長く務めることを想定されているので、
環境の変化を望まなければ将来性も十分にあります。

しかし意欲がありオリジナリティを持つ方は、
将来性や安定性を犠牲にしてでも独立することが多いようです。

和菓子職人の仕事のやりがい・本音

和菓子職人の仕事は芸術家の作品作りに近い面があり、
イメージを納得いく形で和菓子として表現できた時にやりがいを感じられます。

また長い伝統を自分が守り、支えていることへのやりがいもあるでしょう。
一方和菓子職人の本音は、素材が限られているので味の変化がつけにくいこと。
そしてそれがこの仕事や業界の頭打ちに繋がっていると感じることも本音の一つです。

和菓子職人の仕事の良い点

和菓子職人の仕事の良い点は、日本の伝統に触れ、それを実践する立場に立てることです。
和歌に詠まれた自然や、詫び、寂びの思想を大切に思う人なら、
それらが古典に成り下がらず今の作品の中で生きていることに喜びを感じられるはずです。

またやはり甘味好きの方が一日中餡やお餅に触れ、
味を追求できることも和菓子職人の仕事での良い点といえるでしょう。
[ad#ad-1]

和菓子職人の仕事の悪い点

和菓子職人の仕事での悪い点は、勤務時間や仕事量が不規則になりやすいことです。
注文が集中する時季には働き詰めになることがありますし、
技術の向上や新作の研究をする時間も必要です。

また伝統を重んじるあまりに窮屈に感じたり、
個々の考え方がぶつかりやすいことも、場合によっては和菓子職人の世界の悪い点となり得ます。

和菓子職人の仕事の内容

和菓子職人の仕事では、やはり和菓子作りが内容として比重が高くなります。
受注した和菓子を納期までに完成させたり、
店頭で販売する生菓子、焼き菓子を作ります。

またそれら以外にも和菓子職人の仕事には、
季節に合わせた新作の考案や製作も含まれます。

純粋な職人の仕事内容は上記の通りですが、
独立開業している場合は店舗経営の業務もこなす必要があります。

和菓子職人の仕事に必要な資格

和菓子職人の仕事では、資格よりも技術や経験が必要とされる傾向にありますが、
「菓子製造技能士」と「製菓衛生師」という2つの国家資格が存在します。

特に製菓衛生師の資格は和菓子職人が将来独立して店を構える場合に必要なので、
仕事を得たり続ける上で必須ではありませんが、取得しておくと良いでしょう。

和菓子職人の仕事に必要なスキル

和菓子職人の仕事で必要なスキルは、手先の器用さと粘り強さといえるでしょう。
すぐに変質してしまう生菓子を手早く扱ったり繊細な形に整えるには技術の高さが必要です。

また職人の世界は下積みの期間が長くなる場合が多く、
同じ作業を繰り返したり自分のイメージ通りの仕事ができなくて

同じ作業を繰り返したり自分のイメージ通りの仕事ができなくても
音を上げない粘り強さは、和菓子職人を続ける上で必須のスキルとなります。

スポンサードリンク

和菓子職人の仕事の年収・やりがい・本音はコレに関連する記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。