ウェイトレスの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>所詮この世は金と愛>>ウェイトレスの仕事の年収・やりがい・本音

ウェイトレスの仕事の年収・やりがい・本音

waitress

ウェイトレス 仕事の年収・月収

ウェイトレスの収入は平均よりやや低い傾向があります。年収で平均270万円前後、月収で約22万円というデータが出ています。男性と女性で年収に開きがあるのが特徴で、男性のウェイターの場合、平均で約320万円、女性のウェイトレスで約250万円というデータがあります。平均年齢が約38歳と比較的若い年代の人が多いことから、平均収入がやや低いという傾向があるようです。平均の勤続年数も約6.7年と短いことからも、それがうかがえます。

スポンサードリンク

ウェイトレスの仕事は、消える職業?消えない職業?

海外の研究者が認定した『10年後に消える職業』の一例として、ウェイトレスの仕事が挙げられています。理由として、現在、世の中のIT化が進み、現在ではタブレット端末を駆使した注文システムを採用しているレストランが増えてきたから……という実例が挙げられています。
確かに、機械やコンピュータで代用出来る部分がウェイトレスの仕事にはありますが、ウェイトレスの仕事はそれだけでなく、お店に来店したお客様にサービスを提供するという内容もあります。そして、それは機械やコンピュータでは出来ないことです。
以上のことから考えると、ウェイトレスは消える職業とはいえないでしょう。もちろん、コンピュータでウェイトレスの仕事を代用する場面というのは出てくるかもしれませんが、それでもコンピュータでは代用の出来ないウェイトレスの仕事というのはあります。特に高級店などにおいては、今後もウェイトレスは消えない職業として、存在していくことになると予想できます。

ウェイトレス 仕事の将来性・安定性

安定性に関しては働き方による部分が大きいようです。特にアルバイトや派遣による雇用の割合が多いことから、あまり安定してないと言えます。大手のチェーン店等の場合ですと、定期的に正社員を雇用している場合があり、正社員となれば安定性も望めます。
将来性に関しても中々難しい部分があるようです。自身で意識的に資格取得や、お店の経営にも携わるといった行動が必要になってくるようです。人によっては、接客スキルと収入の向上を目指して、一定の間隔で働くお店と扱う料理を変える人もいるようです。

ウェイトレス 仕事のやりがい・本音

レストランにおいて、お客様ともっとも長い時間接するのがウェイトレスの仕事です。そのため、非常に神経を使う部分もありますが、お客様からの感謝の言葉を直接聞けるケースが非常に多く、それがやりがいと答えるウェイトレスの人も非常に多いです。
中には、ウェイトレスの接客態度を気に入ってお店の常連になってくれる人も多く、お店の顔として活躍出来るケースが多いのも、やりがいに繋がります。
意外なところですと、福利厚生の一つ『食事のまかない』に魅力を感じている方もいらっしゃるようです。レストランや飲食店で働く人の特権として、『無料で食事が出来る』という点があります。食費を浮かすことが出来るのはとてもうれしい……という本音を持つ人は多いようです。

スポンサードリンク

ウェイトレス 仕事の良い点

やはり多くの方が答えるのが、『ありがとうを直接言われる機会が多い』という点です。ウェイトレスという仕事はレストランの中でもお客様と接する時間が一番長い職種です。そのためお客様と会話をする機会も多く、『ありがとう』と言われる機会が多いようです。人の役に立ちたい、やりがいを感じたいという人にとっては良い点といえるでしょう。
また、飲食店の多くがまかないとして食事をを準備してくれます。規定のメニューや新作の試作品、はたまたお店の人だけしか知らない裏メニューなど、普段味わうことの出来ないメニューにありつける場合もあり、その点を良い点ととらえる、グルメなウェイトレスの人も多くいらっしゃいます。

ウェイトレス 仕事の悪い点

多くの方が、収入の低さを悪い点として挙げます。ウェイトレスの仕事は、他の職業に比べて収入が低い事が多く、がんばっても収入が中々アップしないという点があり、その点を悪い点として捉える方が多くいます。
また、労働時間が長い点も悪い点といえます。場合によっては朝早くから夜遅くまで腹たかなければならないケースも多く、体力的に厳しい面もあるようです。プライベートの時間をしっかりと確保したい人にとっては、これもまた悪い点といえるでしょう。

ウェイトレス 仕事の内容

ウェイトレスの仕事内容は、来店したお客様に最高の時間を提供することにあります。男性と女性で呼び名が異なり、男性の場合は『ウェイター』、女性の場合は『ウェイトレス』となります。
お客様からご注文を聞き、注文の料理を運んで、場合によってはお給仕する場合もあります。お客様が常連さんであれば、お客様の好みに合わせた味加減や料理をキッチンの調理担当に伝え、立ち居振る舞いなどにも注意し、お客様が最高の空間で最高の時間を楽しめるよう、全力を注ぎます。
経験と実績を積むと、複数のウェイトレスを統括するリーダーになることもあります。そうなった場合は、お客様の様子だけではなく、他のウェイターの様子も見ていなければなりません。

ウェイトレス 仕事に必要な資格

ウェイトレスになるのに必要な資格は特にありません。
なり方ですが、学校を卒業した後、どこかの飲食店でウェイトレスとしてアルバイトをし、そのままそのお店で正社員として雇ってもらうのが一番の近道のようです。またお店によっては正社員としてウェイトレスを募集しているお店もありますので、そういったところに応募をするのも一つの手です。
ウェイトレスに関連する資格として『レストランサービス技能士』というものがあります。これを取得すれば、収入も上がり、就職の際にも有利に働くようです。

ウェイトレス 仕事に必要なスキル

まずは、接客スキルとマナーです。ウェイトレスはお客様と接する仕事なため、接客に関するスキルは必須といえます。
また、多くの方が答えるのが、視野の広さです。レストラン全体を見渡し、お客様のお皿やグラスに注目出来る能力は、ウェイトレスをする上で大切なスキルです。
他にも、受け取った注文を忘れない記憶力や、レストランのホール全体の管理能力などが問われますが、それらは経験の中で培われていくものでもあります。

ウェイトレスの仕事のまとめ

『アルバイトの定番』というイメージの強いウェイトレスという仕事ですが、非常に難易度の高い、難しい職業でもあります。お店の顔としてのイメージも出来るため、気の抜けない、厳しい職業です。
その割には平均的に収入も高くなく、ウェイトレスの人にとっては厳しい状況ではありますが、感謝の言葉を直接いわれる、美しい立ち居振る舞いはお客様を虜にする等、とてもやりがいのある職業です。
まとめると、ウェイトレスという仕事は、定番ながら奥深い仕事といえます。ファンを作るつもりで働けると、よいかもしれません。

スポンサードリンク

ウェイトレスの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング