映像ディレクターの仕事の年収は400万円から500万円。やりがいは仕事の成果が映像として形に残ること!

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>映像ディレクターの仕事の年収は400万円から500万円。やりがいは仕事の成果が映像として形に残ること!

映像ディレクターの仕事の年収は400万円から500万円。やりがいは仕事の成果が映像として形に残ること!

映像ディレクターの仕事の年収・月収

所属している会社や雇用形態によって様々ですが、年収で言うと大体平均で400万円から500万円と言われています。勤続年数で考えると、1年目の映像ディレクターの場合が年収200万円、5年目になると年収400万円と一気に上がり、10年目では年収700万円と言われています。
フリーランスで働く人が多いのも、この業界の特徴です。その場合は、受けた仕事の報酬がそのまま月収、年収となります。しっかりした技術と実績を持つ人の場合、独立した方が年収が上がる傾向があります。

スポンサードリンク

映像ディレクターは消える職業?消えない職業?

近年、インターネットでの動画配信の普及により、映像ディレクターの仕事の範囲が広がっています。テレビ番組やアーティストのPVだけでなく、インターネット上で配信される紹介動画や広告動画などの作成も、映像ディレクターの仕事です。
この傾向は今後も続くものと予想されます。そのため、今後も映像ディレクターという職業は消えない職業といえます。
ただし、昨今の撮影機材や編集機材の高性能化に伴い、技術やスキルの無い人でもある程度のクオリティの動画を作成することが出来るようになってきています。そのため、高い技術を持つ映像ディレクターでなければ今後は生き残ることは難しいといえます。かなり長い目で見た場合は『消える職業』といえなくもないですが、そうなるにはまだまだ時間がかかるといえます。

映像ディレクターの仕事の将来性・安定性

安定性という観点でいえば、働き方に大きく左右される部分ですので、一概に言い切ることは出来ません。会社に所属しているのであれば安定はしていますし、フリーランスであればその逆と言えます。
将来性でいえば、映像ディレクターの収入は経験と実績を積めば収入が劇的に変わる職業です。1年目は年収200万円で眠る暇もなく働き続けなければなりません。ただし経験と実績を充分に積めば、5年目ぐらいの中堅ディレクターで400万円以上と年収が跳ね上がります。
また、現役の映像ディレクターの方々が言うには、出世が早いのもこの職業の特徴ということです。最初の眠る暇もないほどの忙しさに耐え切り、実力と実績を身につけることが出来れば、将来性は非常に高い職業といえます。

映像ディレクターの仕事のやりがい・本音

やはり多くの映像ディレクターが、自身の仕事の成果が映像として形に残ることにやりがいを感じています。大変な思いをして制作した映像がテレビやインターネットで有名になり、その映像の最後にクレジットで自分の名前が表示された時、大きなやりがいを感じると答えています。
また、その職業柄たくさんの著名人と知り合え、色々なロケ地に足を運ぶことが出来ます。そういったところから新鮮な刺激を日々もらえることで、仕事に倦怠感を持つことが少ないという本音を覗かせる方もいます。

映像ディレクターの仕事の良い点

特にフリーランスの方に多いですが、昨今の機材や設備の発展に伴い、映像制作のプロセスがシンプルになっています。そのため、映像の撮影から編集まで、すべての作業を一人で行うディレクターが増え、結果として折衝で余計なストレスを抱えることなく、自身の作業に集中出来る環境が整いつつあります。
また、映像ディレクターはロケの為に様々な場所に移動する機会が頻繁にあります。そのため、マイルが非常に溜まりやすく、そこを良い点として挙げる映像ディレクターの方もいます。
加えて、『映像ディレクター』という肩書が一般的に受けが良く、友人知人に対して誇らしい気分を味わえるというちょっと変わった点を挙げる方もいらっしゃいます。

スポンサードリンク

映像ディレクターの仕事の悪い点

大半の映像ディレクターの方が、その多忙さを悪い点として挙げます。特に駆け出しの頃が顕著で、眠る暇もなく忙しく動きまわる割に収入が少ないという悲しい現実に直面します。
ある程度経験を積んだ段階で年収はアップするのですが、それでも時給換算すると割にあわないケースも多々有り、総じて勤務内容と収入が吊り合わないことに不満を感じている方が多いようです。
またそれに関連して、プライベートの時間がまったくないことに不満を感じている方も多いようです。自身の親兄弟に会える機会が激減するだけでなく、遊ぶ時間もなければ、結婚することも出来ない…そんな点に不満を感じ、悪い点として挙げる人も大勢います。

映像ディレクターの仕事の内容

基本的には、映像の制作に必要なことの全般を行うのが映像ディレクターの仕事です。取材許可やロケハンといった準備から始まり、実際に映像の撮影、場合によっては映像の編集作業も自分で行います。昨今では機材の質が向上したことになより、映像の制作に必要な作業のほぼすべてを映像ディレクターが行える程になっており、自身がすべての作業を賄うことで余計な支出を減らし、収入アップに繋げている映像ディレクターの方もいらっしゃいます。
映像ディレクター 仕事に必要な資格
映像ディレクターになるために必要な資格というのは特にありません。
なり方ですが、最もオーソドックスなのは大学や映像系の専門学校を卒業後、テレビ局や映像制作会社に就職する道です。他にも、高校を卒業してすぐ制作会社に入社し、早い段階で現場で経験を積むことも有効です。
また昨今ではインターネットでの動画配信により、自身が制作した動画を沢山の人に見てもらえる環境が整っています。そのため、自身が制作した動画をインターネットにアップすることで、映像ディレクターとしてデビューする方も増えています。

映像ディレクターの仕事に必要なスキル

まず何よりも映像に関する感性と知識でしょう。そのためにもたくさんの映像を見て、自身の映像センスを磨く必要があります。
また、映像ディレクターは寝る暇もないほど忙しい職業です。そのため、体力も絶対的に必要になってきます。
意外なところだと、『面白い人柄』や『人当たりの良さ』等の営業能力を必須のスキルとして挙げる人が多いです。こうやって仕事仲間やスタッフの人に覚えてもらうことで、次の仕事に声をかけてもらえる可能性が増えるようです。

映像ディレクターの仕事のまとめ

映像ディレクターという仕事は、ある意味職人のような職業です。駆け出しの頃は寝る間も惜しんで経験を積まなければならず、実力がつけば収入が劇的に改善し、自身の作品が永遠に残り続ける…映像ディレクターもまた、一種の職人といえそうです。
昨今では自身が制作した映像をたくさんの人に見てもらえる機会も増えています。質のいい機材も容易に手に入ることから、自身に実力とスキルがあれば、誰しもが映像ディレクターを名乗れる時代になっています。もっともそれで生活出来るかどうかは別問題ですが…
現代社会における新しい職人。これが映像ディレクターの仕事のまとめといえるでしょう。

スポンサードリンク

映像ディレクターの仕事の年収は400万円から500万円。やりがいは仕事の成果が映像として形に残ること!に関連する記事

人気記事ランキング

おすすめ記事