介護ヘルパーの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>仕事・資格の年収>>介護ヘルパーの仕事の年収・やりがい・本音

介護ヘルパーの仕事の年収・やりがい・本音

介護ヘルパー 仕事の年収・月収

介護ヘルパーの仕事は、全体の平均に比べてやや低い水準となっています。介護の仕事における問題の一つとなっていますが、具体的なデータでは、年収が約293万円、月収では約22万円となっています。
介護ヘルパーとして働く人にはパートやアルバイトなどの非正規の人が多く、その場合ですと時給換算です。時給は仕事内容にもよりますが、概ね750円カラ高くても2000円前後となっています。
また、近年では介護ヘルパーの収入が上昇傾向にあります。正社員として雇用されれば、収入以外の待遇は比較的良い傾向もあるため、収入以外の面においての魅力の大きい職業ともいえそうです。

スポンサードリンク

介護ヘルパーの仕事は、消える職業?消えない職業?

近年、日本には高齢化の波が押し寄せ、それを受けて介護に携わる人へのニーズが年々増えているのが現状です。実際に、介護職の人の収入は毎年少しずつ上昇傾向にあります。
この傾向は今後も続くと予想されています。実際に介護ヘルパーは現在人手不足の状態が続いており、介護ヘルパーの人は、一度職を離れても、再就職しやすいという傾向があります。
この傾向は日本において今後も続くことから、介護ヘルパーの存在感は今後益々強くなっていくことでしょう。決して消えない職業といえます。消える職業となることはないでしょう。

介護ヘルパー 仕事の将来性・安定性

安定性に関しては、その働き方にもよります。非正規職員として働いていれば安定した収入は難しいでしょうし、正社員として雇用されていれば毎月決まった収入があります。ただし、現在介護ヘルパーの職はひくて数多の状況ですので、万が一職を失ったとしても、次の職場を見つけることはそう難しいことではないでしょう。
将来性に関しては高いといえます。高齢化社会に伴う介護職へのニーズは、今後益々高まってくると思われます。そうなれば介護ヘルパーの待遇も改善されてくるため、将来性の高い職業といえるでしょう。

介護ヘルパー 仕事のやりがい・本音

介護の仕事は、基本的には人に感謝される仕事です。その為、利用者の方からの感謝をダイレクトに感じる場合が多く、それがやりがいに繋がると答える介護ヘルパーの方がたくさんいます。
また、介護ヘルパーの仕事は、社会的貢献度の高い職業で、人に感謝されると同時に、『社会の役に立っている』という実感の得やすい職業であるともいえます。
利用者が喜んでくれる、社会に必要とされていると感じる……そんな瞬間にやりがいを感じる……というのが本音の介護ヘルパーの人はとても多いようです。

介護ヘルパー 仕事の良い点

介護ヘルパーの仕事は、利用者の方の心の支えになることの出来る職業です。利用者の多くは、自身の老いや障害等から、自身の生活に不安を抱えている人が多く、その人たちの力になることで、強いやりがいを感じる事ができる職業です。これは、人の役に立つ仕事をしたい人にとっては良い点であるといえます。
また、介護ヘルパーという職業は、現在人手不足の状況が続いています。そのため、一度介護ヘルパーの職を離れたとしても、比較的簡単に次の職場を見つけることが出来ます。これもまた、生活していく上では良い点であるといえます。

スポンサードリンク

介護ヘルパー 仕事の悪い点

介護ヘルパーの仕事は、心身共に負担の大きい仕事です。利用者の命を預かっているわけですから、仕事をしている最中、気を抜くことが出来ません。これは、リラックスした環境で仕事を行いたい人にとっては悪い点であるといえます。
また、介護ヘルパーの仕事の中にトイレ介助があります。人の汚物を目の当たりにし、処理をするのは誰もが嫌がる仕事で、実際にこれに耐えられずに介護ヘルパーの仕事を辞めていく方も多くいらっしゃいます。これもまた、悪い点といえるでしょう。

介護ヘルパー 仕事の内容

基本的には、要介護者である高齢者や障害者の人の介護を行う事がメインの仕事になります。似た職業で『ホームヘルパー』がありますが、行うことはほぼ同じで、ホームヘルパーに比べて身の回りをしない……という違いがあります。ですが介護ヘルパーとホームヘルパーの違いは曖昧で、現在はほぼ同じ職業として見られる傾向が強いようです。
具体的な介護の内容ですが、トイレや食事、着替えといった毎日行うことの介助や、利用者の方やその家族の悩みを聞き、解決に導く相談等が挙げられます。

介護ヘルパー 仕事に必要な資格

介護ヘルパーになるには、『介護職員初任者研修』を受け、それの修了試験に合格しなければなりません。この介護職員初任者研修はかつて『ホームヘルパー2級』と呼ばれていた資格で、2013年に呼称とシステムが変更になりました。
この介護職員初任者研修ですが、講義と実技講習併せて130時間の講義を受講し、修了試験に合格する必要があります。講義と実技に加え、実習がある代わりに、終了私見のなかったホームヘルパー2級に比べて、難易度がややアップしています。

介護ヘルパー 仕事に必要なスキル

特に必要と言われているのが、コミュニケーションスキルです。介護ヘルパーは利用者の人たちと心を通わせる事で、信用してもらい、信頼を勝ち取る必要があります。そのため、相手と仲良くなり、信頼を寄せるようになってもらえるよう、コミュニケーションスキルを発揮しなければなりません。
また、介護ヘルパーの仕事には失敗がつきものです。そのため、失敗にくよくよせずせず、トラブルにもへこたれない、強い精神力も必要な素養といえるでしょう。
細かい部分では、口の堅さが要求されます。介護ヘルパーは、様々な家庭のプライベートな部分を知ってしまう機会が多いため、それらを安易に他人に漏らさない口の堅さは、必要な素養といえます。

介護ヘルパーの仕事のまとめ

現在、この日本は高齢化の波が押し寄せています。それにつれて、介護業界の中核を担う介護ヘルパーへの期待とニーズが増大しており、それに比例して、問題となっていた介護ヘルパーの収入や待遇の悪さも、年を追う毎に解消していっています。
確かに、介護ヘルパーの仕事は大変です。上がっているとはいえ、収入の水準はまだ高いとはいえず、人の命を預かる責任の重い職業で、体力的にも精神的にも重圧のかかる仕事と言わざるを得ません。
ですが、現在需要の伸びている業界であることも事実です。将来性も高く、一度職を離れても再就職が簡単な職業であり、今後は将来性もあります。今はまだキツくて収入の低い仕事かもしれませんが、近い将来、輝かしい職業となる資質を持っている職業とまとめることも出来るでしょう。

スポンサードリンク

介護ヘルパーの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング