【[うちの社長は、なぜ「ああ」なのか]石原 明 著で、社長の五つのタイプとそれに対する処方箋がわかります!】

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の名言>>【[うちの社長は、なぜ「ああ」なのか]石原 明 著で、社長の五つのタイプとそれに対する処方箋がわかります!】

【[うちの社長は、なぜ「ああ」なのか]石原 明 著で、社長の五つのタイプとそれに対する処方箋がわかります!】

うちの社長は、なぜ「ああ」なのか 石原 明 著で、社長の五つのタイプとそれに対する処方箋がわかります!

著者がコンサルタント業の経験から、社長を5パターンに分類し、それぞれの会社の悩みや傾向、改善策等が紹介されています。

大企業には「大企業病」がありますが、中小企業にも「中小企業病」がある!

と著者の石原 明氏は言います。

そして、中小企業の病の原因は、社長にあると!!

スポンサードリンク

[うちの社長は、なぜ「ああ」なのか]、では、

うまくいっていない中小企業の社長を5タイプにわけて、

それぞれに対する処方箋をコンサルタントの立場から、

解説しています。

それぞれのタイプごとに記載してあるエピソードは、名前以外はすべて実在する会社のことです。

そこで起った困った出来事とその解決策が具体的に解説されています。

なので、

おもしろく読み進むうちに「中小企業病」のリアルな実態が学べます。

またそれを自分の会社にどのように生かしていけばいいのかもよくわかります。

できれば、社長さんご本人が読んで、身を正してもらいたいもんですね。

でも、なかなかそうはいかないでしょうから、

社員の方が読んで、

「あっ、うちの社長はこれだ!」と気づき、

その処方箋を使って、社長をうまくコントロールするのもありですね。

著者の石原 明さんは、

中小企業の問題のほとんどが、実はその社長さんが持っている価値観やモノの見方、考え方、ひいては性格などが原因で起きている!

と気がつかれたんですね。

『中小企業病』=社長自身の問題ということなんです。

この社長の問題で起こっている『中小企業病』を解決をする解決策を書いたのがこの本なんですね。

この『中小企業病』を解決するために、石原さんがするコンサルがユニークです。

例えば、人を信用しない「他者不振型」の社長には恋愛を薦めています!

びっくりですね。

スポンサードリンク


また、古参社員が会社を牛耳っている場合は、気弱な「振り回され型」社長にはボクシングを薦めています。

まさにぶっとんだ解決策です。

「目先没頭型」の社長は、目先の売り上げばかりを考えていて、

長期目標を持っていません。

この「目先没頭型」タイプの社長には、売るための努力をしなくても、サービスや商品力で顧客に買ってもらえるようにすることを
目指させる。

「振り回しタイプ」の社長は、言うことがコロコロ変化します。

そのため、こんなことが起きてしまいます。

ナンバー2に多大な負荷がかかり、過労気味になる

社員が指示を受けてもなかなか動かない

社長の思いつきで組織が右往左往するので役職者が育たない

とにかく新しいことに挑戦することがもっとも重要な価値観となっている

この「振り回しタイプ」タイプには、部下への指示を口頭ではなくて、文書にさせています。

「リスク回避型」の社長は、現状維持ばかりにこだわっています。

今後の新しいビジネスモデルや方針を出しません。

これでは、社員のモチベーションが下がってしまいますね。

この「リスク回避型」タイプの社長には、もっとリスクを取るようにと促しています。

[うちの社長は、なぜ「ああ」なのか]には、いろいろな社長が登場し、

面白おかしく評されている部分も多いですが、

これらのタイプは「悪い経営者の分類」ではない、と著者は言っています。

欠点と長所は表裏一体であるように、それぞれのタイプの「気をつけなければいけない点」はまた、

うまくすれば会社を発展させるすばらしい原動力にもなる、ということのようです。

耳が痛いですが、己を知って、バランスを取って仕事をしろ!

ということでしょうかね。

スポンサードリンク

【[うちの社長は、なぜ「ああ」なのか]石原 明 著で、社長の五つのタイプとそれに対する処方箋がわかります!】に関連する記事

人気記事ランキング