宇宙航空研究開発機構の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の名言>>宇宙航空研究開発機構の仕事の年収・やりがい・本音

宇宙航空研究開発機構の仕事の年収・やりがい・本音

宇宙航空研究開発機構 仕事の年収・月収

宇宙航空研究開発機構に就職した場合、30歳で月収30万円〜35万円程度、年収では500〜600万程度になります。 もちろん仕事内容によりますが、技術系職種の場合は、40歳で年収800万円以上と言われていますので、他の業界と比べると高い水準と言えるでしょう。宇宙項食う研究開発機構には、宇宙飛行士など特殊業務に携わる人もいますので、平均年収はあくまで目安と考える方がよいでしょう。

スポンサードリンク

宇宙航空研究開発機構 消える職業?消えない職業?

宇宙航空研究開発機構は日本において宇宙航空関連の研究開発を担う重要な独立法人であるため、政策の大きな方向転換がない限り今後も消えることはないでしょう。しかしながら、公務員の給与削減傾向にならって昇給のペースが遅くなっていることは指摘されています。年功序列型の組織形態なので、安定している代わりに民間企業に比べて昇進や昇給において大抜擢ということが少ないかもしれません。

宇宙航空研究開発機構 将来性・安定性

日本の宇宙開発は今後もある程度の成長が見込まれています。日本で宇宙開発に携わった実績があり、英語で仕事ができれば、万が一にも宇宙航空研究開発機構での職務に限界を感じたとしても、他の民間企業あるいは外国の研究機関など他の就職先を見つけることは難しくないでしょう。さらに、独立法人であり民間企業のように競争にさらされているわけではないため、安定性は高いと言えます。

宇宙航空研究開発機構 仕事のやりがい・本音

宇宙開発の仕事を選ぶ人は、給与よりも仕事内容ややりがいを重要視している人が多くいます。まず、宇宙開発を仕事にできるということは容易ではありませんんし、宇宙航空研究開発機構に就職するのは難関と言われています。しかし、採用されたなら他の業種では味わえない宇宙の醍醐味を感じて仕事ができ、それは宇宙航空研究開発機構ならではのやりがい、魅力の一つとなっています。

宇宙航空研究開発機構 仕事の良い点

宇宙開発の仕事につくには高度な専門知識が求められますが、知識を活用し、日々その知見に磨きをかけられることは宇宙を専門とする機関で働く醍醐味と言えるでしょう。また、海外とのやりとりも多く、仕事を通じて一般企業では触れられないような最新情報を得ることができるのも宇宙航空研究開発機構で働く上での魅力と言えそうです。

スポンサードリンク

宇宙航空研究開発機構 仕事の悪い点

宇宙航空研究開発機構を志望し、難関を突破し入所してくる人の多くは宇宙開発や航空開発の仕事に大きな夢を抱いていますので、実際に志望していた職種につけなかった場合にショックが大きいかもしれません。宇宙開発の案件のとりまとめ役とも言える機関ですので、研究開発を担うメーカーの方がより自分のやりたいことができる場合もあるようです。

宇宙航空研究開発機構 仕事の内容

基本的には、研究開発系・研究専任系・経営管理系の3つに分けることができます。 研究開発系は人工衛星やロケットの開発を行い、研究専任系は宇宙に関わる全ての基礎的な研究を行います。この2つは全体の8割の業務を占めます。 他の2割である経営管理系は人事、広報など事務系となります。理系だけでなく、文系の人も宇宙に関わる仕事に興味があれば宇宙航空研究開発機構に応募することができます。

宇宙航空研究開発機構 仕事に必要な資格

宇宙航空研究開発機構で働くほとんどの人は東大や京大といった日本でもトップクラスの大学を卒業しています。例えば東京大学には航空宇宙工学科という科がありますし、また筑波大学には筑波宇宙センターがあることから、これらの大学で優秀な成績を修めることができれば採用に有利に働くかもしれません。また、興味ある業界で働くOBのがいれば、情報を得やすくなるでしょう。

宇宙航空研究開発機構 仕事に必要なスキル

宇宙航空研究開発機構での仕事に一番必要なのは専門知質と対人関係のスキルです。
専門知識はもちろんのこと、チームワークも必要となりますので、人とコミュニケーションを取り、自分の意見を持って的確な発言をする事が求められます。また、国際的な仕事ですので、自分の専門分野について英語で論理的に話すことも必要です。更に、宇宙飛行士ともなれば、高い身体能力も必要とされるため、特殊な訓練に耐える強さを身につける事が必要となるでしょう。

宇宙航空研究開発機構の仕事のまとめ

宇宙に関わる専門機関である宇宙航空研究開発機構で働くには、まずは採用されなければなりません。宇宙開発に興味のある人は、高校・大学の時点で適切な進路選択をし、難関であることを理解しながら地道に準備することが大切です。専門知識をつけると同時に、英語の習得にも力を入れましょう。狭き門ですが、宇宙航空研究開発機構での仕事によって世界が大きく広がるに違いありません。

スポンサードリンク

宇宙航空研究開発機構の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング