二輪自動車整備士の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>仕事・資格の年収>>二輪自動車整備士の仕事の年収・やりがい・本音

二輪自動車整備士の仕事の年収・やりがい・本音

二輪自動車整備士 仕事の年収・月収

二輪自動車整備士の収入は、所属する会社や働き方にもよりますが、一般的には全体の平均に比べてやや低いと言われています。
具体的には、年収で約300万円前後、月収では20万円前後とというデータが出ています。
自動車整備士全体の平均収入が年収で約400万円といわれていますので、それよりも若干低い数字です。これは、4輪の自動車に比べて二輪のバイクは生活質需品ではなく、所持する人の趣味の意味合いが強いという側面があるためと言われています。

スポンサードリンク

二輪自動車整備士の仕事は、消える職業?消えない職業?

自動車整備士全体で見た場合ですと、今後どのような変化が起ころうとも『自動車』という乗り物がなくなることはありませんので、今後も消える職業となることはないでしょう。
ただし、バイクに代表される二輪自動車の需要が少しずつ減ってきているというデータがあります。そのため二輪自動車整備士の仕事も最近は需要が落ちてきています。
ここ数年のうちにバイクという乗り物が無くなることは考えにくいことですので二輪自動車整備士の仕事がなくなることもないとは思いますが、それでも消えない職業と言い切るには、少々不安材料が多いと言わざるを得ません。

二輪自動車整備士 仕事の将来性・安定性

安定性に関してですが、こちらに関しては働き方によります。正社員として企業に雇用されている人の場合、その安定性は通常の正社員並の待遇は得られるでしょう。個人経営のお店を営んでいたり、非正規で働いている場合ですと、それなりの安定性しか得られない場合が多くあります。
将来性に関しては、実際に働く人に話を聞いてみると、みな一様に『ない』といいます。現在はほぼ趣味の範疇になりつつあるバイクで、さらに今後傾向は加速していくものと予想されているためです。そのため、将来性に関しては低いと言わざるを得ません。

二輪自動車整備士 仕事のやりがい・本音

バイクに代表される二輪自動車の整備を行うのが二輪自動車整備士ですが、実際に整備を行うのはお客様のバイクである場合がほとんどです。『自分のバイクが不調だ』というお客様のバイクを整備し、調子が戻った時のお客様の嬉しそうな顔を見ることが、二輪自動車整備士にとってなにより強いやりがいであるといいます。
また、単純にバイクをずっといじっていられることにやりがいを感じている方も多くいらっしゃるようです。希少価値の高い古いバイクから最新式のものまで、ありとあらゆるバイクに触れられる機会が多いのがうれしいという本音を持っている方も少なくありません。

二輪自動車整備士 仕事の良い点

大半の二輪自動車整備士の方が、『バイクに一日中触れていられる』ことを良い点として挙げています。やはりバイクが好きで二輪自動車整備士になった人たちが多く、その人たちにとってはまさに天職といえるでしょう。
また、実際に仕事を通してあらゆるメーカー、あらゆる車種の特徴、短所が分かるようになってきます。そうして自然と身についた知識は実際に自分が車両を購入する際に多いに役立つそうです。バイク好きの人にとっては、これもまた良い点であるといえます。

二輪自動車整備士 仕事の悪い点

大半の方が、その労働環境の悪さに不満を抱いているようです。他の職業に比べて労働時間が長く、扱っているものが二輪自動車ですので、身体にオイルの匂いが染み付くといいます。プライベートの時間をしっかりと持ちたい人、あまり身体を汚したくない人にとっては、悪い点といえるかもしれません。
また、近年では収入の低さも問題になっています。その割に勤務時間が長く、家にいられる時間があまりありません。家族を持つのも大変なようで、その点も悪い点といえます。

スポンサードリンク

二輪自動車整備士 仕事の内容

二輪自動車整備士の仕事は、基本的にはバイクに代表される二輪自動車の整備と販売が主です。二輪自動車の整備と点検、分解や修理、調整などを行います。
また企業によってはバイクの販売や買い取りとその査定、店舗運営も二輪自動車整備士の仕事となります。カスタムを請け負う場合もあるようです。事故が発生した際の対応なども範疇に含まれる場合があり、働く場所によっては非常に多岐にわたる業務をカバーする必要があります。新車を主に扱うお店に勤務する場合は、逆に整備の仕事が少なくなるほどです。

二輪自動車整備士 仕事に必要な資格

二輪自動車整備士の仕事を行うためには、二輪自動車整備士の国家資格が必要になります。
試験には学科と実技試験があります。学科では一般知識、検査方法などの各種知識を問われ、実技試験では点検、分解、組み立て、調整といった必要な技術力を試験で問われます。自動車整備系の専門学校で取得し、そのまま整備会社に就職するのが一般的ななり方のようです。1級から3級まで等級があり、実際に二輪自動車整備士として働くには2級以上の資格が必要です。

二輪自動車整備士 仕事に必要なスキル

まず何よりも、整備士として二輪自動車に関する知識や技能は必要なスキルになります。ただしこちらは資格取得の際に嫌でも勉強するはめになりますので、問題はないでしょう。
また、お客さんのバイクを整備する機会がある関係上、コミュニケーションスキルも大切です。特に会話を通して、どのような問題があり何をどうして欲しいのかといったお客さんの要望を的確につかみとる力が必要になります。
そしてなにより、バイクに代表される二輪自動車が好きだという気持ちが大切です。整備士になれば、日々たくさんのバイクにつきっきりの日々が始まります。バイクが好きでなければ、やっていけないでしょう。

二輪自動車整備士の仕事のまとめ

近年では中々苦しい立場に置かれつつある二輪自動車整備士という仕事ですが、働いている人たちは皆、『バイクに触れていられるのが楽しい』といいます。それだけ、好きな人たちが集っている職業が二輪自動車整備士という職業といえます。特にバイクが好きで好きで仕方がない……という人でなければ勤まらない職業でもある……ともいえます。
確かに取り巻く環境は近年厳しい物があるようです。収入も下がり続け、勤務時間もどんどん伸びているようです。
ですが、バイクが好きな人にとっては、一日中、いろいろな種類のバイクに触れられる職業でもあります。時には最新車種や貴重な車種に触れる機会もあり、それはバイク好きにとって至高の時間であるようです。
まさにやりがいを求めてなる職業とまとめることが出来ます。

スポンサードリンク

二輪自動車整備士の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング