テレビ・プロデューサーの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>テレビ・プロデューサーの仕事の年収・やりがい・本音

テレビ・プロデューサーの仕事の年収・やりがい・本音

tvpuro

テレビ・プロデューサー 仕事の年収・月収

テレビ局と番組制作会社の違いにより、テレビ・プロデューサーの年収は大きく変わってきます。
テレビ局…特にキー局に務めるテレビ・プロデューサーの場合、30代でも年収は1,000万円を超えることも稀ではありません。一番上の役職となるエグゼクティブ・プロデューサーともなると、2,000万円を超えることもザラです。
一方番組制作会社のテレビ・プロデューサーの場合、人気番組をプロデュースしたかどうかで年収は大きく変わってきます。ですが、概ね年収で言えば500万円程度に留まるようです。
中には番組制作会社に努めて年収1,000万円を超えている方もいらっしゃるようですが、それには並々ならぬ努力が必要といえます。

スポンサードリンク

テレビ・プロデューサー 消える職業?消えない職業?

現在インターネットという新しいメディアが出現したことにより、テレビが持つ役割は以前に比べて薄くなってきたと言われています。
しかしその中でより面白い番組を作ろうという、いわゆる『視聴率競争』は益々激化しており、いずれのテレビ局も新しい企画を次々に打ち出しているのが現状です。
その中で大きな役割を果たすのがテレビ・プロデューサーという職業であるといえます。
今後も『テレビ』という存在が無くならない限り、テレビ・プロデューサーという仕事は無くなりません。そしてテレビは、今後も重要なメディアの一つとして存在し続けるでしょう。
ゆえに、テレビ・プロデューサーという仕事が無くなるということは、そうそうないものと思います。

テレビ・プロデューサー 将来性・安定性

テレビ局のテレビ・プロデューサーとなった場合、社員年数によって収入がアップしてくるため、収入面において安定しているといえます。
一方の番組制作会社の場合、いきなり実戦投入されるため、出世に関してはテレビ局のテレビ・プロデューサーより早いといえます。しかし収入がテレビ局に比べると低いため、実力と人脈を身につけたら、転職を繰り返して年収をアップさせていく人が多いという特徴があります。
ただし、そのやり方ですと収入面においての安定性はなく、また制作現場もテレビ局に比べると勤務状況は過酷になります。

テレビ・プロデューサー 仕事のやりがい・本音

テレビ・プロデューサーという仕事は過酷を極めます。昼夜問わず動きまわり、土日祝日関係なく働き続けます。
そんな苦しい思いをしながら制作した番組がテレビで放送され、日本中の視聴者に見てもらえた時の喜びは、何物にも変えられないものとなるでしょう。
『伝えたいものを番組にし、たくさんの人々に届けられる喜び』
これこそがテレビ・プロデューサーの大きなやりがいであるといえます。

テレビ・プロデューサー 仕事の良い点

テレビ・プロデューサーの仕事は『テレビ番組の制作』ですが、その評価が視聴率という非常に分かりやすい評価であることが、いい点であるといえます。そして視聴率のいい番組を制作すれば、それが収入面や出世、新たな番組制作の機会として跳ね返ってきます。
『たくさんの人を感動させた』『大勢の人に受け入れられた』という評価が、番組放送開始とともにリアルタイムで視聴率という形で分かるのは、テレビ・プロデューサーという仕事のいい点といえるのではないでしょうか。
また人によっては、仕事仲間に芸能人の名前が上がるという点もいい点なのかもしれません。

スポンサードリンク

テレビ・プロデューサー 仕事の悪い点

テレビ・プロデューサーの仕事を一言で説明するなら、『過酷』これに尽きます。
昼は出演者や関係者たちとの交渉のため動きまわり、夜になれば仕事上のお付き合いのために外出したりと、まさに昼夜問わず動き回らなければなりません。土日は撮影ロケに同行したりという風に、土日祝日も関係なく、会社に寝泊まりし、何日も徹夜を続けなければならないこともよくあります。
テレビ・プロデューサーになった場合、今後の人生において『のんびりする』という機会は無くなると思って間違いないようです。それほどまでに、テレビ・プロデューサーという仕事は過酷を極めます。

テレビ・プロデューサー 仕事の内容

テレビ・プロデューサーの仕事は番組制作です。『番組制作』といっても、実際の現場での撮影はディレクターが行い、テレビ・プロデューサーは予算の確保と管理、制作スタッフの割り振り、出演者のキャスティングと価格交渉などが主な仕事となります。
それを行うためにも、実現可能な番組の企画を作成して、それを通すことが大きな仕事の一つといえます。『番組の企画をいくつ通したか』というのが、テレビ・プロデューサーとしての評価の一旦を担っているといえます。
また、作成した番組に関する一切の責任を負うこともテレビ・プロデューサーの大切な仕事です。各現場や放送で発生した問題に関しては、テレビ・プロデューサーが解決しなければなりません。

テレビ・プロデューサー 仕事に必要な資格

テレビ・プロデューサーになるために特別に必要な資格というのはありませんが、テレビ局に入社したい場合は、大卒以上の学歴が必要なようです。番組制作会社の場合、学歴はそこまで重要視はされていません。
テレビ・プロデューサーには経験やセンスが求められる職業なので、このように学歴に関してはあまり重要視されない傾向があるようです。

テレビ・プロデューサー 仕事に必要なスキル

まず何よりも『強い心』が必要な職業です。テレビ・プロデューサーという職業はもちろん、その役職につくための下積み時代とも言えるADでさえ、勤務状況は過酷を極めます。そんな中で心が折れることなく頑張り続け、テレビ番組を作るんだという強い意志を持ち続けることが極めて重要です。
次に必要なのは『コネクションを作るスキル』。テレビ・プロデューサーという職業はその特性上、たくさんの人と知り合い、親交を深める必要があります。自分の知り合いの中に番組制作に必要なスキルを持つ人間がいなければ、番組を作りたくても作れないというジレンマに陥ってしまいます。それを避けるためにも、幅広い人と親交を深める事ができるスキルは必要です。
その他にも交渉スキルや時代の流れ・ニーズを読むスキル、『面白そうだ』と思えばどんなことにでも突撃していく好奇心なども必要なスキルだと言われています。
あるテレビ・プロデューサーの話ですが、彼はテレビはもちろん、自身が面白そうだと思えば映画や演劇、はてやシンポジウムや大学教授の講演会などにも顔を出しているそうです。すべては面白い番組を制作するため…とのことです。

テレビ・プロデューサーの仕事のまとめ

インターネットの出現以降、次第に影が薄くなっている印象のあるテレビというメディアですが、そんな中でテレビ・プロデューサーが担う役割というのは以前よりも高まっています。
確かに、勤務状況は過酷を極めるでしょう。24時間1年365日、常にテレビ番組のために忙しく動きまわる宿命にあるといっても過言ではありません。実際に挫折して辞めていく人も多い業界です。
しかしだからこそ、自身が作り上げた番組がテレビで放送された時の喜びはひとしおです。また、『視聴率』という分かりやすい数字で高評価を受けた時の喜びと、それが社会に及ぼす影響は計り知れません。
また、現在テレビ制作会社では人出が足りない状況が続いています。テレビ・プロデューサーという仕事は誰に対しても、常に門戸を開いている状況であるといえます。過酷な環境に負けない心さえあれば、誰にでもそのチャンスが巡ってくるという点では、あらゆる職業の中でも群を抜いている職業といえるでしょう。

スポンサードリンク

テレビ・プロデューサーの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング