テレビカメラマンの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>テレビカメラマンの仕事の年収・やりがい・本音

テレビカメラマンの仕事の年収・やりがい・本音

tvcamera

テレビカメラマン 仕事の年収・月収

テレビカメラマンとして就職した場合、30歳で月収30万円〜35万円程度、年収では500〜600万程度になります。 もちろん仕事内容によりますが、40歳で年収800万円以上と言われていますので、他の業界と比べると高い水準と言えるでしょう。しかし、勤務先によって大きな差がありますので、平均年収はあくまで目安と考える方がよいでしょう。

スポンサードリンク

テレビカメラマン 消える職業?消えない職業?

テレビカメラマンはテレビの世界でカメラマンとして働く仕事です。テレビが存在する限り、今後も消えることはないでしょう。しかしながら、昨今ではウェブ媒体やスマートフォンなど新しいメディアが台頭してきており、テレビの影響力は今までほど絶大ではなくなりつつあります。テレビ業界で培ったスキルや専門性は他のメディアでの動画撮影等にももちろん有効であることから、将来的に消えゆくということは考えにくいでしょう。

テレビカメラマン 将来性・安定性

日本のテレビ業界は今後もある程度の成長が見込まれています。日本でテレビに携わった実績があり、英語で仕事ができれば、万が一にも日本でのテレビカメラマンでの職務に限界を感じたとしても、テレビ以外の新しいメディア、あるいは外国のメディアなど他の就職先を見つけることは難しくないでしょう。テレビ局のカメラマンとして仕事をしていれば、競争にさらされているわけではないため、安定性は高いと言えます。

テレビカメラマン 仕事のやりがい・本音

テレビカメラマンの仕事を選ぶ人は、給与よりも仕事内容ややりがいを重要視している人が多くいます。まず、テレビの世界で仕事ができるということは容易ではありませんし、テレビカメラマンとして就職をするのは難関と言われています。しかし、採用されたなら他の業種では味わえないテレビ業界の醍醐味を感じて仕事ができ、それはテレビカメラマンならではのやりがい、魅力の一つとなっています。

テレビカメラマン 仕事の良い点

テレビ業界の仕事につくには現場での経験、高度なスキルが求められますが、身につけた知識を活用し、日々その知見に磨きをかけられることはテレビ業界で働く醍醐味と言えるでしょう。また、有名人との接触や海外とのやりとりも多く、仕事を通じて一般企業では触れられないような最新情報を得て、自らメッセージを発信することができるのもテレビカメラマンとして働く上での魅力と言えそうです。

テレビカメラマン 仕事の悪い点

テレビカメラマンを志望し、難関を突破して入社してくる人の多くはドラマやバラエティなどの仕事に大きな夢を抱いていますので、実際に志望していた職種につけなかった場合にショックが大きいかもしれません。自分のやりたいことができるかどうか、また心身ともにタフできつい現場に耐えられるかなど、情熱を持って取り組めるか考える必要があるでしょう。

スポンサードリンク

テレビカメラマン 仕事の内容

基本的には、2つの種類のテレビカメラマンがいて、報道系と技術製作系にわかれます。報道カメラマンはまさに事件や事故を担当し、技術製作系カメラマンはドラマやバラエティ、音楽番組などの一般番組を担当します。報道カメラマンには迅速な対応能力や真実へのこだわりが求められます。ドラマ、バラエティの撮影には独特のセンスや感性が求められることが多いです。いずれにせよ、学校で学び、そして現場で経験を積むことで一流のカメラマンを目指すことなります。

テレビカメラマン 仕事に必要な資格

テレビカメラマンとして働くには、専門学校などがありますが、資格は必要ありません。例えば東京ビジュアルアーツ専門学校にはテレビカメラマンコースという科があり、このような専門学校で優秀な成績を修めることができれば採用に有利に働くかもしれません。また、興味ある業界で働くOBがいれば、採用情報などを得やすくなるでしょう。

テレビカメラマン 仕事に必要なスキル

テレビカメラマンの仕事に一番必要なのは専門知質と対人関係のスキルです。専門知識はもちろんのこと、チームワークも大変大切となりますので、人とコミュニケーションを取り、自分の意見を持って的確な発言をする事が求められます。また、創造的な仕事ですので、自分の専門分野について論理的に話すことも必要です。更にテレビカメラマンとしてには相当な体力も必要とされるため、ハードな仕事に耐えてパフォーマンスを発揮するには心身ともにタフさが必要となるでしょう。

テレビカメラマンの仕事のまとめ

テレビカメラマンとして働くには、まずはどこかに採用され実力をつけなければなりません。テレビカメラマンの仕事に興味のある人は、専門学校へ進むなどの適切な進路選択をし、難関であることを理解しながら地道に準備することが大切です。専門知識をつけると同時に、人間関係の構築にも力を入れましょう。狭き門ですが、テレビカメラマンの仕事によって世界が大きく広がるに違いありません。

スポンサードリンク

テレビカメラマンの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング