放送作家の仕事の年収は500万円。視聴者に素晴らしい番組を届けられた時にやりがいを感じる

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>放送作家の仕事の年収は500万円。視聴者に素晴らしい番組を届けられた時にやりがいを感じる

放送作家の仕事の年収は500万円。視聴者に素晴らしい番組を届けられた時にやりがいを感じる

放送作家の仕事の年収・月収

放送作家の収入は、手がける番組の数によって決まります。放送作家の仕事は基本的にはバラエティーやドキュメンタリー等のテレビ番組の脚本を書くことが仕事になり、その脚本料が収入となりますが、売れっ子の放送作家の場合、週に7~8本、時には10本以上の脚本を手がけることもあります。
一本あたりが大体10万円前後と言われているので、仮に売れっ子の放送作家の場合ですと、週に10本の番組を手がけた場合、月収では400万円、年収に換算して4,000万円以上となります。
ただし、それだけの収入を得ることが出来る放送作家は極わずかで、多くの放送作家は年収300万円から500万円、かけだしの放送作家の場合ですと年収100万円以下も多いという話です。

スポンサードリンク

放送作家は消える職業?消えない職業?

現代の日本ではテレビの視聴時間が縮小傾向にある一方、ラジオの視聴時間が若干好転し始めていたり、テレビのCSチャンネルが増加したりなど、全体として放送作家が活躍する場面が増えています。
ですが現在、放送作家の数自体も年々増え続けています。ベテランの台頭や、お笑い芸人からの転身の増加等、放送作家が活躍する場が増えている分、放送作家の絶対数も増えています。
よって、今後も放送作家としての仕事自体はなくならないものの、ニーズの総量は今と変わらない状態が続くといえるのではないでしょうか。もちろん、常に新しいものを求め続ける業界ですので、常に斬新にアイデアを提供する放送作家を業界全体が求めているという状況は、今も昔も変わらないと思います。

放送作家の仕事の将来性・安定性

放送作家という仕事は、常に他の放送作家との競争で仕事を得ています。日々面白いことを提供し続けることが出来ない限り、放送作家として生きていくことは難しいといえます。新しい番組を任せられたら、どこかで他の放送作家の仕事がなくなっている…その状況が常なのが、放送作家という業界です。
そのため、実力と実績が無い限り、放送作家としての将来性は中々難しいかもしれません。今現在は『生活が出来ればいい』という理由で仕事量をセーブしている放送作家も多いですが、それすら取り合いになった時、放送作家としての競争はさらに激化していくことでしょう。
もちろん、本人の才能やスキル、実績によっては、莫大な収入を得ることも出来ます。ただしそれは、ほんの一握りの放送作家だけです。

放送作家の仕事のやりがい・本音

多くの放送作家が、視聴者に素晴らしい番組を届けられた時にやりがいを感じるといいます。放送作家は非常に多忙な職業です。プライベートな時間はおろか寝る時間すらありません。にも関わらず、非常に生き生きと仕事をこなすアクティブな放送作家が多いのは、こういったやりがいを感じる機会が多いからだと言われています。
また、いつも自分が作りたいジャンルの番組を作れるとは限りません。本当はバラエティー番組を作りたいのに、ドキュメンタリー番組を作らなければならない…そういった機会も放送作家にはよくある場面です。そういった時、ドキュメンタリーの中にバラエティー要素を工夫して入れ、全く新しいジャンルの番組を作り上げる…そういったことも、放送作家ならではのやりがいといえます。

放送作家の仕事の良い点

多くの放送作家が、『自分の考えたことが番組に反映される』という点を良い点と考えています。放送作家は自身のアイデアを番組で形に出来る職業です。自分のアイデアが多くの視聴者に見える形に出来るということは、クリエイター職としての非常に魅力的な点です。
また、放送作家として培ったノウハウは、他のエンターテイメントの業界でも活かしやすいというメリットがあります。著名な放送作家は、放送作家だけではなく脚本家や作詞家としての側面を持っている事が多く、それがさらなる収入の増加に繋がります。今ではAKB48のプロデューサーとしても知られる秋元康さんですが、最初期は放送作家として名を馳せていました。

放送作家の仕事の悪い点

やはり多くの放送作家が、プライベートはおろか寝る時間するないほどの多忙さを極めており、そこに不満を覚える人も多いようです。
また、放送作家はある種のサービス業だと言う人もいます。テレビ番組のプロデューサーやディレクターに気に入られることで仕事をもらえるケースが多く、そのためにプロデューサーやディレクターにサービスをする必要が出てきます。中には強烈ないじりや不快な言動をしてくる人もいるでしょう。そういった人たちにも尽くさなければなりません。そういった人間関係の部分に疲れ果て、放送作家をやめていく人も多いと聞きます。

スポンサードリンク

放送作家の仕事の内容

放送作家の仕事は、テレビやラジオの番組の台本を書くことです。そのため、台本を書くための企画を立てるところから、放送作家の仕事はスタートします。企画を立て、番組全体の構成を考え、それを台本に起こします。担当する番組のジャンルは問いません。ドラマや報道番組以外であれば、番組には必ず台本します。そしてそれを作り上げるのが、放送作家の仕事です。

放送作家の仕事に必要な資格

放送作家になるために必要な資格というものは特にありません。放送作家が100人いれば100通りのなり方があると言われている業界で、そのなり方も様々です。例えば、ダウンタウンと幼なじみだった高須光聖さんは東京で就職難に陥っていた頃、たまたま仕事で上京していたダウンタウンの松本人志さんに誘われ、放送作家の道を歩み始めています。
他にも、著名な放送作家の弟子となる、ひたすら企画を考え、それをテレビ制作会社に持ち込む、テレビ局にADとして入社し、コネクションを作る…といった色々な道筋があります。
意外なところですと、ラジオ番組の中でリスナーとして毎回面白いハガキを当初する『ハガキ職人』になっていると、声がかかるという事例も多くあるということです。

放送作家の仕事に必要なスキル

まず何よりも、『テレビが大好き』であるという点です。多くの放送作家が、『自分はテレビが大好きだ』と答えています。番組の企画を考え、台本に起こすのに、テレビ番組が嫌いでは話にりません。テレビ番組を見ながら『自分だったらこういう風に番組を仕上げる』と思えたりするのなら、それは立派な放送作家としての資質です。
また、『人を喜ばせるのが好き』というのも、大切な資質です。放送作家にはどういう形であれ『面白さ』を求められることが多いですが、それは『番組を試聴している人に喜んでもらうため』です。人に喜んでもらうための努力は惜しまない人であれば、資質があるといえるでしょう。
加えて、放送作家としての仕事を得るためには、業界内外でのコネクションも非常に重要です。そのための対人スキルもあったほうが良いでしょう。鈴木おさむさんは自身の番組に力士を出演させることがよくあります。それは、横綱の白鵬関と親交を深める中で、力士という人たちの面白さに気付いたからだといいます。これも、自身が構築したコネクションを活用した好例といえます。
他にも、番組の台本を書くという作業があるわけですから常識的な日本語の作文力は必要になるでしょう。企画がボツになることもザラですから、そこで折れない心も必要といえます。

放送作家の仕事のまとめ

なり方は多様。収入は手がけた番組の数に応じて。まさにクリエイター色の強い職業が、
この放送作家という仕事です。多忙な仕事内容や、仕事がなければ収入も安定しないなど、たくさんのデメリットを抱えた職業です。
ですが、実力と実績があれば、高収入を見込めるのも、放送作家の良い点です。また、その実績や経験を活かすことで、放送作家の枠を飛び越えた仕事をすれば、さらなる知名度アップに繋がり、さらに仕事が舞い込んでくるという好循環にもなります。
確かに現状は厳しい部分もある放送作家という職業ですが、その分リターンも大きく、無限の可能性を秘めた職業であるといえるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

放送作家の仕事の年収は500万円。視聴者に素晴らしい番組を届けられた時にやりがいを感じるに関連する記事

人気記事ランキング