【毎月10万円稼げて週休5日は〇○資格を持っているおかげ!その資格とはコレだ!】

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>【毎月10万円稼げて週休5日は〇○資格を持っているおかげ!その資格とはコレだ!】

【毎月10万円稼げて週休5日は〇○資格を持っているおかげ!その資格とはコレだ!】

dai2silyusikaku

毎月10万円稼げて週休5日は〇○資格を持っているおかげ!その資格とはコレだ!

この美味しい仕事をしているのは、
PRESIDENT Onlineによれば、
61歳の元技術者です。

スポンサードリンク

○○資格のおかげで、こんな美味しい仕事にありついたんですね。
その資格とは、
第二種電気主任技術者の資格です!

[ここから引用:PRESIDENT Online]

早船利信氏(61歳)は定年の3カ月後に
自分の理想とする週2日勤務の職場を射止めた一人だ。
前職は製薬会社の100%出資子会社の事業部長。
工業高校卒業後、本体の製薬会社に入社し、
以来、社歴の半分以上を工場の生産技術部門で働いてきた。
その間に社会人大学・大学院に通い、修士号を取得するほどの努力家でもある。

早船氏の派遣先企業はなぜか不動産などを扱う金融信託会社だ。
金融というまったく異なる業種で職を得ることになった決め手は資格にあった。

「私は金融は門外漢ですから、本来なら私のような人材は必要なかったと思います。
ところが、今年7月の再生可能エネルギーの全量買い取り制度のスタートを機に、
広い土地を持つ信託会社と大手メーカーが組んで太陽光や風力発電施設の建設と運用の事業を始めたのです。
そこで電気のわかる人が必要ということになった。
私が生産技術部門時代に取得した第二種電気主任技術者の資格を持っていたことから白羽の矢が立ったのです」
(早船氏)

[ここまで引用:PRESIDENT Online]

第二種電気主任技術者の資格が生きたんですね!

見事に資格が役に立った好例ですね。
私もある資格を持ってはいますが、それで、どこかの企業に再就職できるとは思えません。
その資格は、今まで仕事に役立ったことはなく、
まあ、
趣味程度のものだからです。

人材派遣を活用して仕事を見つけているんですね!

派遣会社を使うと、給料の30%以上も派遣会社に搾取されてしまいます。
デメリットが多いですよね。

ただ、この早船氏のようなシニアの場合は、
派遣会社も役にたつようです。

派遣社員を求めている企業側も、
そして、
派遣社員になるシニア側も元々長期勤務を前提としていない点が、
マッチしているんです。

しかも、
企業が求めるある特定の仕事の能力と無駄のない勤務時間だけで契約できる訳ですから、
便利なわけです。

なので
こんな、
週休5日で、給料は月10万円という条件がありうるんですね。

スポンサードリンク

若い人で、家族の生活や家のローンを抱えていては、
月10万円の稼ぎでは、とてもやってはいけません。

ところが、早船氏のようなシニアは、
自分のお小遣いのためだけに働いているんです。

月10万円も稼げれば、最高ですね。

技術者として有名な資格を持ち、会社経験をも売りにした再就職がうまくいった!

今の求人は、
測量技師とかカメラマンとか薬剤師など、誰でもその資格の名前や専門性をを知っているものについて、
増えています。

早船氏の持っている第二種電気主任技術者の資格も有名で、専門性の高いものです。

こういう資格は、日本中どこでも需要があるんですね。
会社員時代にこういう資格や専門性を高めておくことが生きますね。

週休5日で毎月10万円、自分の小遣いにする給料をもらえたら、
幸せな老後が送れそうです。

なにしろ、
週休5日ですから、
月10万円の小遣いで、
自由に生きることができます。

趣味でも運動でも、旅行でも、やり放題ですね。
しかも、
生活は年金で十分成り立ちます。

お金に縛られず、
自由に生きていく時間を確保することが、
これからの最善の生き方だと思います。

スポンサードリンク

【毎月10万円稼げて週休5日は〇○資格を持っているおかげ!その資格とはコレだ!】に関連する記事

人気記事ランキング