トリマーの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>トリマーの仕事の年収・やりがい・本音

トリマーの仕事の年収・やりがい・本音

トリマー 仕事の年収・月収

トリマーの月収・年収は当然所属している会社によって違いますが、だいたい月収は10万円前後です。
大手企業になると15万円くらいですかね。一般的なペットショップや個人のドッグサロンになると10万円前後が妥当だと思います。
年収は120万円から180万円くらいですね。

ただ、トリマーはペットショップやドッグサロンだけでなく、今では動物病院にもいます。
動物病院のトリマーは月収15万円くらいだと思います。月収15万円の大手企業だと、年収180万円、月収10万円だと、年収120万円ととても差がでます。
それから、保険や年金など引かれたものが手取りです。

スポンサードリンク

トリマー 消える職業?消えない職業?

トリマーは今のところ、消えない職業だと言えるでしょう。犬や猫をお金を出して飼うという人が増えています。
そして、お金を出して自分の愛犬をキレイにそして可愛くしてもらおうとペットにお金をかけるお客さんがとても増えているからです。
以前でしたら、お金を出さなくても自分の家で洗ってすませていたはずです。

しかし、最近は1回シャンプーをしてもらうだけで犬種によっては7,000円程かかるのに平気で月1回連れて行くお客さんがほとんどなんです。
そこから考えるとトリマーは消えない職業と考えていていいと思います。

トリマー 将来性・安定性

トリマーは、安定した職業とはいえないでしょう。
常連のお客さんがつけばいいですが、毎回違うところに行くお客さんだっていますし自分が思っていたのと違うという思いの方だっています。

チェーン店のペットショップのトリマーだとまだ安定しているほうだと思います。
個人のサロン店などだとお客さん一人の言葉でお店のうわさが広まりお店の評判が決まります。
一度ついた印象はそう簡単に変わりません。将来性はなんとも言えないですね、その人の技術とコミュニケーション能力、経営力などしだいです。

トリマー 仕事のやりがい・本音

トリマーはやりがいはとてもある仕事だと思います。その分、きついです。
トリマーは、犬を洗ってカットすればいいっていうわけではありません。確かに、洗ってカットしてお客さんに返すのが仕事です。それは間違っていません。

しかし、トリマーとは、シャンプーにきたわんちゃん達の体調の軽い変化や皮膚の状態などみたりします。
正直、日によって予約数も違うのできつい日もあれば楽な日もあります。噛まれることだってあります。
しかし、どんなわんちゃんだってキレイにしてあげたいと思う人だったらとてもやりがいはあります。

トリマー 仕事の良い点

トリマーの良い所は、犬好きなら毎日わんちゃんに会える、わんちゃんにさわることが仕事、わんちゃんをキレイにそして可愛くしてあげられるそういう仕事です。
人によって嫌いな犬種いるかもしれません。しかし、自分が犬好きなら幸せじゃないかなと思います。

だって、自分の好きなことを仕事にできるのだから、自分の手で大好きなキレイに可愛くできるんですから。そういったことがトリマーの良い点だと思います。

スポンサードリンク

トリマー 仕事の悪い点

トリマーの悪い点は、給料が安い、日によって仕事量が違う、お盆、年末がすごく忙しい、犬から噛まれるなどです。
給料は本当に安いです。日によって仕事量が違うのは、だいたいどこのショップも予約制のところがほとんどです。

いきなりお客さんが連れてきて今からしてくださいといわれても困るからです。なので、日によってはほとんど予約が入らないこともあります。
そのため、日によって差がでます。ペットショップやドッグサロンでは、トリミングだけでなくペットホテルをやっているとこが多いです。
そのため、お盆や連休などは出かけるため犬を預ける方がとても多いです。
後、一番は犬に噛まれることです。甘噛みならまだしも、怖くて本気噛みをしてくる子もいるので注意が必要です。

トリマー 仕事の内容

主な仕事内容ですが、猫ちゃんは爪きりのみ、わんちゃんは爪きり、耳掃除、耳毛抜き、ひげカット、足裏のバリカン、お腹のバリカン、陰部周りのバリカン、シャンプー、ドライング、カットが主な仕事内容です。
犬種やカットの種類によってしないことや他にすることがある子もいます。これが基本的なトリミングの内容ですが、ただこれをこなすのは作業化しています。

トリマーがすることは、いかにわんちゃんにストレスを与えないで短時間で怪我をさせずにこの内容を行い、
そしてわんちゃんの皮膚の状態など健康面でトリミング中に確認できることを確認しお客様に伝えることです。

トリマー 仕事に必要な資格

絶対になくてはいけない資格はありません。
JKC公認のライセンス試験を受け取得する資格が主流ですが必ずいるというわけではありません。

必要なショップもあります。自分のお店を持ちたい方はライセンスのB級やA級は持っていたがいいでしょう。
しかし、もっているからといってライセンス試験で行うカットは職場ではほとんどといってしません。
そのカットを知らないという人がほとんどです。なので、上を目指すなら取っていたほうがいいです。

トリマー 仕事に必要なスキル

トリマーに必要なスキルはトリミングの技術、接客術です。いかに、お客様のお望みのカットをするかです。カットする前にわんちゃんをお預かりの際に、どのようなスタイルにしたいかを詳しく聞く接客術、そ.してそれを仕上げるためのトリミング技術、そして最後にわんちゃんをお返しするときにカットして仕上がったスタイルを気に入ってもらいリピーターになってもらう接客術です。

スポンサードリンク

トリマーの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング