電車運転士の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>所詮この世は金と愛>>電車運転士の仕事の年収・やりがい・本音

電車運転士の仕事の年収・やりがい・本音

電車運転士 仕事の年収・月収

電車運転士の収入は、勤務地や勤続年数、ポジションによって大きく変動するようです。平均値では、都市部の大手鉄道会社勤務の場合、30歳で600万円前後、地方の私鉄では400万円程度と差が出ています。これを元に月収を計算すると、約45~30万円前後となります。
会社によってバラつきもありますが、新幹線等の高度な技術を必要とする車両の運転士の場合は、さらに水準が上がる傾向があります。
また、収入以外に電車運転士は福利厚生が充実している傾向があります。特にJR等の大手鉄道会社の場合は社会保険やクラブ活動、保養所の設置、自社の社宅や病院にいたるまで、充実しています。

スポンサードリンク

電車運転士の仕事は、消える職業?消えない職業?

現在、電車運転士の中核を担う段階の世代の大量退職を受け、電車運転士の人手不足が深刻になっています。育成には多大な費用と時間がかかるため、各社ともに経験者を募集する傾向があります。
そのため、現在は需要の高い職業とも言えるわけですが、気になるデータもあります。日本で『2020年までになくなる職業』というリストが発表されていますが、その中に電車運転士も名を連ねています。正確な電車の運転を司る電車運転士という職業は、科学技術が発展した将来においては、人間ではなく機械が行っても事足りる職業と判断されているからです。
そのため、今後に関してはまだ分からない状況といえます。すぐに消える職業とはいえない部分はありますが、現在においても無人で動く電車の存在もあります。そのため、消えない職業と言うことはできません。

電車運転士 仕事の将来性・安定性

現状においては、将来性、安定性共に高い職業といえます。安定性に関しては、すでに社会において必要不可欠なインフラである電車の運転に携わる職業ですから、経験をしっかりと積んでいれば、そう簡単に仕事に困るという事態にはならないでしょう。
将来性に関しても同様に、勤続年数や役職によって収入はアップしていきます。平均を見ても比較的高い水準が維持されている仕事ですから、その将来性も高いといえるでしょう。
ただし、現在は鉄道会社が別の事業に参画するケースが増えています。そういった自社の動向に注目することも大切です。

電車運転士 仕事のやりがい・本音

電車運転士が運転する電車というものは、公共性の高い乗り物で、すでに社会にとってはなくてはならないものになります。
そのため、そのような公共性の高い乗り物の運転に携わっているという事実は、電車運転士の人たちにとっては大きなやりがいになるようです。
また、電車運転士の人たちは、厳しい訓練と勉強を重ねた末になれる職業です。そのような試練をくぐり抜けてきた人たちが、絶対に事故と遅れを起こしてはならないという重圧の中、毎日電車を運転しています。こういったある種の使命感にも似た気持ちは、電車運転士の人たちにとっての誇りである、という本音を答える方もいます。

電車運転士 仕事の良い点

やはりこのご時世、安定して需要のある職場で働けるという点は良い点であるといえます。しっかりと経験と実績を積んでいれば、今後仕事に困るということは決して無いでしょう。それは、安定した立場で働きたい人にとっては良い点であるといえるでしょう。
また、電車運転士になる人たちは、根本的に電車が好きな人立ちばかりです。小さい頃から電車が好きで、それが高じて電車運転士になった方たちが多く、大好きな電車を運転することが出来るという点も大きなメリットになる……と答える方もいます。

電車運転士 仕事の悪い点

電車はたくさんの人達を乗せて運ぶ乗り物で、時間厳守で運行することが求められます。何か事故があれば大惨事に繋がる乗り物を、一分単位で運行しなければならないプレッシャーは、相当なものであるといえます。これは、リラックスした環境の中で仕事をしたい人にとっては悪い点といえるでしょう。
また細かいところでは、電車の運転中は運転席から動くことが出来ません。その間、仮にトイレに行きたくなってもトイレに行くことも出来ず、我慢しなければなりません。自由に動くことが出来ないという点も、悪い点といえるでしょう。

電車運転士 仕事の内容

電車運転士の仕事は、電車を時間通りに、かつ安全に運転して、乗客を目的地まで連れていくことです。電車は一度に沢山の人を運ぶ乗り物なため、万が一事故が発生した際には大惨事に繋がる可能性もあります。そのため、長い時間をかけて訓練を行い、事故なく安全に運転出来るよう、スキルを磨いていきます。
また、電車はダイヤと呼ばれる運行表で管理される乗り物です。時間通りに厳密に運行されることが求められ、安全に、かつ時間に正確に運行されることがなによりも大切です。
それらに加えて乗り心地にも考慮した運転を日々心がけ、大きなプレッシャーの中で電車を運転することが、電車運転士の仕事となります。

スポンサードリンク

電車運転士 仕事に必要な資格

電車運転士になるには「動力車操縦者免許」の国家資格が必要です。この国家資格は国からの委託を受けて、各鉄道会社にて取得が可能です。
この国家資格を取得するためには、鉄道会社に就職して1年かせ数年の間、車掌としての経験を積んだ後に養成所で訓練を受ける必要があります。
鉄道会社に就職するには、高校を卒業後に鉄道学科を持つ専門学校や大学に進学し、鉄道会社の採用試験を受ける必要があります。
また、新幹線は個別に『新幹線電気車』という免許も必要になります。

電車運転士 仕事に必要なスキル

電車運転士に必要なスキルは養成所で培われるので、特に事前に身に着けるスキルはありません。
必要とされる能力でいえば、たくさんの乗客の命を預かる仕事であるという責任感、分刻みのダイヤを正確に運行するために必要な集中力、さらにアクシデントやトラブルがあった歳に冷静かつ的確に対処するのに必要な判断力などが挙げられます。
特に一歩間違えればたくさんの人々の命が奪われかねない乗り物なため、責任感と集中力は重要と言われています。

電車運転士の仕事のまとめ

世界から見た際、日本の電車の運行はその分刻みのスケジュールに驚かれるケースが多いようです。分刻みの神がかり的なスケジュールの中、事故もなく、かつ一分の遅れもない運行は、ひとえに電車運転士の運転技術がもたらした結果です。
このような日本の電車をささえる電車運転士ですから、なるのも大変です。その分手厚い収入や充実した福利厚生などが魅力です。
昨今では『消える職業』という側面も抱える電車運転士ではありますが、それでもまだ電車運転士が活躍する場はあるでしょう。日本が誇る職業とまとめることができます。

スポンサードリンク

電車運転士の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング