ツアーコンダクターの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>所詮この世は金と愛>>ツアーコンダクターの仕事の年収・やりがい・本音

ツアーコンダクターの仕事の年収・やりがい・本音

tour-conductor

ツアーコンダクター 仕事の年収・月収

ツアーコンダクターの仕事はクライアントの要望に添って旅行を統率する仕事です。クライアントは企業や個人など多岐に渡りますが、クライアントが思いつかないような旅行を提案、具現化するのがツアーコンダクターの仕事です。ツアーコンダクターとして仕事をした場合の年収はおよそ400万円と言われています。月収は所属する組織の規模に左右されますし、案件次第のところがありますが、実力のあるツアーコンダクターであれば高収入も十分にありえます。実力に応じた収入であるため、経験・スキル、人脈に応じて年収が上がる可能性があります。

スポンサードリンク

ツアーコンダクターの仕事は、消える職業?消えない職業?

ツアーコンダクターとひとことで言っても、その範囲は幅広く、たくさんの種類のお仕事があります。ツアーコンダクターは旅行企画に関わるさまざまな職種の人たちを取りまとめるのも仕事のひとつです。旅行業界がある限り消える職業ではないですが、ツアーコンダクターとして安定して仕事をするには多数の現場経験が不可欠です。旅行案内が仕事ですから英語だけでなく他の原語でも仕事ができれば国内・海外で活躍の場が広がるでしょう。海外旅行の案件は多いので、人気ツアーコンダクターとして実力が認められれば世界中で活躍することが可能です。

ツアーコンダクター 仕事の将来性・安定性

組織に所属するか、独立して仕事をするかは本人次第ですが、ツアーコンダクターとして培ったスキルは国内外で役に立つでしょう。ツアーコンダクターとしての実力があれば、仕事は途切れることなく、将来性・安定性は高いです。ただし、一人前になるまでにある程度の下積み期間が必要と言われています。常に実力を磨き、どこでも通用するようなスキルを身につけることができれば、経験に応じてステップアップすることができます。継続して実績があればアピールでき、次のクライアント獲得などでも有利に働くでしょう。

ツアーコンダクター 仕事のやりがい・本音

ツアーコンダクターの仕事のやりがい・本音は、そのときどきでユニークな仕事ができるところにあります。クライアントと安定的な関係があれば仕事は途切れません。口コミで次の添乗が決まります。売れっ子ツアーコンダクターであれば新しいクライアントからお声がかかる状態です。コミュニケーション能力が高く、お客様を楽しませることができる人に向いていると言えます。お客様と旅の醍醐味を共有できるのはツアーコンダクターの最大の仕事のやりがいと言えるでしょう。オリジナルの旅行(=商品)を提供するのは容易ではありませんが、ひとつしかない旅の思い出を提供できることはツアーコンダクターのやりがいといえるでしょう。

ツアーコンダクター 仕事の良い点

ツアーコンダクターの仕事の良い点としては、実力さえあれば世界がどんどん広がる点です。様々な旅行商品、お客様に関わることができるやりがいある仕事です。仕事で有名観光地に行くこともあり、旅が好きな人にとっては至福でしょう。行きたいところへ行けるかは別ですが、旅行が仕事になるのがツアーコンダクターの仕事の良い点と言えるでしょう。海外旅行担当の添乗員であれば、お客様を満足させるためとはいえ、世界中を旅行することが仕事になるのです。

ツアーコンダクター 仕事の悪い点

ツアーコンダクターの仕事の悪い点は、下積み時代が長く、一人前のツアーコンダクターになれるかどうかは保証されないという点です。クライアントありきの仕事ですので、もし行きたいところがあっても、クライアントの要望と合致しなければ実現できないこともあるでしょう。

スポンサードリンク

ツアーコンダクター 仕事の内容

ツアーコンダクターの仕事の内容は、幅広く専門性が必要になってきます。例えばツアーコンダクターの仕事はジャンルや対象となるお客様によって細分化され、それぞれに異なる専門性が必要です。ひとつの旅行で出発から帰国まで責任をもって担当するので、クライアントの要望をとらえて柔軟に対応するスキルが必要です。責任感がしっかりある人物かどうか、臨機応変にトラブルに対処できるかどうかはツアーコンダクターの仕事をするにあたって重要です。

ツアーコンダクター 仕事に必要な資格

ツアーコンダクターの仕事に絶対必要な資格というものはありませんが、多くのツアーコンダクターは大学などで語学を学び、旅行関連の会社で添乗員としてのスキルを磨きながら修行をします。ツアーコンダクターとして採用・配属されることがまず第一関門です。旅行ビジネスや語学、各国の歴史などを勉強してきたことをアピールすれば、ツアーコンダクター候補として採用される可能性は高まるかもしれません。ツアーコンダクターとして仕事を得るにはある程度の下積みが必須ですので、はじめは収入が低くてもがんばって勉強させてもらうのが一人前になる近道と言えるでしょう。

ツアーコンダクター 仕事に必要なスキル

ツアーコンダクターの仕事に必要なスキルは、知識と探求心です。クライアントごとに要望は異なりますし、常に期待に応えなくてはなりません。情熱を持って顧客対応ができることは必須でしょう。いずれにせよ、クライアントの求める旅行に合わせて、臨機応変にトラブル対応をし、常にコミュニケーションがとりやすい、などは必須です。常に新しいスキルを身につけることと、向上心を保つことはツアーコンダクターの仕事に必要なスキルです。

ツアーコンダクター 仕事のまとめ

ツアーコンダクターの仕事は、クライアントの要望に添った旅行を具体化し提案することです。組織に属する、独立する、形はさまざまながらもツアーコンダクターという職種は専門性・実力を磨けば安定性が高く将来的に消えない職業と言えるでしょう。やりたい仕事をするためにはまずは下積み時代を乗り越えて、収入を安定させ、クライアントの信頼を得てツアーコンダクターとして人から認められることが重要です。志を捨てずにがんばりましょう。

スポンサードリンク

ツアーコンダクターの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング