陶芸家の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>陶芸家の仕事の年収・やりがい・本音

陶芸家の仕事の年収・やりがい・本音

tougeika

消える職業?消えない職業?陶芸家の仕事の年収・月収

陶芸家の仕事の年収や月収には、大きな開きがあります。大規模な窯元に社員として勤めている人は一般的なサラリーマン同様、月収30万円、年収500万円程度になりますが、小さな窯元に住み込みしながら働く場合には、月収が5万円程度のこともあります。独立して自分の窯を持ち、独自の世界を作り出した陶芸家の中には「人間国宝」として認定される陶芸家もおり、その人たちの年収は優に数千万円を超えるものとなっています。

スポンサードリンク

陶芸家の仕事は、消える職業?消えない職業?

工場で大量生産された安い価格の陶器やプラスチック製品がたくさん出回っていて、以前に比べて陶器の消費量は減る傾向が見られますが、やはり手作りの陶器に対しては根強い人気があり、窯開きの初日には多くの人が窯元を訪れています。このような点からも、陶芸家の仕事は今後も消えない職業として、存在し続けるでしょう。

消える職業?消えない職業?陶芸家の仕事の将来性・安定性

現代は、ただ店舗を構えお客さんを待っているだけでは、商売が成り立たない時代になってきています。これは陶芸の世界においても同様で、今までの「待ち」の姿勢から、ネットを使った情報の発信やネット販売などの「攻め」の姿勢を模索する動きが出て来ています。このような時流に乗っていくと、陶芸家の仕事の将来性や安定性も確かなものになっていくでしょう。

消える職業?消えない職業?陶芸家の仕事のやりがい・本音

陶芸家の仕事のやりがいは、自分の焼いた陶器が顧客の生活の一部になり、日々の暮らしに潤いを与える存在になっていることを知った時に感じることができるものです。また、顧客からの「これを長く使っているのよ」とか「贈り物にしたら喜ばれたよ」という声を聞くことでも感じることでしょう。
ただ、そのような作品が出来上がるまでには、大変な努力と苦労が必要であるという仕事の本音も聞かれます。

消える職業?消えない職業?陶芸家の仕事の良い点

陶芸家の仕事の良い点は、自分の大好きな土いじりが、仕事として出来るという点です。また自然の中での仕事ですので、常に山の木々のざわめきや小鳥や小動物の声などに触れることができ、ストレスが溜まりにくい点もあげられます。さらには、自分の作品を作り上げるために、時間などを気にすることなく、思う存分集中できる点も、陶芸家の仕事の良い点としてあげられます。

消える職業?消えない職業?陶芸家の仕事の悪い点

陶芸家の仕事は基本的に外での作業が多くなります。陶器に使う土や窯の薪を山などで集めたり、窯入れの後は数十時間、あるいは数日間、火の加減を見守らなくてはなりません。このような点が悪い点にあげられるでしょう。さらには、陶器の売り上げによって、収入の増減があり、常に安定した収入を得られるのが難しいという点も陶芸家の仕事の悪い点としてあげられます。

スポンサードリンク

消える職業?消えない職業?陶芸家の仕事の内容

陶芸家の仕事の内容は、最初に何を作るかを決め、それに合う土を選びます。そして、ろくろなどを使って土を成形し、しばらく乾燥させた後素焼きをします。その後、下絵を付けたり釉薬をかけたりした後(使わない陶芸家もいます)窯で焼きます。この時の火加減や窯の中の温度変化によって作品の出来上がり具合が全く違ってくるので、いちばん気を使う作業です。その後選別作業をして、やっと自分の気に入った作品を手にすることができるのです。

消える職業?消えない職業?陶芸家の仕事に必要な資格

趣味が高じて自分で窯を作り、陶芸家になる人もいるので、陶芸家の仕事に必要な公的な資格はありません。ただ使う土の種類や、窯の温度、釉薬の使い方によって、全く雰囲気の異なる陶器ができあがるので、それらの知識を得るために専門学校に行ったり、講座を受けたり、または陶芸家のもとに弟子入りして学ぶことも必要になります。

消える職業?消えない職業?陶芸家の仕事に必要なスキル

陶芸家は美術系の仕事になりますので、陶芸家の仕事には美術のスキルが必要となります。特にその中でも、デザインのセンスと手先が器用な事は必須です。また、ひとつの作品を仕上げるまでの工程がいくつもあるので、集中力も必要となります。さらには、じっと座って土をこねている時間より、土や薪を集めたり、窯入れ窯出しの作業などの時間が多いので体力も必要となります。

消える職業?消えない職業?陶芸家の仕事のまとめ

土をこねて、窯で焼かれた陶器には、何とも言いがたい風合いがあり、使う人の心を和ませます。ですが、他の伝統工芸品と同じように後継者不足に悩んでおり、現在全国の窯元では多くの求人募集がされています。また、一般の人向けの陶芸教室も人気を集めており、自分の窯元を持ちながら、空いた時間で教室の講師をすることで収入もあがります。陶芸家の仕事は、今後ビジネスとして注目すべきものでしょう。

スポンサードリンク

陶芸家の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング