【トム・クルーズ50億円離婚訴訟取り下げ!元・妻が「ロボットに変わっていく自分を見て気が狂いそう」になっていた恐るべき理由とは?】

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>【トム・クルーズ50億円離婚訴訟取り下げ!元・妻が「ロボットに変わっていく自分を見て気が狂いそう」になっていた恐るべき理由とは?】

【トム・クルーズ50億円離婚訴訟取り下げ!元・妻が「ロボットに変わっていく自分を見て気が狂いそう」になっていた恐るべき理由とは?】

昨年夏にケイティ・ホームズと離婚した俳優のトム・クルーズさんが、「娘を見捨てた」と報じたタブロイド週刊誌の発行元を相手取り、
5000万ドル(約50億円)の損害賠償金を求めていた訴訟を取り下げたそうですね。

 バウアー社が発行している米ライフ&スタイル誌は昨年10月、トム・クルーズさんが元妻ケイティ・ホームズと離婚後、
「娘スリを見捨てた」とする記事を掲載しました。

これに怒ったトム・クルーズさんは事実無根として名誉毀損(きそん)訴訟を起こしていました。

それにしても、この離婚の原因は、いろいろあるようですが、主なものは、

1.サイエントロジーに関しての言い争い(6才から教育が必要。例えばスーリちゃんは、100の質問に答えなければならない)
ケイティがスーリちゃんが、シー・オーガニゼーションの入団を危惧していました。
「シー・オーガニゼーション」はサイエントロジーの中核となるエリート団体で、入団すると永遠にサイエントロジーに帰依することを求められるそうです。

2.トムのケイティに対する抑圧
スーリの子育ては、トムが全権を握っていた。
ケイティの映画撮影に対して、性的シーンはするな等口だししていた。

3.すれ違いの生活(トムは世界中にロケに行き、すれ違いが多かった。最近のプレミアではトム一人が出席)

です。

トム・クルーズさんとケイティ・ホームズさんの離婚の原因に、トム・クルーズさんの信奉する新興宗教サイエントロジーの存在がありますね。
ケイティ・ホームズさんはもともとカトリック教徒だったが、トムとの結婚を機にサイエントロジーに改宗しています。

サイエントロジーはSF作家L・ロン・ハバードが創始した新宗教で、トム・クルーズさんをはじめ、ジョン・トラヴォルタなどのハリウッドスターが熱心な信者として知られています。
特にトム・クルーズさんの傾倒ぶりはたびたびメディアに取り上げられるほどです。
学習障害を克服できたのはサイエントロジーのおかげだとインタビューで語ったこともありますね。

TMZ.comは、ケイティ・ホームズさんが離婚を決断したのはトムが娘スーリちゃんを教会に無理やり連れて行こうとしていることに危惧を覚えたためだという関係者の証言を紹介。破局を認める際にケイティ・ホームズさんは代理人を通して「これは彼女と彼女の家族のプライベートな問題です。ケイティ・ホームズさんは、娘のことを一番に考えています」との声明を発表している。

また、同サイトによると、ケイティ・ホームズさんはサイエントロジーに改宗したものの、トムほど宗教活動には熱心ではなく、スーリちゃんの信仰についてトムと言い争うこともあったという。
トム・クルーズさんとの離婚を申請したケイティ・ホームズさんは、彼との結婚生活で自分がロボットへと変わっていくことに耐えられなかったようだ。

メディアはトムと彼が信仰する新興宗教サイエントロジーにケイティが操作されロボットになっていると報じてきたが、本人もそう感じ始めていたらしい。

「結婚して5年になるケイティ・ホームズさんは、メディアが言っているようにロボットに変わっていく自分を見て気が狂いそうになっていました。昔のケイティ・ホームズさんは積極的で活気のある性格だったのですが、トム・クルーズさんと一緒にいるうちに抑圧され、退屈な人間になってしまったんです。それに耐えれなくなり、何とかしようと思って離婚に踏み切りました」とある関係者は語り、ケイティ・ホームズさんが成長し、トム・クルーズさんを崇拝していたころよりも物事を冷静に見られるようになったのだと言っている。

6歳になる娘スーリの親権を求めているというケイティは、子育てについてもトム・クルーズさんがすべての決断を下すことに疑問を感じ始めていたという。

「ケイティ・ホームズさんはスーリについてのすべてをトムが決めることに嫌気がさしたんです。娘にとってベストなことをしたい、
子育て方法については同等の権利があると気付いたのですが、トム・クルーズ夫人でいる限り、意見することは不可能だと悟ったんです」
とある関係者はレーダー・オンラインに語っています。

離婚についてトムは「非常に残念」だとスポークスマンを通して声明をだし、3人の子供たちのことをまずは考えたいためプライバシーを尊重してほしいと言っています。

この「娘のスーリちゃんを捨てた」と報じた出版社相手の裁判が、ついに決着し、トム・クルーズさんと訴えられていた出版社が共同声明を出しました。
それによると、一連の記事はトムの育児放棄を報じたものではないということで両者は合意したのだそうです。

それによると、「Life & Style誌とIn Touch誌同様、Bauer Media Groupは、トム・クルーズが娘スーリちゃんとの縁を切り、捨てたということを報じるつもりは全くありませんでした。
該当記事がそのように解釈されてしまったことは甚だ遺憾です」と説明しています。

Life & Style誌は昨年「トム・クルーズさんが娘スーリを捨てた」と題した記事を掲載していました。
同号の表紙にはトム・クルーズさんの元妻であるケイティ・ホームズに抱きかかえられ、目に涙を浮かべたスーリの写真が使われていたんです。

これに対してトム・クルーズさんは「当時2本の映画の撮影があり忙しかったが、しょっちゅうメールしあったり、
電話で物語を話してあげたりして、彼女はとても喜んでいたししあわせな子供だった」といっていました。

そして「自分はとてもいい父親だ。私は決してスリを自分の人生から切り離したりはしない。精神的、経済的などあらゆる面で支えているつもりだ」と主張しました。

まあ、お互いが歩み寄って、理解しあえたのは、良かったですね。
それにしても、トム・クルーズさんの年収は、60億円だそうです。元・妻のケイティ・ホームズさんの年収が3億5千万円!
全く、別世界のセレブのお話ですなあ・・・。

スポンサードリンク

【トム・クルーズ50億円離婚訴訟取り下げ!元・妻が「ロボットに変わっていく自分を見て気が狂いそう」になっていた恐るべき理由とは?】に関連する記事

人気記事ランキング