セラピストの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>所詮この世は金と愛>>セラピストの仕事の年収・やりがい・本音

セラピストの仕事の年収・やりがい・本音

セラピスト 仕事の年収・月収

セラピストの収入は、全体の平均に比べて低い水準にあると言われています。具体的には、年収では平均約200万円前後、月収では平均約20万円前後というデータがあります。いずれも総支給額なので、ここからさらに税金や諸経費が引かれ、手取り額はさらに低くなります。会社の中には福利厚生が整っていないところもあるようです。
ほとんどのセラピストが非正規や業務委託という形をとっているようで、正社員雇用をしている会社は少ないと言われています。正社員として雇用されていても給与は最低保証+歩合制という形を取っているケースが多く、そのあたりに水準が低い理由があるようです。

スポンサードリンク

セラピストの仕事は、消える職業?消えない職業?

『高ストレス社会』と言われて久しい日本では、近年ではメンタルを含めた健康面への注目が集まっています。
どのような施術を行うのであれ、セラピストが司るものは心身の健康と癒やしですので、セラピストの現在の社会での役割は非情に大きく、そのためセラピストという職業は消えない職業ということが出来ます。
もちろん、現在のセラピストの立場は非情に危ういものがありますが、それは供給過多の現状から来るものであり、需要がないわけではありません。セラピストが消える職業となることはないでしょう。

セラピスト 仕事の将来性・安定性

安定性でいえば、かなり危ういと言わざるをえないのが、セラピストの現状です。セラピストのほぼ大半が非正規や業務委託、自宅開業という形態を取っており、安定した収入を得るのは難しい状況です。たくさんの固定客の心をつかめば安定した収入も望めますが、そうなる前に廃業をしてしまうセラピストが多いことも事実です。
将来性に関しても同様で、現在セラピストは供給過多と言われています。そういった中でセラピストとして成功するためには、高いスキルと自己プロデュース能力が必要と言われ、将来性に関しても中々厳しいと言わざるを得ません。近年では臨床心理士の資格を取得して企業や病院で働くセラピストも増加しています。そのように一定の強みを持っていれば、セラピストとして成功する可能性も高くなるでしょう。

セラピスト 仕事のやりがい・本音

セラピストの仕事は、お客様に癒やしを与えることです。自身の施術でお客様が笑顔になり、元気になって帰宅していく姿を見ることは、何よりも大きなやりがいになる……と語るセラピストの方はとても多いようです。
また、実績を積みスキルを磨いていくことで、セラピストには一定の固定客が増えてきます。そしてそうなれば自身の収入アップやさらなるスキルアップの機会にもなります。そうしてスキルアップすればまた固定客が増え……という好循環に入れば、セラピストとして成功といえる……という本音を持っている人も多いようです。

セラピスト 仕事の良い点

セラピストはお客様から感謝される機会の多い職業です。施術によって心身ともに癒され、時に健康面での改善が見られた時、お客様から『ありがとう』という感謝の言葉をもらえる場合があります。人のためになる仕事をしたい人にとっては、これは良い点といえます。
また、確かなスキルや知識を身につけたなら、独立開業も比較的簡単なのがセラピストの良い点です。大掛かりな設備が不要なため、中には自宅の一部を開放して開業して成功している方もいます。これもまた、セラピストという職業の良い点であるといえます。

セラピスト 仕事の悪い点

なんといっても、その収入の低さにあります。一般的にセラピストの収入の水準は低く、安定収入を得るためには固定客を掴み、増やしていくことが大切です。セラピストとしての勉強以外にも固定客を増やすためのコミュニケーション術を磨く必要もあり、その点は悪い点といえるかもしれません。
また、通常の仕事の場合、は多少体調を崩しても問題なく仕事が出来ます。しかしセラピストの場合はお客様を癒やすことが目的の仕事のため、自身が体調を崩していた場合は決して仕事を行う事が出来ません。そのため体調管理に常に気を配る必要があり、その点も悪い点といえます。

スポンサードリンク

セラピスト 仕事の内容

セラピストの仕事内容は、お客様を癒やすことです。
セラピストには大きく分けてお客様の体調を整える『ボディ系』、メンタルヘルスを司る『心理系』、気功などの現代医学では正式に認められてないエネルギーを扱う『エネルギー系』があります。いずれも最終的にはお客様の心身を整え、癒やしを提供する仕事です。
働く場所は様々で、治療院やマッサージ店、エステサロンなどが該当します。近年ではスーパー銭湯やホテルなどで嘱託セラピストとして働く人も増加傾向にあり、総じて女性客をターゲットにした店舗が増えてきています。

セラピスト 仕事に必要な資格

セラピストになるのに必要な資格というものは特にありません。
なり方ですが、基本的にはスクールや店舗独自の研修で必要なスキルを学ぶ方法の二種類がありますが、自身がどのような施術方法で癒やしを提供していきたいのかを把握しておく必要があります。
心理系セラピストの場合、『臨床心理士』という資格があります。この資格を取得しておけば、医師の指導のもとで患者に対して精神療法を行うことが出来るスペシャリストです。近年ではこの資格を取得し、病院や企業で働く心理セラピストの人も増えてきています。

セラピスト 仕事に必要なスキル

まず第一に、コミュニケーションスキルです。セラピストの仕事は人を癒やす職業であると同時に接客業です。そのため、お客様の心を掴み、お客様を癒やし、楽しませてあげる事のできるコミュニケーションスキルは、ステップアップしていくうえでも必要なスキルということが出来ます。
また、同じコミュニケーションスキルでも、特に傾聴スキルと呼ばれる、俗にいう聞き上手と呼ばれるスキルも必要と言われています。お客様の話を聞き、その中から問題点を探り当てていくスキルは、セラピストにとっては必須といえます。
その他にも施術方法によって色々なスキルが必要となりますが、特に必要とされているのは、これらのコミュニケーションスキルと言われています。

セラピストの仕事のまとめ

健康面に注目が集まっている昨今ですが、現在セラピストは供給過多にあり、苦しい状況が続いているといえます。確かに需要が高い職業ではあるのですが、その分人気も高く、供給も多い状況が続いています。中には低賃金、重労働を強いる会社も存在するため、セラピストにとっては厳しい状況が続いていると言わざるを得ません。
そのような状況ですが、セラピストにもメリットはあります。お客様の心を掴み、固定客をたくさん獲得することができれば自身の収入アップに繋がりますし、確かなスキルを身に着けていれば、独立開業も難しくありません。そういった意味で女性にも人気のある職業で、技術を身につけた後に自宅開業をする女性セラピストの人も大変多いようです。
このストレス社会で、セラピストは重要な存在となりつつあります。ですがそのような中において成功するセラピストというのは、確かなスキルを見につけ、お客様の心をつかむことの出来るセラピストであるとまとめることが出来ます。

スポンサードリンク

セラピストの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング