消える職業?消えない職業?テーマパークスタッフの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>消える職業?消えない職業?テーマパークスタッフの仕事の年収・やりがい・本音

消える職業?消えない職業?テーマパークスタッフの仕事の年収・やりがい・本音

temapark

消える職業?消えない職業?テーマパークスタッフ 仕事の年収・月収

テーマパークスタッフの収入は、テーマパークの規模や雇用形態に応じて上下します。大半のスタッフはアルバイトやパートとして働いており、その場合は時給1000円前後が一般的です。
社員になれるとある程度収入は安定します。平均は月収で約30万円、年収で約380万円と言われています。ただし、社員は全体の1割にも満たないと言われており、大半のスタッフはアルバイトやパートといった非正規での雇用形態となっているのが実情です。

スポンサードリンク

テーマパークスタッフ 消える職業?消えない職業?

現在、テーマパークの業界はディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドの一人勝ちと言われており、倒産、閉園に追い込まれるテーマパークも数多くあります。今後世界からテーマパークが無くなることはないので、テーマパークスタッフが消える職業の仲間入りをすることはないと思われますが、なるのは狭き門となりそうです。
以上のことから、テーマパークスタッフは今後も決して消えない職業といえます。ただし絶対数は減り、テーマパークスタッフになるのは今後大変になっていくといえます。

消える職業?消えない職業?テーマパークスタッフ 将来性・安定性

テーマパークスタッフの大半はアルバイトやパート等の非正規の職員です。またテーマパークスタッフは繁忙期と閑散期がハッキリと別れており、天候によって客足も左右されるため、収入が安定することはありません。そのため、安定性という観点でいえば、決して高いとはいえません。
将来性に関しても同様に、長年働いていても給与があがらず、生活のために退職する人がとても多い職業でもあります。働く方々は皆『好きでなければ続けられない』といいます。将来性に関しても、決して高いとはいえないのが実情です。

消える職業?消えない職業?テーマパークスタッフ 仕事のやりがい・本音

多くのテーマパークスタッフの方が、『お客さんの笑顔がたくさんで、元気がもらえる』といいます。テーマパークスタッフの仕事はお客さんによい思い出を提供するのが仕事です。そのため、たくさんのお客さんの笑顔に触れることができ、そこに大きなやりがいを感じる事ができるようです。
またテーマパークというのは非日常の空間です。そのため、たとえ仕事であってもその空間にいることで非日常を体験でき、とても楽しく仕事が出来るという本音を語る方もいます。

消える職業?消えない職業?テーマパークスタッフ 仕事の良い点

勤務場所が非日常な空間になるため、たとえ悲しい事があって落ち込んでいても、仕事をすれば元気が出てくるという方が非常に多いのが特徴です。これは他の職業には見られない、テーマパークスタッフ独特の良い点であるといえます。
また、職場の平均年齢が若いため、スタッフが皆元気で明るいという点も良い点であるといえます。新しいスタッフが馴染みやすい環境というのは、良い点であるといえます。

消える職業?消えない職業?テーマパークスタッフ 仕事の悪い点

大半のスタッフが、その給与の安さと収入の不安定さに不満を抱いています。テーマパークは繁忙期と閑散期がハッキリしており、天候によっても客足が左右されます。そのため閑散期ではシフトを制限され、客足が少なければ仕事の途中で帰らされることもよくあります。仕事内容と時給が吊り合わないとも言われており、悪い点であると言わざるを得ません。
また、将来性がまったくないとも言われています。社員として登用されればまた話は別ですが、基本的に社員に登用されることは稀で、大半の場合は雇用期間を過ぎるとそのまま退職となるようです。これもまた悪い点であるといえるでしょう。

スポンサードリンク

消える職業?消えない職業?テーマパークスタッフ 仕事の内容

テーマパークスタッフの仕事内容は多岐にわたっています。清掃やアトラクションのオペレーション、インフォメーションセンターでの案内やショップ・レストランでの接客、着ぐるみを着たショーの開催など、バリエーションに富んでいます。
意外なところですと、お客さんの不意の体調不良に備えた、看護師としてのスタッフもいます。
お客さんの前に出ない裏方の業務もあります。スタッフの勤怠管理や設備の保守点検なども、テーマパークスタッフの大事な作業になります。
テーマパークスタッフ 仕事に必要な資格
テーマパークスタッフになるために必要な資格というのは特にありません。ですがその仕事は非常に多岐にわたっているため、何かしら資格を持っていると、それが仕事に活かせる可能性は充分にあります。
なり方ですが、大学や観光化関係の専門学校を卒業した後、テーマパークに就職する道が正社員への道としては一般的です。アルバイトやパートでも大丈夫であれば、テーマパークがスタッフの募集をしている時に応募するのが一般的です。

消える職業?消えない職業?テーマパークスタッフ 仕事に必要なスキル

テーマパークスタッフは接客業のため、まず何よりも人に対して明るく接するスキルが必要になります。加えて子供のお客さんも多いため、こども好きであるとなおよいでしょう。
また、暑い日も寒い日も外で働く必要があるため、体力も必要です。特に、着ぐるみを着て仕事を行う場合もあるため、体力は絶対に必要です。
他には英語を始めとする母国語以外の言語を扱えると有利になります。近年、海外からのお客さんも増えているため、外国語を扱えるスキルは大きな強みになります。

消える職業?消えない職業?テーマパークスタッフの仕事のまとめ

今後、テーマパークスタッフへの道は益々狭き門となっていく事が予想できます。その割に高い収入が得られるわけでもなく、安定しているわけでもないので、かなり厳しい職業であることは否定出来ません。
ですが、テーマパークスタッフとして働く方は皆、一様に『やりがいは大きい』と答えます。非日常の空間で働け、たくさんのお客さんから笑顔をもらい、働くことで元気になれる職業は、ちょっと他にない特徴です。
多岐にわたる仕事内容も魅力的です。誰しもが皆、自分の適正に合わせた仕事内容があります。自己の適正に合わせた内容の仕事を非日常の空間で楽しく出来るのが、この仕事の大きな魅力と言えます。
『その場所で働くこと自体がやりがいにつながる』というのが、この仕事のまとめといえます。

スポンサードリンク

消える職業?消えない職業?テーマパークスタッフの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング