消える職業?消えない職業?テレフォンオペレーターの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>消える職業?消えない職業?テレフォンオペレーターの仕事の年収・やりがい・本音

消える職業?消えない職業?テレフォンオペレーターの仕事の年収・やりがい・本音

消える職業?消えない職業?テレフォンオペレーター 仕事の年収・月収

テレフォンオペレーターは基本的に正社員の数が少なく、多くは派遣社員、または契約社員となっています。そのため、他の職種に比べると収入で差がある場合があります。
派遣社員の場合ですと月収20万円以下、年収で約250万円以下となります。契約社員の場合ですと月収20万円から25万円前後と少し上がり、チームを統括する立場になると30万円から50万円ほどまで月収が上がります。
24時間体制でシフトを組んでいる場合もありますから、その場合は夜間勤務に入ると夜勤手当がつき、収入アップが見込めます。

スポンサードリンク

消える職業?消えない職業?テレフォンオペレーターの仕事は、消える職業?消えない職業?

以前にオックスフォード大学が発表した『10年~20年の間に消える職業』というレポートの中で、テレフォンオペレーターが名を連ねています。実際に昨今ですと、電話案内が人間ではなく音声ガイダンスになっている場合も多々あります。
そのため10年単位の長い目で見ると、消える職業と言わざるを得ません。ただし、現在でもテレフォンオペレーターは人気の職種となっており、募集数も非常に多い職業です。これはまだまだ人間のテレフォンオペレーターに需要があることの証拠でもありますので、すぐには消えない職業といえるでしょう。

消える職業?消えない職業?テレフォンオペレーター 仕事の将来性・安定性

テレフォンオペレーターという仕事は現在、よほどの専門性の高い業界出ない限り、派遣社員やアルバイトで賄っている企業が大半です。そのため、安定性でいえば今一物足りない部分があるでしょう。正社員として登用されれば話はまた別ですが、現状ではテレフォンオペレータとして派遣社員やアルバイトから登用されることは難しいといえます。
将来性に関しても微妙です。テレフォンオペレーターの仕事を全うしたいと思った場合、昇給はほぼ望めないとのことです。チームを統括する立場や、部署を統括する立場になれば昇給も見込めますが、その場合テレフォンオペレーターとしての業務よりは、マネージメントの業務が大半になります。

消える職業?消えない職業?テレフォンオペレーター 仕事のやりがい・本音

テレフォンオペレーターの仕事は、困っているお客様の力になることです。大半のお客様は何かしら困った事態が発生して電話をしてきているため、そのお客様の力になり、事態を解決したときには、お客様から直接の感謝の言葉をいただけます。そのことにやりがいを感じるオペレーターの方は非常に多いです。
また、職場の人間関係に関して大半のオペレーターが『あまり気にしなくていいので気楽』という本音を語っています。常に電話応対をしているため、周囲の同僚と話をする機会があまりないからです。これは人によっては魅力的な職場に感じることでしょう。

消える職業?消えない職業?テレフォンオペレーター 仕事の良い点

テレフォンオペレーターの仕事は電話を介してお客様と接します。そのため、接客業未経験者の人でも抵抗なくはじめられるという点が仕事の良い点といえます。
また、24時間体制でシフトを組んでいる場合、夜勤に入れば収入アップが見込めるのも良い点です。自分の働きやすい時間を選んで働けるというのは、とても大きな良い点だと思われます。
残業が基本的に発生しないという点も見逃せません。電話応対がメインの仕事な上シフト制をとっているところが多いので、時間が来れば次のシフトの従業員と交代すれば、それで業務は終わりです。

消える職業?消えない職業?テレフォンオペレーター 仕事の悪い点

『電話でお客様と接する』という点が、良い点でもあり悪い点でもあります。対面ではないので相手の感情を判断する材料が声色のみとなるため、お客様の感情の読み違えが起こりやすく、そのため対応に失敗した場合、クレームに発展する場合が少なからずあります。
またその分、お客様との対応の中で非常にストレスが溜まる機会が多いようです。その点も、テレフォンオペレーターの仕事の悪い点と言わざるを得ません。

スポンサードリンク

消える職業?消えない職業?テレフォンオペレーター 仕事の内容

基本的にお客様からの電話に応対するのがテレフォンオペレーターの仕事の内容です。応対する内容は会社によって異なりますが、概ね商品やサービスに対する問い合わせ、注文受付、サービス案内、住所等情報の変更手続きが主です。
昨今ではパソコンを利用して情報を登録、変更する場合が非常に多くなっているのも特徴です。

消える職業?消えない職業?テレフォンオペレーター 仕事に必要な資格

テレフォンオペレーターの仕事に必要な資格というものは特にありません。なり方ですが、基本的には企業や派遣会社の募集に応募するのが一番の近道でしょう。学歴も特に重視されるわけではないようなので、気軽に応募してみるのが手です。

消える職業?消えない職業?テレフォンオペレーター 仕事に必要なスキル

現在、テレフォンオペレーターの仕事ではお客様とのやりとりの記録を残す際にパソコンを利用する場合が一般的です。そのため、必要なスキルとしてはパソコン操作が必須といえます。使いこなせてなくとも、扱いに慣れているレベルで大丈夫です。
また、電話でお客様と接するわけですから、電話応対と接客のスキルも必要になってくるでしょう。この3つのスキルは必須といえます。
あとは実際にテレフォンオペレーターとして働く人は口々に『ストレス耐性』と答えます。うまくストレスコントロールが出来ることが、この仕事では大切なスキルのようです。

消える職業?消えない職業?テレフォンオペレーターの仕事のまとめ

確かに将来性や安定性という観点でいくと決して高くはない職業となるテレフォンオペレーターですが、今現在も募集が多く、人気も高い仕事となっています。
アルバイトや派遣業務として見た場合、かなり割のいい仕事であることも確かなようで、正社員や安定を望まないのであれば、かなり割のいい仕事といえそうです。
未経験者でも気軽にはじめられるという点も見過ごせません。
『需要と人気の高い、割のいい仕事』というのが、テレフォンオペレーターという仕事のまとめといえそうです。

スポンサードリンク

消える職業?消えない職業?テレフォンオペレーターの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング