テレビディレクターの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>テレビディレクターの仕事の年収・やりがい・本音

テレビディレクターの仕事の年収・やりがい・本音

テレビディレクター 仕事の年収・月収

テレビディレクターの年収は、東京のキー局の場合、30代で1000万円台、40歳のベテランクラスにもなると、実力次第で1500万円を超えることもあり、総じて年収は高いと言えます。しかし、地方局の場合、同じ年齢でもキー局の7割程度にとどまり、どこのテレビ局に所属するかによって、年収に差が出るようです。

スポンサードリンク

テレビディレクター 消える職業?消えない職業?

近年、テレビ業界の視聴率競争は極めて激しく、限られた低予算の中でも面白い番組が作るために、テレビディレクターの果たす役割はいっそう重要になってきています。したがって、テレビディレクターが消える職業か消えない職業か考えた場合、今後も「消えない職業」と言えるでしょう。

テレビディレクター 将来性・安定性

テレビディレクターの将来性・安定性を考えるうえで注目したいのは、インターネットの普及でテレビを見ない人が増えつつも、一方で、デジタル放送の開始で新たなテレビ番組の需要が生まれ、それに伴い、テレビディレクターの仕事も拡大しつつあるという点です。したがって、時代の変化に柔軟に対応できるのなら、将来性はあると言えるでしょう。

テレビディレクター 仕事のやりがい・本音

テレビディレクターに仕事のやりがいや本音を聞くと、番組製作を通して、自分の想いを日本中・世界中の不特定多数の人に情報発信できることに、とてもやりがいを感じるとのことでした。また、自分が苦労して作った番組が、テレビで初めて放送されるのを見る瞬間は、言葉で表現できないほどの充実感が味わえる、との本音も聞けました。

テレビディレクター 仕事の良い点

テレビディレクターの仕事の良い点とは、本当に魅力的な人物に会える機会がとても多いということです。現場を仕切る統率力やコミュニケーション力・どんな話題が世の中で求められているか調べるリサーチ力・体力など、苦労が多い分、仕事を通して、人間として成長できるのも、良い点と言えるでしょう。

テレビディレクター 仕事の悪い点

テレビディレクターの仕事の悪い点とは、激務による睡眠不足や、なかなか休日をとれない勤務体系など、肉体的につらいことが多い点です。また、せっかく長時間をかけて制作した番組でも突発的な問題でお蔵入りになるなど、精神的にダメージを受けることが多いのも悪い点と言えるでしょう。

スポンサードリンク

テレビディレクター 仕事の内容

テレビディレクターの仕事内容とは、番組の制作現場においての責任者として、新しい番組の企画会議から、台本や出演者を決定し、番組の演出全体を考えてスタッフの指揮をとることです。番組の種類によっては仕事内容も異なり、ドラマなどの場合は、俳優への演技指導もディレクターが中心となって行います

テレビディレクター 仕事に必要な資格

テレビディレクターの仕事に必要な資格は特にありませんが、放送関係の幅広い知識が必要なので、それらを教えてくれる学校やスクール・大学に行くことで、ディレクターへの道のりは近くなります。また、そうした専門知識だけでなく、下積みを乗り越える情熱、さらに激務にも耐えられる体力など、資格よりも情熱や体力が必要とされる仕事と言えるでしょう。

テレビディレクター 仕事に必要なスキル

テレビディレクターの仕事に必要なスキルとは、たくさんの人をまとめあげる統率力、人間関係を構築するスキル、さらに視聴者に感動と夢を与えるオリジナリティー豊かな想像力、以上の3つのスキルが必要とされています。これら3つのスキルが揃わなければ、いくら良い番組を作ろうと思っても、実現させることはできないことを覚えておきましょう。

テレビディレクター 仕事のまとめ

テレビディレクターの年収は、東京のキー局の場合、30代で1000万円台ですが、地方局の場合は、同じ年齢でもキー局の7割程度にとどまるようです。
番組製作を通して、自分の想いを日本中・世界中の不特定多数の人に情報発信できることに、とてもやりがいを感じるそうです。
テレビディレクターの仕事内容とは、番組の制作現場においての責任者として、新しい番組の企画会議から、台本や出演者を決定し、番組の演出全体を考えてスタッフの指揮をとることです。

スポンサードリンク

テレビディレクターの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング