税理士の収入・年収は500万円以上。独立開業で高収入も実現可能

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>税理士の収入・年収は500万円以上。独立開業で高収入も実現可能

税理士の収入・年収は500万円以上。独立開業で高収入も実現可能

数多くの種類がある国家資格の中でも税理士は高収入につながる職業ですが、試験の難易度が高いことでも有名です。

実際に税理士として働いた場合に得られる収入と、仕事を続ける上での苦労や将来性について見ていきます。

スポンサードリンク

1.年収には勤務先によって格差も

難関の税理士試験に合格すればすぐにでも高収入に結びつくと思いがちですが、実際の収入は勤務先によっても大きな差が見られます。

税理士の資格を取得するには税理士試験に合格した後に2年以上の実務経験が必要で、たいていの人は税理士事務所や会計事務所を就職先として選んでいるものです。

理士試験に合格すれば就職の際にも有利な材料となりますが、実務経験がない場合は就職後の年収も300万円程度と言われており、一般企業の就職1年目と大差ありません。

税実務期間が長くなるほど年収は増加し、5年程度勤務すれば年収500万円を上回るようになります。

特に大手税理士事務所では1年目から500万円前後の年収が実現できる例もありますので、税理士試験に合格した人にとっては就職先の選び方も重要になってくるのです。

一般的な会計事務所でも管理職になれば年収800万円に増やすことが可能で、大手会計事務所の管理職では年収1000万円以上を得ている人もいます。

2.3つの独占業務とコンサルティング業務

国家資格の税理士には税務代理と税務書類の作成・税務相談という3つの独占業務が認められており、税理士以外の人は対価を得てそれらの業務を行うことができません。

企業や個人事業主など納税者の代理として税の申告を行うのが税務代理で、その対象は法人税だけでなく個人の所得税や相続税・固定資産税など多岐にわたります。

そうした税金の計算は非常に複雑なため、特に企業や個人事業主の場合は税務書類を作成するだけでも大変な手間がかかるものです。

税理士は企業や個人からの依頼を受けて税務計算を行い、申告書を作成して税務署への申告までを代行しています。

特に確定申告の時期には大忙しとなりますが、それ以外の時期は相続税や贈与税・固定資産税などさまざまな種類の税金に関する相談に応じるのが税理士の仕事です。

この他にも税理士は税務や会計に関する専門知識を生かし、企業の経営相談などコンサルティング業務を行っています。

3.独立開業で高収入も実現可能

会計事務所や税理士事務所に就職して実務経験を積む場合は、そうした税務代行や税務書類作成が日々の仕事の中心です。

実績を積み重ねるごとに顧客からの税務相談も任せられるようになりますが、事務所に所属する税理士では得られる収入にも限界があります。

税理士の中には独立開業して自分で税理士事務所を開いている例も多く見られ、才覚次第で年収をさらに伸ばしていくことも十分に可能です。

年収1000万円以上を得ている税理士には大手の事務所で管理職の立場にある人も少なくありませんが、独立してある程度の成功を収めれれば年収数千万円クラスも視野に入ってきます。

もちろんその場合は企業など複数の大口顧客と顧問契約を結び、マーケティングの観点から企業の経営にも積極的に関われるだけの力量が欠かせません。

そうした実力を身につけて地域の企業や個人の顧客からの信頼を獲得できれば、年齢に関わらず高年収を実現可能な点が税理士の大きな魅力です。

スポンサードリンク

4.確定申告の時期は計算に追われる毎日

一口に税理士と言っても所属先の事務所や企業によって収入に格差が見られるだけでなく、独立した場合でも必ず成功できるとは限りません。

難関の税理士試験に合格しても通常は税務書類作成や申告業務など地道な仕事で実務経験を積む必要があるため、計算が苦手な人は税理士の仕事を続けるのに苦労するものです。

企業や個人の代理としてそうした面倒な計算を行う仕事だけにら、税理士にはちょっとした計算ミスも許されません。

万が一税務計算を誤ったまま申告した場合は依頼者の脱税や申告漏れにもつながりますので、税理士の仕事には大きな責任を伴うのです。

特に確定申告のシーズンには仕事の依頼が急増し、連日残業の生活が続くことも覚悟しなければなりません。

最近ではそうした税務に関わる会計処理や申告手続きがIT化され、自動的に処理できる部分も増えてきているとは言え、人の手で処理しなければならない作業は依然として少なくないのです。

5.難関の税理士試験への対策

合格率が15%前後の税理士試験は難易度という点でトップクラスとされますが、税理士になる方法は難関の試験に合格するだけではありません。

弁護士や公認会計士も2年以上の実務経験後に税理士名簿に登録すれば、税理士としての業務を行うことができるようになります。

さらに税務署などで23年以上勤務した人も税理士名簿への登録が可能になりますが、税理士試験に合格することは税理士資格を取得する最短のコースです。

司法試験や公認会計士試験はいずれも税理士試験に劣らないほど高難易度の国家試験として知られているため、税理士になる方法として選択するのは得策と言えません。

11科目からなる税理士試験のうち5科目に合格することで税理士になる資格が得られますが、5科目すべてに合格するには2年以上かかるのが一般的です。

簿記会計関係の専門学校や資格スクールを受講するのも税理士試験の受験対策として効果的です。

税務のプロとして高収入を狙える税理士

税理士には定年がないため数が年々増え続け、その人数は全国で7万人以上にも達しています。

独立開業するにしてもライバルの多い状況にありますが、需要拡大が期待できる地域もまだまだ少なくありません。

難関の試験に合格した後も実務経験を積んで継続努力を重ねれば、税務のプロとして高収入を得る可能性が広がるのです。

スポンサードリンク

税理士の収入・年収は500万円以上。独立開業で高収入も実現可能に関連する記事

人気記事ランキング