探偵の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>探偵の仕事の年収・やりがい・本音

探偵の仕事の年収・やりがい・本音

tantei

探偵の仕事の年収・月収

探偵の仕事の年収・月収を考える場合、探偵事務所に所属しているのか、個人経営なのかによって大きく違ってきます。大手の探偵事務所の所長ならば、年収1000万円も不可能ではないでしょうが、一般的な社員だと、その月収は30万円前後でしょう。小規模な探偵事務所や個人経営だとそれを下回ることも多くなります。いずれにしても、クライアント数の増加が収入につながっていきます。

スポンサードリンク

探偵は消える職業?消えない職業?

探偵の仕事の需要は、これからますます増えていくことは間違いありません。離婚に至るカップルが増加する中、自分に有利な条件で離婚できるよう、探偵を使って、相手方の行状を探るのは当然の手段となります。さらには、企業からの社員や相手先企業に関する調査、行方不明者の捜索など、警察や行政などが行えない、民事に関する調査依頼は、今後ますます増加していくことでしょう。

探偵の将来性・安定性

探偵の仕事の将来性は、現在の社会情勢から考えると、大いにあると言えます。ただし、それが安定性につながるかどうかは、その探偵に対して、どのくらいの調査依頼が来るのかによります。確実で信頼のおける調査をしていくことで、その実績は口コミで広がっていきます。それによりクライアントが広がっていくと、安定性は着実に上がっていくことでしょう。

探偵の仕事のやりがい・本音

探偵の仕事をしていく際のやりがいは、「調査結果でいかにクライアントを満足させることができるか」に掛かっているでしょう。もちろん、クライアントが望む調査結果をいつも導き出せる訳ではありませんが、丁寧な仕事ぶりが評価されるとうれしいものです。ただし、調査依頼の内容が、浮気や不倫調査など、いわゆる「ドロドロしたもの」ばかりだと、意欲が削がれていくことも否めません。

探偵の仕事の良い点

探偵の仕事の良い点は、いろいろな経験ができることでしょう。「事実は小説とり奇なり」と言うように、クライアントからの依頼には、驚くような人生が含まれていることも多々あります。普通の人生では出会うことのないような、職業、地位、時には人種の方々と触れ合い、探偵の仕事をしていくことは、メリハリのある、たまにはスリリングな人生をあなたに与えてくれることでしょう。

探偵の仕事の悪い点

探偵の仕事の悪い点は、ひと言でいうと「縁の下の力持ち」という立場で、決して物事の前面には出ないという点です。目立ちたがりや注目を浴びたい方には、合わない職業です。調査内容も、コツコツと表に出ずに進めて行かなければなりません。粘り強さと持久力が無いと務まりません。また、依頼内容もどちらかというと、人の人生の裏を探るような、いわば「暗い」ものなので、その「暗さ」に負けないようにしないといけません。

スポンサードリンク

探偵の仕事の内容

探偵の仕事の内容は、その調査依頼内容にもよって、全く変わってきます。書類仕事だけで、一日過ごす場合もありますが、調査対象の人物の行動をずっと見守らなければならない時は、何日も泊まり込みになることもあります。基本的には外回りが多く、時間帯も不規則になりがちです。

探偵の仕事に必要な資格

日本で探偵として仕事をする際に、必要となる資格は、基本的にはありません。いわば誰でも探偵の仕事を始めることはできますが、あらゆる状況に対応しなくてはならない場面が出てきますので、いろいろな知識や経験が生きてきます。時間があるならば、様々な資格を取得しておくと、役に立つこともあるでしょう。

探偵の仕事に必要なスキル

探偵の仕事に必要なスキルには、いくつかあります。一つ目は、調査報告の書類作成をしなくてはならないので、最低限PCを使えないといけないでしょう。二つ目は、不規則な就業時間の関係から体力は必要でしょう。また、変装が得意だとか、尾行がうまい、などというスキルも持っていると、探偵の仕事はをスムーズにこなすことができるでしょう。

探偵の仕事のまとめ

警察官のように公的バックアップの無い「探偵の仕事」には、なかなか動きづらい点もありますが、クライアントの心の琴線に触れることが多く、その点ではとてもやりがいのあるお仕事と言えましょう。以前は、何となく怪しげなイメージもあった探偵の仕事ですが、現在では探偵業を開業するためには、公安委員会への届け出が必要とされているので、職業のひとつとして、立場が確立されつつあります。今後も需要の増加が期待される仕事でしょう。

スポンサードリンク

探偵の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング