【竹田恒泰氏「国費でソチ五輪に参加しているのに、負けてヘラヘラ笑うな!」発言の是非】

お金を稼ぐ方法ネット>>所詮この世は金と愛>>【竹田恒泰氏「国費でソチ五輪に参加しているのに、負けてヘラヘラ笑うな!」発言の是非】

【竹田恒泰氏「国費でソチ五輪に参加しているのに、負けてヘラヘラ笑うな!」発言の是非】

takedatuneyasu

竹田恒泰氏の「国費でソチ五輪に参加しているのに、負けてヘラヘラ笑うな!」発言の是非が問題になっていますね。

明治天皇の玄孫で日本オリンピック委員会(JOC)会長・竹田恆和氏の息子の竹田恒泰氏が、

メダルを取る可能性がある日本選手へ宛てて、2点の注文をつけています。

1点目は、「メダルを噛む」のをやめろ!「品がない上に、メダルを屈辱することになる(原文ママ)」と発言。

2点目は、国歌が流れる際には「聴くのではなく歌え」
また「日本には国歌斉唱時に胸に手を当てる文化はない」
「直立不動で歌うこと」と発言。

スポンサードリンク

[ここから引用:J-CASTニュース ]

さらに竹田氏は、選手のコメントについても物申す。「予選落ちしてヘラヘラと『楽しかった』などと語った選手」
を問題視し、負けた際のコメントとして「思い出になったとか、楽しかったなどはあり得ない」としている。
選手の発言くらい自由でいいのでは、との反論には「日本は国費を使って選手を送り出してます。選手個人の思い出
づくりのために選手を出しているわけではありません」と返す。実際、選手1人あたりにどれほどの「国費」が
使われているかは不明だが、竹田氏は「国費」に重きを置いているようで、仮に自身が国費で何かする場合には
「成果が出せなくて、いい思い出になりましたなどとは、絶対に言わない」とも話している。

[ここまで引用:J-CASTニュース]
【「負けたのにヘラヘラと『楽しかった』はあり得ない」 竹田恒泰氏の五輪選手への「注文」が賛否両論 J-CAST ニュース】の記事はこちら
「ニューズウィーク日本版」元編集長の竹田圭吾氏は、
「選手はお国のために競技しているわけではありませんよ」と疑問を呈していますね。

オリンピックは、平和的に行える戦争を具体化したもの!

オリンピックは、平和的に行う戦争だ!という極端な意見もあります。

スポンサードリンク


他には、こんな意見が・・・。

出場する選手本人は、ものすごいプレッシャーの中で努力してる。
そんな辛さや悲壮感を見せないように努めて明るく振舞ってるんだ。

へらへらっ笑って、というけれど、特に悪ふざけみたいな感じもないなら良いんじゃない?
そういうこと言い過ぎたら窮屈すぎるよね。

竹田恒泰氏は、選手たちの本心まで見えた上で言ってるのかどうか、疑問だ。
本人が一番悔しいんだよね。

「結果が出せず残念です。貴重な経験をさせて頂いてありがとう」くらいがいいかもな。

国費は入ってるんだけど選手個人は連盟に参加費払って出場してるんだよね。
選手の立場を考えると理不尽にプレッシャーだけかけられてるようにも思えるな。

国民の皆様に期待をして頂いたのに、日本の為にメダルを取れませんでした。
悔しいです、申し訳ありませんでしたって泣けばいいのか?

このように、入り色な意見が出ていますが、
一番辛いのは選手個人なんですよね。

確かに国費をある程度は使って派遣されてはいますが、それを勝ち取ったのも選手本人の努力の結果です。

もちろん日本国を代表する立場ですから常識的な振る舞いが必要です。

それでも、精一杯頑張った競技結果に対する本人の感想にまで他者が口出すことはないでしょう。

メダルの有無に関係なく「頑張ったね。ありがとう」
みんなで、選手たちにこう言ってあげましょうよ!!

スポンサードリンク

【竹田恒泰氏「国費でソチ五輪に参加しているのに、負けてヘラヘラ笑うな!」発言の是非】に関連する記事

人気記事ランキング