【高梨沙羅ソチオリンピック金メダル!父母が開業した焼き肉店で会費5000円の祝賀パーティー!!】

お金を稼ぐ方法ネット>>所詮この世は金と愛>>【高梨沙羅ソチオリンピック金メダル!父母が開業した焼き肉店で会費5000円の祝賀パーティー!!】

【高梨沙羅ソチオリンピック金メダル!父母が開業した焼き肉店で会費5000円の祝賀パーティー!!】

takanasisaraimoto

高梨沙羅がソチオリンピックで金メダルを獲得すれば、
父親が開業した焼き肉店で会費5000円の祝賀パーティーをやりそうですね!!

上村愛子が4位になったモーグル女子の決勝をテレビで観戦していた高梨沙羅選手。
「惜しかったというか何というか。私の中ではちょっと(判定に)納得いかない感じだった」と話していました。

是非、女子ジャンプで、ぐうの音も出ない大ジャンプで、金メダルを獲って日本の強さを示してください!!

スポンサードリンク

その高梨沙羅選手のお父さんの寛也さんが、話題になっています。
お父さんは元スキージャンプの選手なんですね。

しかも、上川小・中学校では、1998年の長野五輪の金メダリスト・原田雅彦の1級先輩だったんです。

このお父さんの寛也さん、スキー担当記者たちの間で、ジャンプ界のさくらパパとして有名なんですね。

[ここから引用:週刊ポスト]

スポーツ紙の五輪担当記者が語る。

「お父さんから、スキー担当記者たちに緊急招集がかかったんです。これは何かあったぞと、各社慌てて、高梨の実家がある北海道上川町に集まったんです」

 その数、総勢30人以上。誰もが札幌から3時間、車を飛ばしてやってきた。しかし現場に行ってみると、記者たちを待っていたのは、高梨の母・千景さんがオープンしたという焼き肉店の「お披露目パーティ」だった。

「そこでお父さんが登場し、“皆さんの力で店を有名にしてやってください。沙羅の記事に盛り込んでもよし、テレビや新聞でぜひ紹介してほしい”と挨拶して、皆でずっこけました。しかも会費まで取られましたからね、しっかりしていますよ(笑い)」

[ここまで引用:週刊ポスト]
 
この高梨沙羅選手の父母が開業した焼き肉店では、
高梨沙羅選手が幼い頃食べていた母の千景さんの手料理がメニューとして
味わえるんですね。

ニンニクをたっぷり利かせた豚肉の生姜焼きに、リンゴやナシを擦りこんだ料理なんですと。

なんかパワーが倍増して、確かに空も飛べそうなメニューですね。

お父さんの寛也さんは、高梨沙羅選手に自宅のジャンプ台を使ってフォームを体に叩き込んだそうです。
高梨沙羅選手を一流のジャンプ選手にするため、ありとあらゆる手を尽くしてきたんですね。

まるで、巨人の星の星一徹か、いや今なら「ジャンプ界のさくらパパ」なんでしょうね。

高梨沙羅選手、本当にソチオリンピックで、日本待望の金メダル獲得を期待します!

父母が開業した焼き肉店で会費5000円の祝賀パーティーと言わず、
会費5万円の焼き肉パーティーを開催してくださいね!!

スポンサードリンク

【高梨沙羅ソチオリンピック金メダル!父母が開業した焼き肉店で会費5000円の祝賀パーティー!!】に関連する記事

人気記事ランキング