台風被害の保険と査定、補償はどうなるの?

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>台風被害の保険と査定、補償はどうなるの?

台風被害の保険と査定、補償はどうなるの?

台風による被害は火災保険の中の風災

台風被害が全国的に問題となる日本では、
台風による被害も火災保険の中の風災として適応されます。

風災とは、台風被害の他、
大雨による浸水や雨漏りによる家屋の腐食などにも適応されます。

スポンサードリンク

台風被害の補償の受け方

台風が直撃し、保険対象となっている家屋が損害を被った時には、
台風が去った後にまず電話で連絡します。

電話で被害状況を告げるだけでも
大まかな被害額を査定してくれる場合があります。

その後、実際に会社から派遣されて査定する場合もあります。

どちらにせよ、受けた台風被害が保険適応対象だと判断されると、
次は修理の見積りを業者に取ってもらいます。

修理業者を探し、依頼するのは自ら行わなければなりません。

見積りを取ってもらったら、その修理の見積りを保険会社に送ります。
その後に、見積り額が指定口座に振り込まれますので、
そのお金を使って修理を行います。

これで、台風被害の補償は完了します。

火災保険の約款をまずチェック

台風被害が対象になっているかどうか分からない時は、
加入している火災保険の約款をまずチェックしてみてください。

補償内容の中に風災と入っていれば、
台風被害の補償を行ってくれます。

しかし、査定の早さや、
お金が振り込まれる時期は会社によって違います。

中には、修理して自費で払った後補てんという会社もあります。

もし、日常生活を送ることが困難なほど損傷が激しい場合は、
会社に電話して、緊急であることをしっかりと伝えましょう。

台風は近年は猛烈なものが増え、台風が多い沖縄県は元より、
本州の方でも台風の多くが直撃するようになりました。

スポンサードリンク

火災保険の内容を見直そう

 

台風対策が甘い本州では台風被害は毎年深刻なものになっています。

雨が降るとすぐに雨漏りがする、
川の増水が心配と感じた時は、
まず見直してください。

火事の場合は補てんされても、
台風被害は対象外という場合もあります。

その場合は風災も対象のコースに変えるか、
もし、風災も入れると毎月の支払額がかなり上がってしまうという場合は、
別の会社での見直しも検討してみましょう。

台風も、地震同様恐ろしい天災です。

暴風警報になって学校や会社が休みになって、
ラッキーだと思う人もいるかもしれませんが、

巨大な台風が直撃すれば、被害は甚大なものになり、
時には命に危険が及びます。

家で万全の対策をしていても、
風に飛ばされた看板や瓦などが窓や壁を直撃したというケースは後を絶ちません。

災害時の備えも大切ですが、
万が一に家が壊れた時の対策も大切です。
その時のための備えを是非とも見直しておきましょう。

スポンサードリンク

台風被害の保険と査定、補償はどうなるの?に関連する記事

人気記事ランキング