システムアナリストの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>仕事・資格の年収>>システムアナリストの仕事の年収・やりがい・本音

システムアナリストの仕事の年収・やりがい・本音

systems-analyst

システムアナリストの仕事の年収・月収

システムアナリストは、インターネットの発達により重要な役割を担うようになった職種なので、その年収や月収も他の職業よりも高給になっています。20代の初任給でも月収30万円前後、年収は500万円程度をもらっています。年々、経験を積むことによって給与は上がっていき、たとえば40代で、月収100万円近くになり、年収1300万円にもなるとうな人も出てきます。

スポンサードリンク

システムアナリストの仕事は、消える職業?消えない職業?

現代社会では、事務処理のためにパソコンシステムを導入していない企業は、事業所の大きさは問わず、ほとんど皆無と言えるでしょう。そのシステムの対するクライアントからの疑問に答えたり、時には修正を加えたりするためには、システムアナリストの存在は欠かせません。そのため、システムアナリストの仕事は消えない職業と言えます。

システムアナリストの仕事の将来性・安定性

システムアナリストの仕事は、多くの企業や官公庁などに、さまざまなシステムが存在している限り消えることはありませんし、マイナンバーの導入などで、今後もその需要はますます増加していくと予測されます。そういう点からも、システムアナリストの仕事の将来性は非常に高いものと言え、さらに同様にその安定性も確固たるものがあると言えます。

システムアナリストの仕事のやりがい・本音

システムアナリストの仕事のやりがいは、クライアントからの要望に沿いながら、かつ予算内でシステムを開発し、それによって企業の事務処理が円滑に進むようになり、クライアントから感謝された時に感じることができるでしょう。でも、システムの開発は一度出来たら終わりでは無く、常に改良を続けていかなければならない大変さもある、という本音も聞かれます。

システムアナリストの仕事の良い点

自分自身が持っている知識と技術を駆使してシステム開発に関わることで、システムアナリストの仕事の良い点としてあげられるのは、自分の知的欲求が充分に満たされるという点です。また、多くのシステムエンジニアやプロジェクトマネージャーと共に、ひとつのシステムを作り上げる歓びもシステムアナリストの仕事の良い点としてあげられます。

システムアナリストの仕事の悪い点

システムアナリストの仕事の悪い点としてあげられるのは、インターネット業界の変動が激しく、その中で最新の時流を掴まえることがとても大変だという点です。また、クライアントからの苦情に対処する場合に、クライアント自身の知識の無さなどからによるミスにも対処しなければならず、そういう点ではストレスが溜まってしまうこともあげられます。

スポンサードリンク

システムアナリストの仕事の内容

システムアナリストの仕事の内容は、システム開発の際にシステムの大枠について、エンジニアなどのメンバーとその基本構想や企画を検討し決定していくことです。さらには、クライアントに納品されたシステムについても、クライアントからの情報に基づいてシステムの課題を処理したり、クライアントが気付かなかったような問題を解決する仕事もあります。

システムアナリストの仕事に必要な資格

システムアナリストの仕事に必要な公的な資格はありません。だたし、非常にプロフェッショナルな技術を要求される職種ですので、情報処理関連の資格をたくさん取得しておくことが必要となります。情報系の専門学校や大学で勉強する事も必要となってきますが、いずれにしても数年間のシステムエンジニアとしての経験は必須となります。

システムアナリストの仕事に必要なスキル

システムアナリストの仕事に必要なスキルは、パソコン操作のスーパープロフェッショナルであることはもちろん、問題点を的確に見つけ出すことができる観察眼スキルや、その問題点を素早く解決できる方法を探求する探求心、そして、その情報をクライアントにわかりやすく説明できるコミュニケーション能力のスキルも必要になるでしょう。

システムアナリストの仕事のまとめ

企業などに就職した時、パソコン操作に精通していなくてもある程度の操作ができると、給与計算や経理事務、そして総務事務などが円滑に行えるのは、それぞれの企業の業務内容にマッチしたシステムが導入されているからであり、その陰にあるのがシステムアナリストの貢献です。現代社会にとってシステムアナリストは不可欠の存在と言えるでしょう。

スポンサードリンク

システムアナリストの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング