システムアドミニストレータの収入・年収は300万円から800万円。コンピュータシステムの設計・構築から運用・保守まで担当する仕事

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>システムアドミニストレータの収入・年収は300万円から800万円。コンピュータシステムの設計・構築から運用・保守まで担当する仕事

システムアドミニストレータの収入・年収は300万円から800万円。コンピュータシステムの設計・構築から運用・保守まで担当する仕事

現在ではたいていの企業で業務にパソコンを使用するようになりましたが、コンピュータシステムの構築や運用には専門知識が必要です。

そうした管理を行うシステムアドミニストレータの仕事内容や収入について紹介します。

スポンサードリンク

1.コンピュータシステムの設計・構築から運用・保守まで担当

システム管理者を意味するシステムアドミニストレータの就業形態は多岐にわたっていますが、業務内容には共通点も見られます。コンピュータシステムの構築や保守を手がけるIT企業に勤務する人もいれば、一般企業の社内システム管理部門で働く人も少なくありません。

それらの業務はネットワーク環境の設計・構築や運用に関わる仕事が多いため、ネットワークエンジニアとも呼ばれています。いずれも企業や官公庁などにコンピュータシステムを構築する際のシステム設計を行い、実際の機器設置や配線・ネットワーク設定など構築作業を担当するのがシステムアドミニストレータの主な仕事です。

システム構築後も運用監視や保守管理の必要が出てくることから、システムアドミニストレータの仕事はシステムが運用されている限り絶えることがありません。
急なトラブル発生には迅速に対応して障害復旧を試み、社員からの要望や問い合わせにも応える必要が出てくるのです。

開発系の攻めの仕事と開発系保守系の守りの仕事がありますが、全般を任されることが多いです。保守系の仕事の場合は、その会社の社員にとって情報システムインフラは、あって当たり前の空気のような存在です。このため、システムがトラブルで停止すると、大変な文句を言われます。システムアドミニストレータは縁の下の力持ち的存在なのです。

2.勤務先の企業によって年収は300万円から800万円まで幅

システムアドミニストレータの勤務先はシステム開発や運用を手がけるIT企業と、一般企業のシステム管理部門の2つに大きく分けられます。

システムアドミニストレータの収入もそうした勤務先によって異なりますが、コンピュータシステムやシステム管理に関する専門職だけに給与面で優遇されている人も多いものです。

ネットワークエンジニアの平均年収は20代だと300万円台ですが、管理職の多い50代前半になると平均800万円に迫る水準にまでアップします。

一般企業のシステム管理部門に所属する社員まで含めた平均年収に関する正確なデータは不明ながら、システムアドミニストレータは社内の情報セキュリティを守る責任者を兼務している例も多いものです。

そのため社内でも重要な情報を握るポジションにあるシステム管理部門担当者は、一般社員よりも給与水準が高いと推定されます。

3.深夜の作業や長時間の残業も多く激務

勤務先の企業によっても差はありますが、システムアドミニストレータは全般に収入面で比較的恵まれた立場にあるということがわかりました。

そうやって優遇されているのは仕事が大変だという事実の裏返しでもあって、システムアドミニストレータの多くは不規則な勤務や長時間の残業に悩まされています。

システムの構築を行う際には可能な限り日常業務に支障が及ばないよう、機器の設置や設定・配線などの作業を深夜に行うケースも珍しくありません。

システム運用開始予定日まで余裕がない場合は夜を徹した作業を強いられることになり、運用開始後も急なトラブル発生を受けて昼夜を問わずに対応を迫られるのです。

24時間稼働を続けているシステムの運用や保守を担当する場合は、システムアドミニストレータにも複数人の交代制で対応に当たる必要が出てきます。

体力を必要とするシステムアドミニストレータに男性が多いのは、仕事がそれだけ激務だという証拠です。

スポンサードリンク

4.経験を積めば年収1000万円以上を稼ぐことも可能

そうした仕事の大変さはありますが、現在ではどの企業や官公庁でもコンピュータシステムが業務に欠かせないため、システムアドミニストレータを担当できる優秀な人材は引く手あまたの状況です。

システムアドミニストレータとしての実績を身につけた人は転職市場でも高く評価されるため、より給与条件の良い企業にヘッドハンティングされる可能性も出てきます。

大企業に所属するネットワークエンジニアの平均年収は約750万円とも言われており、管理職クラスになると年収1000万円以上を稼いでいる人も珍しくありません。

ネットワークエンジニアの就業形態にはそうした企業の正社員だけでなく、派遣社員や契約社員の形で勤務する人の例も見られます。

ネットワークエンジニアに限っては派遣社員であっても多くの企業からの需要が大きいため、一般の正社員より収入水準が高いという世界です。

5.就職につながる資格と勉強方法

かつては初級及び上級のシステムアドミニストレータ試験が行われていましたが、それぞれ2008年から2009年にかけて終了しました。

システムアドミニストレータが取得すべき資格も、時代のニーズに対応する形で現在はITパスポート試験などに置き換えられています。

そうした中で特にネットワークエンジニアとしての能力を証明するのに役立つ資格は、CCNAやCCNP・CCIEといったシスコ技術者認定です。

国家試験の情報技術者試験もシステムアドミニストレータを目指す人にとって就職に役立つ資格ですが、試験区分の中でもネットワークスペシャリスト試験はネットワークエンジニアとしての高い評価につながります。

そうした難関の資格取得に向けた専門教育を受けられる場としては、理工系・情報工学系の大学やIT・コンピュータ関係の専門学校などが挙げられます。

システムアドミニストレータとして企業に採用された後はまずシステム運用の仕事から始め、経験を積むに従って難易度の高い設計や構築の仕事も任されるようになるものです。

今後も需要の高まりが予想されるシステムアドミニストレータ

以上のような資格を取得した後でも、IT技術が日々進化を続ける中で働くシステムアドミニストレータは最新情報の絶え間ない学習が欠かせません。

そうやって自身のITスキルを更新しながらシステム障害にも随時対応しているシステムアドミニストレータは、多くの職場をIT技術の面で支える縁の下の力持ちのような存在です。

スポンサードリンク

システムアドミニストレータの収入・年収は300万円から800万円。コンピュータシステムの設計・構築から運用・保守まで担当する仕事に関連する記事

人気記事ランキング

おすすめ記事