写真・映像処理オペレーターの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>仕事・資格の年収>>写真・映像処理オペレーターの仕事の年収・やりがい・本音

写真・映像処理オペレーターの仕事の年収・やりがい・本音

silyasilyoku

写真・映像処理オペレーター 仕事の年収・月収

写真・映像処理オペレーターの収入は、全体の平均とくらべてやや低い水準となっています。具体的なデータでは、年収では平均約400万円、月収では約29万円というデータが出ています。写真・映像処理オペレーターの平均年齢が約40歳ということを考えると、給与水準としてはやや低いと言わざるを得ません。
季節によってニーズの繁閑差があり、行楽シーズンや成人式、年賀状作成時期などの場合には、残業を余儀なくされるケースも多々有ります。その場合は、収入も多少増加するようです。

スポンサードリンク

写真・映像処理オペレーターの仕事は、消える職業?消えない職業?

以前は、写真・映像処理オペレーターはアナログカメラで撮影したカラーフィルムの現像、プリント製作などを行っている職業でした。アナログカメラ自体が廃れてしまった昨今、写真・映像処理オペレーターは消える職業となりそうでしたが、実際にはデジタルカメラで撮影した写真データ画像のプリント制作や編集などに主戦場を移すことにより、今も活躍している職業の一つです。
写真そのものが以前に比べて勢いを失っている昨今、以前ほど活躍の場はないような感じもしますが、その分写真のデジタル加工といった需要はありますし、大伸ばし写真や展覧会向け写真といった、幅広い分野でのニーズは未だある職業です。
以上のことから、写真・映像処理オペレーターは消えない職業ということが出来ます。まだまだニーズが健在であるため、消える職業となることはないでしょう。

写真・映像処理オペレーター 仕事の将来性・安定性

安定性に関しては、その働き方によるでしょう。正社員として働いている立場であれば毎月安定した収入を得ることが出来ますし、逆に非正規雇用であれば、あまり安定した立場とは言えません。
将来性に関しては、やや難しい部分があるかもしれません。というのも、現在はデジタルデータで手元においておくことが増えた為、以前に比べて写真・映像処理オペレーターの需要がないためです。それでもデジタルカメラの画像の編集を請け負う、引き伸ばしやイベント用の写真といった需要はありますが、将来性という観点が考えた場合、その低めの水準の収入もあり、低いといえるかもしれません。

写真・映像処理オペレーター 仕事のやりがい・本音

写真・映像処理オペレーターが扱うものは、お客さんの大切な思い出の1ページです。そこに写っているものは、お客さんやその家族、友人たちの笑顔である場合が多く、その思い出を形に出来るということに、大きなやりがいを感じると答える人が多いようです。
また、編集処理や現像処理を行っている間、作業をしながらそのお客さんたちの幸せそうな笑顔を見続けることになります。その時、幸せなギブンをお客様に分けてもらっている気になる……という本音を持っている方も多いようです。

写真・映像処理オペレーター 仕事の良い点

写真・映像処理オペレーターが扱うものは、アナログカメラであれデジタルカメラであれ写真です。そのため、写真撮影を趣味としている人であれば、自身の趣味で培った写真に関わる知識やスキルがそのまま活かせます。これは、写真撮影が好きな人にとっては良い面であるといえます。
また、以前は暗室での作業が多かった写真・映像処理オペレーターですが、現在は空調の効いた屋内の、明るい部屋での作業がメインとなっています。屋外では仕事のしたくない人、快適な環境で仕事を行いたい人にとってはこれもまた、良い点であるといえます。

スポンサードリンク

写真・映像処理オペレーター 仕事の悪い点

今現在、デジタルカメラでの写真撮影が一般的になっています。そして、画像処理のソフトが比較的安価で一般家庭に出回るようにもなり、写真の編集、現像といった作業が誰にでも可能な状況となりました。そのため、写真・映像処理オペレーターにはそれ以上のスキルや知識が求められる傾向があり、またそれらを備えた写真・映像処理オペレーターでなければ生き残りが難しくなっています。これは、これから写真・映像処理オペレーターになろうとしている人にとっては、ハードルが高いという意味で、悪い点となるかもしれません。

写真・映像処理オペレーター 仕事の内容

カメラ店やコンビニ、ホームセンター、DPEショップ等でお客様からフィルムや画像データを受け取り、それをご要望に応じた形の写真にすることが、写真・映像処理オペレーターの仕事になります。
実際の仕事の内容ですが、フィルムの場合はそのフィルムを一つのロールにつなぎ、自動現像機にかけて眷属して現像します。仕上がりを検査し、合格したものに伝票をつけ、発送工程に回します。
また近年ではデジタルカメラで撮影された画像データの編集を行う場合もあります。その場合は、パソコンを利用して不要な影を消す、赤眼を補正する等といった作業になります。

写真・映像処理オペレーター 仕事に必要な資格

写真・映像処理オペレーターになるのに必要な資格は特にありません。ですが、扱うものが写真であり、色調や構図を調整する仕事があるため、色盲や色弱といった障害がないことは必須の条件となります。
なり方ですが、写真現像所やDPEショップなどに就職し、機器の実習を受けることが一番の近道のようです。一通り機器に関する実習を終えたら、OJTでで指導を受けることになり、一人前になるには1年ほどの期間が必要と言われています。

写真・映像処理オペレーター 仕事に必要なスキル

まずは、美的感覚が必要なスキルと言われています。扱うものが写真であり、その色調や構図を理解し、編集する必要があるため、そういった感覚は絶対に必要です。
また、写真に関する知識や興味も必要なスキルといえます。元々写真を取ることが趣味な人であれば、その際に培った知識や経験を活かすことが出来るでしょう。
加えて、近年ではデジタルカメラで撮影した写真のデータを、パソコンを使って編集するといったことも、写真・映像処理オペレーターの大切な仕事になっています。そのため、コンピュータやパソコンに関する知識技術も近年では不可欠なスキルということが出来ます。

写真・映像処理オペレーターの仕事のまとめ

デジタルカメラの普及に伴い、その存在が危ぶまれた写真・映像処理オペレーターという職業ですが、その分、主戦場をデジタルに移すことで、生き延びている職業といえます。
現在は写真に関する敷居も下がり、以前に比べて人々は気軽に写真の編集処理が行えるようになりました。それでも、大切な思い出を写した写真、大切なシーンに使う写真はやはり、プロの人に現像、編集してもらいたいもの。そういったニーズに答えるため、写真・映像処理オペレーターは今も活躍し続けています。
言ってみれば、『大切な瞬間のための職業』とまとめることも出来ます。こういった職業は他にはなかなかないため、今後も残り続けてもらいたい職業です。

スポンサードリンク

写真・映像処理オペレーターの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング