すし職人の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>所詮この世は金と愛>>すし職人の仕事の年収・やりがい・本音

すし職人の仕事の年収・やりがい・本音

susi

すし職人 仕事の年収・月収

すし職人の仕事の月収はおよそ15万円から20万円、年収はおよそ200万円から300万円ほどとなります。
すし職人には見習い期間があり、一人前になるまでは年収も低くなります。独立して自分の店を持つことができれば、年収1000万円を超えることも可能です。
一般的にはすし職人としてすし屋や回転すしなどの店舗で働くため、年収もあまり高くなりません。

スポンサードリンク

すし職人は、消える職業?消えない職業?

すし職人は今後も消えない職業です。すし職人が働く場所は様々あり、回転寿司や個人のお店の他、海外の店舗で活躍する職人もいます。
海外のすしブームによって海外進出する職人も増えてきており、しっかりとした技術を持つ職人が不足してきています。
すし職人は需要に対して職人が不足しがちになっており、今後も需要があるため消えない職業となります。

すし職人 仕事の将来性・安定性

すし職人の仕事の将来性について、職人としての技術をしっかりと身につけることで独立も可能です。
また、海外店舗で働くすし職人が増えてきており、今後はすしブームの起きている海外で活躍できる可能性もあるため、働く場所を海外にまで広げることができれば将来性には期待できます。
また、すし職人としての技術がしっかりとしていれば安定性のある収入にも期待できます。

すし職人 仕事のやりがい・本音

すし職人の仕事のやりがいは、新鮮なネタを取扱い、見た目にも美しく、味も美味しく食べてもらえた時にやりがいを感じます。
すし職人は握り方一つで変化するネタの味を最大限に引き出せた時にもやりがいを感じます。しかし、一人前の職人になるまで長い時間がかかってしまうのが本音で、経験と知識を得るために長い期間がかかります。

すし職人 仕事の良い点

すし職人の仕事の良い点は、自分の手で握ったすしが美味しかった時にお客に喜んでもらえる点です。また、手に職をつけることで確かな技術を獲得し、日本全国どこでも働けることも良い点です。
すし職人は技術があれば独立開業することもでき、自分なりのこだわりを持った仕事ができるので、職人としての腕も磨くことができます。

すし職人 仕事の悪い点

すし職人の仕事の悪い点は、見習いの期間が長く、一人前と認められるまでの修行が厳しい点です。実際に仕事をしながら技術を磨いていく必要があります。
すし職人としてすしを握るだけでなく、確かな技術で見た目や味にもこだわらなければなりません。また、ネタは生ものでもあるため、衛生管理にも気を配り、食中毒を予防するなど注意点が多いことも悪い点です。

スポンサードリンク

すし職人 仕事の内容

すし職人の仕事の内容は、魚介類を仕入れ、それをすしネタとして調理し、シャリと合わせてすしを握ります。
すし職人は料理人の中でもすしに特化しており、取り扱うネタも季節ごとに変えるなど、こだわりを持った仕事を行います。
また、回転ずしや個人経営のすし屋でも基本的な仕事内容は同じため、実力が大きく関係する仕事です。

すし職人 仕事に必要な資格

すし職人の仕事の必要な資格は特にありませんが、持っておくとよい資格は「調理師免許」です。
すし職人になるための必須資格ではなく、修行として店舗に入る場合でも必要な資格はありません。調理師免許を持っておくことで就職にも有利になり、独立して店舗を持つ場合にも役立つ資格です。
すし職人は資格よりも技術と経験が求められており、修行を続けて一人前の職人となります。

すし職人 仕事に必要なスキル

すし職人の仕事に必要なスキルは、一日中立ち仕事となるため体力が必要になるのと、新鮮なネタを取り扱うための味覚と嗅覚が必要なスキルです。
食中毒を防止するためには新鮮なネタを使う必要があり、傷んだ食材を使わないよう特に気をつけなければなりません。
すし職人はカウンターで作業をすることも多く、目の前のお客との会話をするためのコミュニケーションスキルも必要となります。

すし職人 仕事のまとめ

すし職人の仕事はネタの買い付けから仕込み、握りの他、店舗の掃除や接客対応まで様々な仕事があります。
すし職人として修行を行い、一人前の職人になると多くの仕事を任せてもらえるようになります。
また、すし職人の技術を習得することで独立もでき、自分なりのお店を作り上げることも可能です。特に海外のすしブームにより働く場所を世界に広げることも可能となっています。

スポンサードリンク

すし職人の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング