水産ねり製品製造工は消える職業・無くなる仕事?年収・やりがい・本音とは?

お金を稼ぐ方法ネット>>お金を儲ける方法>>水産ねり製品製造工は消える職業・無くなる仕事?年収・やりがい・本音とは?

水産ねり製品製造工は消える職業・無くなる仕事?年収・やりがい・本音とは?

水産ねり製品製造工 仕事の年収・月収

水産ねり製品製造工の収入は、全体の平均に対してやや低い傾向があります。具体的には、年収では平均351万円、月収で約25万円というデータがあります。就業している人の平均年齢が43歳ということから考えると、やはり低めと言わざるを得ません。
これは、水産ねり製品製造工の人が勤めている企業が中小企業がメインであるということ、また女性の比率が6割と比較的多く、その女性従業員の大半がパートやアルバイトであるということも関係しているようです。

スポンサードリンク

水産ねり製品製造工の仕事は、消える職業?消えない職業?

以前にアメリカの大学が『10年後になくなる可能性が高い職業』という論文を発表しましたが、その後日本でも同じ考え方で『日本版・10年後になくなる可能性の高い職業』というものが制作されました。その結果、この水産ねり製品製造工がダントツの1位を叩きだしてしまっています。確率的には97%という極めて高い数値です。
水産ねり製品製造工の仕事はある種職人に近い高い技術が必要になる仕事ですが、それらは機械でも応用の効く技術であるケースが多いようで、その結果、機械に仕事を奪われる可能性が高いということのようです。
実際にすぐ消える職業となってしまうことはないとは思いますが、近い将来に無くなってしまうかもしれません。消えない職業とはいえません。

水産ねり製品製造工 仕事の将来性・安定性

将来性、安定性ともに厳しい部分があるでしょう。
安定性に関してですが、扱うものが食品なので一定の需要はあります。ですが繁忙期と閑散期が比較的ハッキリとしており、春や秋、年末等の場合はかまぼこの需要が増えるので仕事も増えます。ですが閑散期になると勤務時間が短くなる場合もあります。中々安定した収入を得ることは難しいかもしれません。社員であればまた変わります。
将来性に関しても、比較的低い水準の収入や、『消える職業』として認知されていることから、あまり高いとは言えない現状があります。

水産ねり製品製造工 仕事のやりがい・本音

水産ねり製品製造工の仕事は、比較的職人のような技術が求められる傾向があります。誰にでもなれる職業ではありますが、長年の経験や技術がモノを言う職業でもあるので、自身の腕が上がり、キレイな整形が出来た時などには、非常にやりがいを感じるという声が多く聞かれます。
近年では機械による生産も増えてきてはいますが、やはり高級品に関しては熟練した水産ねり製品製造工に整形を任せる企業も多く、その点に誇りを感じるという本音を持っている人も多いようです。

水産ねり製品製造工 仕事の良い点

多少優遇される知識や技能はありますが、誰にでも門戸の開かれた職業であるという点が、水産ねり製品製造工の良い点といえます。就業してからの努力は必要になりますが、仕事につくこと自体は誰にでもチャンスがある点というのは、この仕事を志す人にとっては良い点といえるでしょう。
また近年ではカニかまぼこなどが世界でも人気を博しています。そういった世界的に人気の高い食品の製品に携わっているという誇りが持てるのも、水産ねり製品製造工の仕事の良い点といえるかもしれません。

水産ねり製品製造工 仕事の悪い点

水産ねり製品製造工の仕事は、水をよく使う仕事です。そのため冬場は職場環境がかなり厳しいようです。極端に寒さが苦手な人にとっては、悪い点といえるでしょう。
また中小企業が多く、そういう企業の場合は分業制が取れない場合もあります。一人で原料のすりつぶしから包装までを行う必要がある企業もあり、一つの仕事に集中して取り組みたい人にとっては悪い点といえるかもしれません。大企業の場合は分業制が敷かれているケースがほとんどですが、そうなると今度はコンピューターを利用した生産方法を習得しなければならなくなります。

スポンサードリンク

水産ねり製品製造工 仕事の内容

日本には古来より、かまぼこやちくわといった魚肉を利用した加工食品が親しまれていますが、それを生産するのが水産ねり製品製造工の仕事です。近年でははんぺんやカニかまぼこなども範疇となっています。
作業工程は魚肉の精製、魚肉をすりつぶして加工する“らいかい”、成形、加熱、冷却、包装に分かれています。
特に食塩などを加えてすりつぶす“らいかい”の作業は高いスキルが必要で、熟練工の監督の元に行われます。
加熱は商品の形態により、焼き、蒸し、揚げ、茹での作業に分かれています。
このように、水産ねり製品製造工のしごと内容は非常に多岐にわたっています。

水産ねり製品製造工 仕事に必要な資格

水産ねり製品製造工になるのに必要な資格は特にありません。入社した際には研修が行われ、それによって必要な知識は習得していく形になります。
また、取得しておくの後々役立つ資格として、“水産ねり製品製造技能士”というものがあります。
なり方ですが、学校を卒業した後、水産加工の企業に就職するのが一般的です。新卒者の採用の際には、水産系、工業系、食品加工、栄養学などの勉強をしてきた経験がある程度優遇はされているようです。

水産ねり製品製造工 仕事に必要なスキル

やはり食品を扱う仕事のため、食品衛生に関する知識は必要なスキルといえます。また、近年では製造に機械を多用するようになってきていますので、製造機械に関する知識や操作方法も必要なスキルといえるでしょう。
また、水産ねり製品製造工が扱うものは魚肉です。そのため、魚の種類や漁獲方法など、原材料である魚類に関する知識も必要なスキルと言われています。
これらに関しては仕事についたあと、研修で習得可能な会社がほとんどです。

水産ねり製品製造工の仕事のまとめ

非常に苦境に立たされている職業といえます。ある種職人のように高い技術が求められる職業であるにも関わらず、収入はやや低めで、将来なくなる可能性が高いと言われています。特に今後の存在が危ぶまれている職業の一つが、この水産ねり製品製造工です。
繁忙期と閑散期の差もハッキリしており、安定性という観点から言っても、中々厳しいものがあるのが、この仕事の辛いところです。
ですが練れもの食品と日本人はきっても切れない関係にあります。また近年ではカニかまぼこが世界的に人気を博するなど、徐々に明るい未来も見えてきています。
『今ががんばりどころ』というのが、この水産ねり製品製造工という仕事のまとめといえるかもしれません。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

役職定年を迎えた55歳の窓際サラリーマンの私はネット副業にチャレンジしました。
その結果、「ほったらかしで稼ぐ仕組み」をつくり月25万円を不労所得のように稼げるようになりました。
そのプロセスを今だけ無料でメルマガの中で公開しています。

5年間500万円を超える情報商材への時間とお金の投資でつかんだ私の知識と経験知を得ていただけます。
ネット副業の核心を無料で知ることができますので、ご興味があればどうぞ登録されてみてください。

→窓際サラリーマンでも出来たネット副業ほったらかし成功法

スポンサードリンク

水産ねり製品製造工は消える職業・無くなる仕事?年収・やりがい・本音とは?に関連する記事

人気記事ランキング