スタイリストの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>スタイリストの仕事の年収・やりがい・本音

スタイリストの仕事の年収・やりがい・本音

stylist

スタイリスト 仕事の年収・月収

ほとんどのスタイリストは、フリーランスとして働いているため、年収は200万円~500万円と幅があるようです。経験を積み、実力がついてくれば、有名人の専属スタイリストとして、年収も上がっていくようですが、基本的に仕事は営業活動をして、自分で取りにいかなくてはいけませんので、一般的に収入は不安定になりがちです。

スポンサードリンク

スタイリスト 消える職業?消えない職業?

スタイリストが消える職業か消えない職業かを考えた場合、最近はタレントやモデルなど一部の人だけでなく、スタイリストが一般の人を対象にサービスを提供することも増え、誰もがプロにコーディネートされたファッションを楽しみたいというニーズがあり、その傾向は今後も続くと思われるため、スタイリストは消えない職業と言えます。

スタイリスト 将来性・安定性

近年、スタイリストの主な活躍の場となっているテレビや雑誌の業界が不況のため、予算の縮小により、スタイリストの給与面などにも影響が出ているようです。スタイリストの将来性を考えた場合、業界の景気次第というところがあり、また、多くのスタイリストはフリーランスで収入面でも不安定なため、スタイリストの将来性・安定性は厳しいのが現状のようです。

スタイリスト 仕事のやりがい・本音

スタイリストに、やりがいや本音を聞くと、自分がコーディネートしたファッションに対して、モデルやタレントが喜んでくれたとき、また、自分がスタイリングした服や小物に対して、雑誌の読者やテレビの視聴者から大きな反響があったとき、今までの苦労が消え、とてもやりがいを感じるそうです。

スタイリスト 仕事の良い点

スタイリストとして働く人は、基本的にファッションが大好きです。そんな好きなファッションに携わることができることが、スタイリストの仕事の良い点と言えます、また、タレントやモデルと接することが多くなるため、普通の人なら足を踏み入れることもできないような、華やかな芸能界で仕事ができるのも、良い点の一つです。

スタイリスト 仕事の悪い点

スタイリストの仕事の悪い点は、華やかなイメージとは裏腹に、実際のスタイリストの仕事はとても地味なものであることです。企画を考え、服を選び、服を借りて現場に行き、仕事をこなし、借りた服を返却するなど裏方の仕事が多く、また、重たい衣装や道具などの荷物を持って歩き回るため、体力的にきついのも悪い点と言えるでしょう。

スポンサードリンク

スタイリスト 仕事の内容

スタイリストの仕事の内容とは、テレビ・CM・映画などに出演する俳優や女優、モデル、アーティストに服やアクセサリーなどをコーディネートすることです。決められた予算内に収まるよう、モデルの体型に合わせて、服やアクセサリーをメーカーから借り、撮影現場でベストの組み合わせを提案するため、一度に沢山の服やアクセサリーを管理することも大事な仕事のひとつです。

スタイリスト 仕事の資格

スタイリストになるのに資格は必要ありませんが、アパレルメーカーや広告制作会社、スタイリスト事務所などでの実務経験があると有利です。ファッションに対する知識はもちろんのこと、スタイリストが活躍する現場にはモデルやカメラマン、ヘアメイクなど多くの人が関わるので、周囲に気配りができる高いコミュニケーション能力が必要です。

スタイリスト 仕事に必要なスキル

スタイルストとしてやっていくためのスキルとしては、知り合った人を自分の人脈に加えて仕事に生かしていく力に加えて、人相手の仕事なので、コミュニケーション能力はもちろんのこと、細かい気遣い、挨拶や礼儀、マナーも欠かせません。ファッションセンスはもちろん、テーマやモデルの雰囲気を掴むスキルも求められます。

スタイリスト 仕事のまとめ

・ほとんどのスタイリストはフリーランスのため、年収は200万円~500万円と幅があります。

・自分でコーディネートしたファッションや、スタイリングした服や小物に対して、反響があったとき、やりがいを感じるそうです。

・仕事の内容とは、テレビ・CM・映画などに出演する俳優や女優、モデル、アーティストに服やアクセサリーなどをコーディネートすることです。

・ファッションセンスはもちろん、テーマやモデルの雰囲気を掴むスキルも求められます。

 

スポンサードリンク

スタイリストの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング