留学コーディネーターの年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>留学コーディネーターの年収・やりがい・本音

留学コーディネーターの年収・やりがい・本音

study-abroadcoordinator

留学コーディネーター年収・月収

留学コーディネーターの月収はおよそ20万円、年収は300~400万円ほどとなります。
留学に関する仕事と聞くと特別な事をしてるかのように感じますが、一般企業の会社員として働く事となるので、一般的なサラリーマンと同じ位の収入になります。
ほとんどの場合は会社員としての仕事となるため固定給ですが、業務の実績に応じてインセンティブが与えられるところもあり、収入は人によって差が生まれます。

スポンサードリンク

留学コーディネーターは消える職業?消えない職業?

留学コーディネーターは今後も消えず残る職業です。
経済や企業のグローバル化に伴い、海外に行くことが身近になったことが挙げられます。
また、留学に関する仕事をするための特別な資格は必要ないため、現在は500社以上の会社があります。
語学留学の需要があり、将来は海外で働きたいと思う人も増加しているため、留学コーディネーターの役割も多くなってきます。

留学コーディネーターの将来性・安定性

留学コーディネーターの将来について、今後は国際間の語学交流が増加する見込みで、日本政府も「留学生受け入れ30万人計画」を進めており、海外から日本へ、日本から海外への留学が増えてきます。
そうした背景から留学コーディネーターの職業は需要があり、仕事としての安定性もあります。
一般企業で働く以外に、大学の国際交流部門や、進路相談、交流団体などの担当として働く事もできるので働く場所を選ぶ事もできます。

留学コーディネーターの仕事のやりがい・本音

留学コーディネーターの仕事は留学したい人と向き合い、相談や話し合いを重ねて留学をサポートします。
多くの場合は留学が将来に大きな影響を与える事も少なくありません。そんな一大イベントに関わる事ができ、留学した人が安心して学べるように後押しをしてあげられます。
帰国後に「留学してよかった」と言われる事もあり、自分の仕事で満足してもらえる事がやりがいにつながります。

留学コーディネーターの仕事の良い点

留学コーディネーターの仕事の良い点は会社員として働く事となり、収入が安定していることです。
また、海外とのコネクションや留学先との関係を作り上げていく事で斡旋業務を円滑に進める事ができ、実績を積み重ねる事もできます。
自分の留学体験や現地に住んでいた時の経験を生かして仕事ができるので、自分なりのプランを考えて仕事に役立てる事ができます。

留学コーディネーターの仕事の悪い点

留学コーディネーターの仕事の悪い点は、ある程度の語学力と判断力が必要となり、安心して留学をしてもらうため責任が重くなる事です。
留学先のホスト探しはコネクションが重要で、会社によっては受け入れ可能なホストが見つからないなどの問題も発生しやすいことが挙げられます。
また、航空券の手配や必要書類の作成など、語学力が必要とされるため誰でも簡単に就ける職業ではありません。

スポンサードリンク

留学コーディネーターの仕事の内容

留学コーディネーターの仕事は、留学を希望する相談者と何度もカウンセリングを行い、相談者の予算、留学内容、英語力、留学後の進路などを含めて総合的に判断し、要望に沿った留学プランを作成します。
その後に学校への入学手続きや宿泊先の選定、航空券の手配などを行います。
会社によっては一人で全てを行う必要がありますが、カウンセリングと手配の担当が分かれているところもあり、業務内容は会社によって変わります。

留学コーディネーターの仕事に必要な資格

留学コーディネーターの仕事に必須の資格はありませんが、持っていると良い資格は民間資格の「海外留学アドバイザー」、国家資格の「総合旅行業務取扱管理者」、「旅程管理主任者」があります。
また、「JAOS認定留学カウンセラー」の認定試験があり、相談者が安心して留学ができるようカウンセリングの知識を持っておくことも重要です。

留学コーディネーターの仕事に必要なスキル

留学コーディネーターに必要なスキルは、現地の情勢を的確にとらえて常に情報収集を行うことと、英語やその他の言語を話せることでしっかりとしたサポートができるスキルです。
留学を希望する国や地域によっては安全に生活できないこともあり、希望者の意向のみで決定することはできません。文化の違いや生活の為の基本的な方法を伝える必要も出てきます。
留学に関するスキルや旅行代理業に関するスキルも必要となるので、英語が話せるだけでは成り立たない仕事です。

留学コーディネーターの仕事まとめ

留学コーディネーターは留学を希望する人に合ったプランを考え、学校や宿泊先などの手配を行い、実際に留学をしている間もしっかりと相談にのる必要があります。旅行ではなく学ぶことが重要となるので、行ってよかったと満足しもらえる提案ができなければなりません。
現在では小学生から留学する人も出てきており、留学に対する需要が高まっています。単純な旅行の斡旋ではなく、安心して学ぶことができる環境作りを総合的に考えられる人が求められています。

スポンサードリンク

留学コーディネーターの年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング