製鋼工の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>所詮この世は金と愛>>製鋼工の仕事の年収・やりがい・本音

製鋼工の仕事の年収・やりがい・本音

STEEL

製鋼工 仕事の年収・月収

製鋼工の収入は全体の平均に比較的近い数字が出ています。具体的には年収は452万、月収では約31万円となっています。ここ数年の平均から考えるとゆるやかに減少傾向にありますが、それでも平均的な高さの年収を維持し続けています。
男女間である程度の差がありますが、基本的に大半が男性のため、男女間の年収の差はあまり考えなくて良さそうです。危険な作業が多く、仕事に従事する人が怪我をする機会が非常に多いという点も考慮に入れた上での収入の高さかもしれません。

スポンサードリンク

製鋼工の仕事は、消える職業?消えない職業?

日本の強みは重工業にあると言っても過言ではなく、その重工業の屋台骨の一つとなっているのが、製鋼工と言われています。
今後日本の重工業の産業が衰退することは考えにくいため、必然的に製鋼工が消える職業となることはないといえます。難易度が高く、経験に基づく判断が要求される場面も多く有るため、コンピュータに代替させるのが難しい場面というものもあります。今後も安定してニーズが存在し続ける以上、消えない職業として今後も残り続けていくことでしょう。

製鋼工 仕事の将来性・安定性

日本の製鋼業界から考えると、将来性安定性、共に高いといえるのが製鋼工です。
世界では鉄鋼に関する需要が年々増加しています。そして日本は世界第二位の鉄鋼の生産量を誇っており、それを海外に輸出しています。特に日本はその高い技術力を駆使した良質な鉄鋼を生産することに長けており、品質に関しては他国の追随を許しません。
以上のことから考えると、今後も安定した需要があり、しかもその需要は伸び続け、世界を相手にした商売であるということになります。こういった状況ですから、将来性、安定性共に高いといえるでしょう。

製鋼工 仕事のやりがい・本音

日本の鉄鋼業界は、世界でも類を見ないほどの規模と技術水準を誇るものです。そのため、その鉄鋼業界の屋台骨となっている製鋼工の仕事は非常に重要視されています。そういった仕事に就き、日本の鉄鋼業界を支えているという自負の気持ちは、何より強いやりがいとなると答える人が多いようです。
また製鋼工の収入は全国平均から見ても比較的水準の高い給与です。その点にやりがいを感じるという本音を持っている人も多いようです。

製鋼工 仕事の良い点

製鋼工の仕事のやはりその平均以上の水準の給与は魅力的です。平均年収が下がり続けている昨今において、全国平均を上回る水準の収入を得ることが出来るのは、とても良い点といえます。
また、実際に職につく際に必要になる資格が特にないという点も良い点といえるでしょう。もちろん仕事に必要な知識やスキルはありますが、そういったものは研修で身に着けるケースが多いようです。門戸が広く、誰でにも就くチャンスのある仕事という点は、良い点といえます。

製鋼工 仕事の悪い点

製鋼工の仕事は、なによりも、非常に危険な仕事で、怪我が日常茶飯事であるという点が悪い点といえます。扱うものが溶けた鉄ですので、細心の注意を払っておかないと、やけどなどの怪我を負うばかりか、最悪命の危険もあります。安全な環境でリラックスして仕事を行いたい人にとって、この点は悪い点といえるでしょう。高い収入が魅力的な製鋼工ですが、その分危険な仕事でもあるのです。
加えて、溶けた鉄を扱う仕事ですから、当然現場は非常に暑いケースが多く、特に夏場は熱中症予防が欠かせません。こういった点も、悪い点といえるでしょう。

スポンサードリンク

製鋼工 仕事の内容

溶鉱炉で製造した溶鉄(溶けた鉄)から不純物を取り除き、脆い銑鉄から硬くて頑丈な鉄鋼へと精錬することが、製鋼工の仕事内容となります。
製鋼工の仕事は製品の品質、生産、能率に直接的に左右すると言われる、とても大切な職種です。
製鋼工の作業工程は『原料職』『炉前職』『二次精錬職』『造塊職』『連鋳職』と全部で5つあり、それら工程別に分かれて作業することになります。近年ではかつての力仕事から機械による自動化も進んでいます。

製鋼工 仕事に必要な資格

製鋼工になるのに必要な資格は特にありませんが、工業系の学校で学んだほうが、その後がスムーズかもしれません。
クレーン運転士やガス溶接技能者、危険物取扱者などの資格が必要にはなってくるようですが、それらは仕事に着いた後でも取得可能です。
なり方ですが、学校を卒業した後に鉄鋼会社に就職するのが一般的と言われています。高校卒業程度の学力があればよいようなので、早く製鋼工として働きたい方の場合だと高校を卒業した後に就職してもよいでしょう。

製鋼工 仕事に必要なスキル

製鋼工の仕事は近年ではコンピュータ化、機械化された部分も多く、そのために機械操作やコンピュータに関するスキルが必要となります。
また、吹錬計算や温度・成分調整の際に必要になると言われる計算力も必要なスキルといえます。
加えて、グループで作業する時に必要になる協調性、危険な環境の中で怪我しないように集中して作業を行える集中力も必要なスキルといえます。
意外なところですと、運動神経も重要視される場合があります。機械操作や計量の読み取りはきびきびと行わなければならないため、そのために運動神経が必要と言われます。

製鋼工の仕事のまとめ

収入も高く、将来性、安定性が共に高いという恵まれた職業が、製鋼工という仕事です。ですがそれには理由があり、過酷な環境で危険と隣合わせになりながら、仕事を行わなければなりません。
実際に製鋼工として働く人に話を聞くと、やけどは日常茶飯事だといいます。溶けた鉄を扱う職業ですから、それは当たり前といえば当たり前です。
製鉄業界は日本の主要産業の一つです。その屋台骨となっている製鋼工の仕事は極めて重要かつ危険な仕事であるため、一定水準以上の収入があるといえます。
『日本の工業の屋台骨』とまとめることが出来るでしょう。今後もその存在感は揺るがないものといえます。

スポンサードリンク

製鋼工の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング