スポーツインストラクターの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>スポーツインストラクターの仕事の年収・やりがい・本音

スポーツインストラクターの仕事の年収・やりがい・本音

スポーツインストラクター 仕事の年収・月収

スポーツインストラクターの収入は、勤務形態や会社規模によって大きく変動するようですが、概ね同年代や全国平均に比べてやや低い傾向があるようです。全体の平均としては、年収が約260万円、月収では約18万円というデータが出ています。これは、年齢別に見ていくと20代前半にスポーツインストラクターの割合が多く、男女比率でも女性の方がやや多い傾向があるからと言われています。
アルバイトなどで働いている場合ですと、時給800円から2000円ほどが相場と言われています。人気のあるフリーのスポーツインストラクターの場合ですと時給が3000円~5000円程度という場合もあり、総じて人気の有無によって収入が左右される傾向があります。

スポンサードリンク

スポーツインストラクターの仕事は、消える職業?消えない職業?

近年において、健康志向の高まりに伴い、自身の体力づくりに感心を持つ一般市民の人が増えている傾向があります。そのような状況の中で、スポーツジムで体力づくりのサポートを行うスポーツインストラクターの重要度は高まっており、スポーツだけでなく、健康に関する講演や啓蒙活動など、スポーツインストラクターに求められる役割も次第に増えてきています。
このような状況は今後も続くことが予想されているため、スポーツインストラクターが消える職業となることはないでしょう。消えない職業として残り続けていものと予想できます。

スポーツインストラクター 仕事の将来性・安定性

安定性に関して言えば、その働き方にもよるでしょう。正社員として働いていれば、退職しないかぎりは安定した収入を得ることが可能です。
将来性に関して言えば、難しいところがあります。日本ではまだまだスポーツが市民の間に根付いておらず、ジム通いやスポーツを日常的に楽しむという文化がありません。必然的にスポーツインストラクターの需要が少ないという問題にぶつかります。東京オリンピックという明るいニュースもありますが、まだ未知数と言わざるを得ません。
また、スポーツインストラクターはスポーツに関わる仕事なため、長く続ける事が困難な仕事と言われています。大半のスポーツインストラクターの人が20代前半で、歳を重ねると退職していくケースがとても多いようです。そういう意味では、将来性に関しては中々難しいのかもしれません。

スポーツインストラクター 仕事のやりがい・本音

多くのスポーツインストラクターの方が、自身がトレーニングをしている人が少しずつ変わっていくことに、やりがいを感じています。
初めて出会った頃に比べて、自身の指導で体つきがたくましくなり、余分や脂肪が落ちて引き締まり、それに伴って性格も明るくなっていく様子が、手に取るように分かります。そのような場面に出会った時、スポーツインストラクターとしてとても強いやりがいを感じる……と答える方は大変多いようです。
ただし収入は低く、拘束時間も比較的長い傾向があり、『やりがいがないとやってられない……』という本音を持っている方も決して少なくないようです。

スポーツインストラクター 仕事の良い点

スポーツインストラクターの仕事は、結果がわかりやすいという点があります。自身がトレーニングのサポートを担当した人が、日増しに身体が引き締まっていき、それにつれて内面まで変化していく様を横で見ることが出来るのは、スポーツインストラクターならではの良い点といえます。
またスポーツインストラクターの仕事は、いろいろな人に出会え、その人たちの役に立つことの出来る仕事です。人の役に立つ仕事をしたい人にとっては、それは良い点といえます。

スポンサードリンク

スポーツインストラクター 仕事の悪い点

現状では、中々長く続けることが難しいという点が、悪い点といえます。現在の平均年齢が20代前半という点からも分かる通り、ある程度の年齢を過ぎると、中々仕事を続けることが難しく、大半の人は退職していきます。一つの仕事を長く続けたい人にとって、それは悪い点といえます。
また働き方にもよりますが、総じて収入の水準が低いというのも悪い点として挙げることができます。実力や知名度のある人であれば収入も高いですが、そうでない人の場合は、中々収入面において厳しい状況があるようです。

スポーツインストラクター 仕事の内容

スポーツジムやフィットネスクラブにおいてスポーツの指導をするのが、スポーツインストラクターの仕事内容です。
勤務場所は様々で、スポーツジムやフィットネスクラブ、子供向けのスポーツ教室や街のスイミングクラブ、はてやダンススクールやエアロビクススタジオ、ヨガスクールなどもその範疇に含まれます。
仕事内容を細かく見ていくと、『トレーニングメニューの作成』『器具のりよう方法の指導』『継続的かつ安全にスポーツを行えるように指導』『目的達成のためのサポート』に分かれています。通う人によって目的は様々なので、その人たちのレベルや目的に応じた指導方法やメニューの作成など、臨機応変に対応することが求められています。

スポーツインストラクター 仕事に必要な資格

スポーツインストラクターになるのに必要な資格は特にありませんが、関連する資格として『スポーツ指導者』『トレーニング指導者』『NSCA認定パーソナルトレーナー』などが有ります。いずれも認定試験や判定基準のクリアが求められる資格です。
また、スポーツ系の幅広い資格を活かせるのがスポーツインストラクターの特徴です。上記の物以外にも、『エアロビックダンスエクササイズインストラクター』や『公認水泳教師』などといった資格を取得しておけば、それを活かす場面は必ず訪れるでしょう。

スポーツインストラクター 仕事に必要なスキル

まずなによりも、スポーツや人体に関する幅広い専門知識が必要なスキルといえます。利用者の幅広い要望や個々の事情に考慮した、科学的な裏付けのある指導を行わなくてはならない関係上、これらの知識は絶対に必要です。
またスポーツを教える立場なので、体を動かすことが好きでなければ務まらないでしょう。これもまた、必要な素養といえます。
加えて、世話好きで教えることが大好きというのも必要な素養といえます。時にはつきっきりで指導する場合もありますので、これらの素養は必要な物といえます。

スポーツインストラクターの仕事のまとめ

近年では重要な位置づけになりつつあるスポーツインストラクターという仕事ですが、まだまだ働く環境が整備されてないというのが現実なようです。人件費削減のため正社員ではなくアルバイトなどの非正規雇用の人が多く、スポーツ関係のため、長く働くことが中々難しい上、収入の水準が低い……という具合に、スポーツインストラクターにとっては苦しい現状が続いています。
しかしながら、健康志向に注目の集まる現代ですから、その健康を司るスポーツインストラクターの仕事は現在にわかに注目を集めています。活躍するフィールドを年々広がっており、少しずつではありますが、その環境も改善されつつあるようです。
現在はまだまだ発展途上の職業とまとめることができます。近い将来、スポーツインストラクターという職業が今以上に優遇される日が、くるかもしれません。

スポンサードリンク

スポーツインストラクターの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング