スポーツ用品メーカーの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>スポーツ用品メーカーの仕事の年収・やりがい・本音

スポーツ用品メーカーの仕事の年収・やりがい・本音

スポーツ用品メーカー 仕事の年収・月収

近年、大手スポーツ用品メーカーの売上げは大幅増であるにも関わらず、社員の年収の推移は横ばい状態で、一般的なメーカー社員の平均年収は、580万円程度のようです。一番平均年収の高いメーカーは、シマノ(釣具)で813万円ですが、売上高ランキングでは7位と低く、必ずしもメーカーの売上げが、社員の年収とは一致していないようです。

スポンサードリンク

スポーツ用品メーカー 消える職業?消えない職業?

高齢化社会の到来で、シニア世代の健康志向もますます高まり、老後に新たにスポーツを始める人も多いようです。また将来少子化が進んだとしても、体育の授業や部活が無くなることはないので、スポーツ用品の需要がなくなることはありません。したがって、スポーツ用品メーカーは消える職業、消えない職業のどちらかと言うと、「消えない職業」と断言できます。

スポーツ用品メーカー 将来性・安定性

次に気になるのは、スポーツ用品メーカーの将来性・安定性です。東京オリンピックの開催に向け、国民のスポーツ熱は年々高まり、それに伴いスポーツ用品業界も、より良い新商品の開発が進み、売上げも好調になるものと予想されます。またシニア世代を中心に健康のためジム通いをする人も増えるので幅広い年代で需要も高まり、将来性・安定性もある分野と言えます。

スポーツ用品メーカー 仕事のやりがい・本音

社員の方に仕事のやりがいを聞くと、お客様のために良い商品、売れる商品を作ることに対するプレッシャーは大きくても、自分の企画したものが全国に流通し、それが実際に使用していただけることに対しての感動や、チームで企画したものが実際に形になった時の達成感は格別との本音が聞け、それらが仕事のやりがいに通じているようです。

スポーツ用品メーカー 仕事の良い点

スポーツ用品メーカーに勤める人は、元々スポーツ大好き人間が多く、仕事を通して自分が好きなことに関わり合える喜びと、一方で新商品の開発など無から有を創りだす面白さが、仕事の良い点と言えます。しかし、一番の仕事の良い点は、何よりもスポーツを支える裏方として、多くの人と繋がることができることです。

スポンサードリンク

スポーツ用品メーカー 仕事の悪い点

唯一悪い点をあげるとしたら、スポーツ用品のメーカー営業は、代理店から販売店、各学校、チームまでの自社の新商品提案から各エリアのマーケティング、各販売店の営業戦略まで幅広く活動するので体力勝負であることです。営業は「足で稼ぐ」とも言われるため、人並み以上の体力、精神力は不可欠であることが、悪い点でしょう。

スポーツ用品メーカー 仕事の内容

仕事内容を簡単に言うと、スポーツを支えるさまざまな用具の企画、デザイン、販売を行う仕事です。いわゆるスポーツ愛好家、一般ユーザーに向けた店頭販売商品から、学校を中心とした法人向けの商品、世界的に活躍するトップアスリートからのオーダー品まで、さまざまな客層のお客様を相手に、色んな種類のスポーツ用品と関わる内容となってます。

スポーツ用品メーカー 仕事の資格

営業などは特に資格は必要ありませんが、スポーツに愛着があり、専門知識のある人が有利です。デザイナー志望ならデザイン系の専門学校や美術系の大学、パタンナーになるためには、服飾系の専門学校で技術などを勉強してから就職します。研究者なら理系の知識はもちろんのこと、新商品開発の際には、資格よりもむしろ想像力が求められます。

スポーツ用品メーカー 仕事に必要なスキル

仕事に必要なスキルとしては、スポーツに密接する専門的な業務が多いので、スポーツに関する専門スキルを持つ人が望ましいでしょう。また多くの人と関わる仕事なので、最低限のコミュケーション能力は不可欠です。企画したものを形にするクリエイティブな仕事であるため、ものづくりが好きな人に向いています。

スポーツ用品メーカー 仕事のまとめ

平均年収は580万円ですが、メーカーの売上げと社員の年収は必ずしも一致しません。
東京オリンピック効果で、スポーツ用品の需要は幅広い年代で高まっているので、将来性・安定性のある分野です。
仕事内容は、スポーツを支えるさまざまな用具の企画、デザイン、販売を行うことです。
新商品の開発の際には、資格よりも想像力が求められます。

スポンサードリンク

スポーツ用品メーカーの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング